元気出る!マグロのガーリックたたき

【酵素料理・酒の肴】フライパンで作るニンニクたっぷりの簡単「マグロのたたき」!にんにくで元気が出るのはこの作用があるからです...

【アドレナリン噴出する!創作刺身】

健幸料理家・健幸アドバイザー 佐藤周生です。

たびたびお伝えしていますが、

病気や体調不良を追い出せる”回復力の強いカラダ”を手に入れるためには、第9の栄養素である、

『酵素』を摂ることが不可欠です。

なぜなら、酵素は生命活動に欠かせない成分であり、食事で酵素が不足すると体を回復する「代謝」活動が低下するからです。

要するに「自然治癒力が下がってしまう」ということ。

※この詳しい理由については以下をご覧下さい。

その「酵素」は非常に熱に弱く、48℃以上の加熱で失ってしまうため、”生”の食物や発酵食品にしか含まれていません。

具体的には生の野菜、生の果物、生の肉、生の魚介、様々な発酵食品ですね。

ですから、自然治癒力を高めるために…健康なカラダのためにそれらの食物を使った料理をできるだけ食事で増やして、

「加熱料理」を食べる量を減らして頂きたい…

ということで、

そういった生の食物を使った「酵素料理」や、少しでも食事で多くの酵素が摂れるように「加熱料理をアレンジ」してお伝えしているわけですが、

今回は「生の魚介」で1つ酵素料理を伝授したいと思います。

生の魚介を使った料理とは?

もう、お分かりだと思いますが「刺身」ですね。

刺身と言えば、生の魚や生の貝類ですから、「酵素」を摂ることができます。

そんな刺身は和食の美味しい料理の1つとして認知されていますが、実はそれだけではなく、

「酵素が摂れる」という大きなメリットも併せ持つ、素晴らし健康料理なんだということも知っておいて頂きたいです。

とはいえ、単に刺身を食べるなら、スーパーで買ってくれば良いだけ。

元和食料理人としては、ありふれた刺身料理をおすすめしても面白くないので、こんな創作刺身を伝授したいです…

それが、今回のおすすめ酵素料理、

「にんにくの元気効果!フライパンで作るマグロのたたき」

「カツオの叩き」に、にんにくを付けて食べる事は有名ですが、これマグロの場合でも美味しいのです…

ところで、

にんにくと言えば「元気が出る食べもの」と知っている人は多いですが、そもそも、なぜ元気が出るのか?

それは、アドレナリンとノルアドレナリンの作用があるから。

この2つは端的に言いますと、一時的に心臓をバクバクさせ、血圧の上昇を促す「ホルモン物質」のことです。

にんにくを摂取すると、交感神経が刺激され、アドレナリンとノルアドレナリンが分泌が促進されて、それで元気が出たり、やる気が出たりするのですね。

さらに、にんにくは抗菌作用も強烈ですから、体に入り込んだ様々な病原菌や食中毒菌をやっつけくれます。

例えば、コレラ菌ですら微量のにんにくで死滅できるそうです。

話がそれましたが、今回のおすすめは、

「びんちょうマグロのガーリックたたき」

フライパンに多めのオリーブ油を敷き、焦げない様ににんにくを焼いて、にんにく風味が付いたオリーブ油で鮮度抜群のびんちょうマグロを焼く!

焼くと言っても表面をパパっと焼くだけ。

「たたき」と言えば、直火で炙る方法が一般的ですが、油で焼く方法もあります。

フライパンでも作れるってことです。

にんにく油で焼くことで、魚の生臭みを抑えることができ、焼いたにんにくも薬味として食べます。

マグロといっしょに食べると香ばしくて旨い!

さらに生姜おろしを加えた刺身しょう油に付けながら食べると美味!

私、料理人現役の頃、”カツオ”を使って全く同じ方法で作ってました。

フライパンでジュ~~と焼いたら、素早くまな板へ!

冷ますことなく、表面が熱々のまま切って盛り付けて提供。

実は、”タタキ”というのは、熱いまま食べたほうが魚の臭みを感じにくいのです。

なので、お客さんにも好評でした。

逆に冷ますほど臭みを強く感じます。
(※料理ネタとして知っておくと、プチ自慢できます(笑))

「びんちょうマグロのガーリックたたき」は、美味しいだけでなく、

薬味には刻みネギ、あしらいとして玉ねぎスライスも添えるので、これらの生野菜から酵素が摂れますし、

なによりマグロは生魚ですから、健康的な酵素料理となっています。

簡単に作れるので、レシピみて下さい!
↓↓

【材料】分量備考
びんちょうマグロ(ブロック)100g
にんにく(小)2片
玉ねぎ(小)1/2コ(50g)
ブロッコリースプラウト1/2P
大葉2枚
刻みネギ少量
おろし生姜少量
オリーブ油大さじ1杯(15cc)
刺身しょう油適量
1、玉ねぎ1/2個は、繊維に沿って薄くスライスします。
2、切った玉ねぎに根元を切り落としたスプラウトを加え、

水でササっと素早く洗い、水気をきって冷蔵庫で冷やしておきます。
3、にんにくは、皮を剥いて2mm厚のスライスに。
4、フライパンを強火(少し弱める)で熱し、オリーブ油(大さじ1杯)を入れます。

20秒熱したら「にんにく」を投入し、弱火にします。
5、すぐにマグロを入れ、焼きます。

(にんにくを絡めるように焼く)

表裏、側面も各30秒ほど焼いて、全体的に白くなったら出来上がり!

キッチンペーパーの上に取り出し、油分を吸い取ります。
6、熱々のまま切ります。

5~7mm厚で、8~10枚になるように切ります。
7、器の奥側に玉ねぎスライスを小高く盛って、手前に大葉2枚を置く。

大葉の手前にマグロを同枚数分けて盛ります。

刻みネギ、焼きにんにくをマグロの上にのせ、おろししょうがを添えたら完成!

刺身しょう油におろし生姜を混ぜ、この生姜しょう油にマグロと薬味(ネギ、にんにく)をからめて食べて下さい

「にんにく」の香りで魚の臭みが抑えられ、美味しく食べて頂けます。

にんにくは少量でも、元気の素になります!
(にんにく1日分の適量は”2片”だそうです…)

砂ずりとセリのわさびマヨ和え

照り鮮やか!若鶏もも肉のロース焼

関連記事

  1. アスパラ豚肉巻きの醤油だれ

    思い込みで「美味しい!」を逃してませんか?佐藤です。「手間がかかりそうで、実はそう…

  2. 炙りの旨さ!炙りタコと焼き大豆の豆苗サラダ

    「『レシピ見てるだけ』の方におすすめの料理」佐藤 周生です。今回は「ある食材を炙っ…

  3. 簡単漬け物!瓜の塩麹漬け

    「減塩梅干し」で塩分摂り過ぎになる理由今回は、料理初心者さんのための内容になると思います。…

  4. リキュール香る!すももの蜜煮

    多分、始めてだと思います...佐藤です。今回は、「すっきり甘酸っぱい、すもものデザ…

  5. かまぼこの油焼き わさびおろしで

    かまぼこもひと手間で最高のつまみになる!佐藤 周生です。今回は、「フライパンで焼く…

  6. キャベツと豚バラ肉のミルフィーユ蒸し

    酒で蒸すだけの斬新料理これほど相性のいい組み合わせはありません。今回は、「…

  7. 豚ロース肉と厚揚げの梅みそ炒め

    【肉はほどほどに...濃厚味なのにさっぱり味の15分炒め物!】健幸料理家 佐藤周生です。…

  8. 牛肉と牛蒡の玉子とじ丼

    牛肉と牛蒡のガッツリ!玉子とじ丼佐藤です。肉や魚とささがき牛蒡を焚いて、溶き玉子を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年5月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP