炙りの旨さ!炙りタコと焼き大豆の豆苗サラダ

【サラダ】食感楽しめる「豆苗」をザクザクッと切って、「ゆでタコ」をササっと直火で炙って、「ゆで大豆」をフライパンで乾煎して、盛り付けてドレッシングをかけるだけ!炙った香ばしさがたまらない創作サラダです!

「『レシピ見てるだけ』の方におすすめの料理」

佐藤 周生です。

今回は「ある食材を炙って、美味しくする料理」を伝授します。

それは、「タコ」を使った料理…

タコは種類によって旬が異なるのですが、

例えば「みずだこ」は夏、「真たこ」は冬とされています。

「真たこ」に関しては、スーパーの鮮魚コーナーで通年並んでいるので、旬が無いようにも感じますよね…

そんな、タコの名前の由来なのですが、

意外と単純でたくさんの股があるので「多股(たこ)」というようになった説や、

タコは「蛸」と書きますよね。これは本来、虫の「クモ」を表すそうで、そこから海のクモという意味で「蛸」と書いて、タコというようになったなど諸説あります。

それと「タコ」は栄養的にも優れてます。

何と言っても一番は、「低カロリー」なところ。

そして、体の機能や細胞の状態を正常に改善しようとする「タウリン」も多く含んでいます。

貝類の中でタウリンが一番多い貝で1000~1500mg。

タコは600mg。貝類には負けますが、それでもけっこう多く含んでいます。

また、

脂肪、炭水化物の代謝や健康的な髪、爪、皮膚を作り出すのに必須の栄養、「ビタミンB2」に関しては、魚類の3倍以上も含有しています。

ビタミンB郡はバランスよく摂ることで効果を発揮しますが、とにかく体への必要性が高い栄養分です。

このような栄養的にも優れた「タコ」を美味しく食べる方法があります。

それは『炙る』。

”炙る”と食材の余分な水分が減って味が濃厚になり、噛んだ瞬間の焼けた香ばしさが口に広がります。

この香ばしさとタコの旨味が合わさって、さらに旨味を強く感じるわけですね。

程よい噛み応えの食感も出て、そのままのタコを食べるより断然、美味しさのクオリティが上がります。

最適の「炙る」方法は、炭を使う。

炭の香りが付くと最高に美味しくなるのですが…

家庭でいちいち炭なんか使ってたら、いつまで経っても食事ありつけないので、簡単にできるやり方があります。

それが、『コンロの直火で炙る方法』。

コンロにのせる「網」さえあれば、すぐにできます。

他にも「炙る」と旨くなる食材はたくさんありますが、タコはその中でも上位に入ると思ってます。

スーパーの鮮魚コーナーに常に並んでいる「ゆでタコ」が、炙るだけで美味しさの増した「タコ」に変身するわけです。

この「ゆでタコ」を炙って、生姜醤油などに付けて食べるだけでもすごく旨いのですが、

今回はサラダに仕立ててみました。

「炙りタコと焼き大豆の豆苗サラダ」

ゆでタコは炙って、「ゆで大豆」はフライパンで乾煎りして焼き目を付け、香ばしく仕上げる…

そして、歯応えを楽しめる豆苗(とうみょう)と”炙ったタコ”を合わせたサラダです。

香ばしさにポイントをおいた、「炙りサラダ」と言ってもいいでしょうか。

サラダならさっぱりして食べやすいです。

どんなドレッシングをかけても合うので、とにかく作って食べてみれば、その美味しさがわかって頂けると思います。

簡単に作れる料理なので「いつもレシピ見てるだけ」の方には特に作って頂きたいですね。

見てるだけでは美味しさは感じられないですが、作って食べてみれば想像の味ではなく本物の味がわかります。

簡単レシピを公開します!
↓↓

【材料】
ゆでタコ・・・小足2本
ゆで大豆・・・1/2P(70g)
豆苗・・・1/2袋
お好みのドレッシング・・・適量

こちら↓の手作りドレッシングもすごくおすすめです!

1、豆苗は、使う分だけ根元ぎりぎり(豆がある部分まで)で、
切り落とし、流水で洗い水気を切ります。
2、3cm幅で切ります。(4等分)
ザル(ボウル)に入れ冷蔵庫で冷やし、シャキッとさせます。
3、大豆は400ccくらいのお湯で茹でます。(温める)
沸騰したら丘上げ(ザルにあけ熱いままでおく)にします

(後でフライパンで焼くのですが、フライパンだけで焼いて
熱を通すと時間がかかるので先に茹でて温めておきます。
フライパンでは、焼き目を付けるだけ。時短になります)
4、タコは斜めに4mm厚で、波切りにします。
5、タコを直火で炙ります。

コンロに網をおき、強火で熱します。
赤くなった網の部分にタコをおきます(中火にする)
(赤くなるまで焼いておくことで、くっ付くのを防げる)

焼き目がついたら裏返します。両面焼けたらOK。
焼けたら容器に入れておきます。

※炙り過ぎるとタコが硬くなるで、強火でパパっと炙って下さい。
6、茹でた大豆をフライパンで焼きます。

油などは必要ないです。強火で大豆の表面に焼き目が
付けばOK。ゆすりながら焼いてください。
7、器にシャキッとさせた豆苗をふわっと平らに(中央を少し高く)
盛って大豆をふり、タコをのせます。

お好みのドレッシングをかけて完成です。
(写真は玉ねぎドレッシングとフレンチドレッシングをかけてます、
豆苗に赤玉ねぎも少し混ぜてます)

「茹でタコ」はスーパーに行けば高い確率で手に入ると思います。

本日、作ってみて下さい。

やりイカのさっぱり生姜煮

非常識な「そうめんの茹で方」

関連記事

  1. 豚しゃぶのせ和風トマトソース冷しうどん▼

    「うどんを洋風アレンジで楽しむ!」そうめん、蕎麦、うどん、中華そば...この麺類の…

  2. 六色野菜の彩り温サラダ

    寒い時に食べる「サラダ」佐藤です。寒くなると、「冷たいサラダ料理は何となく食べにく…

  3. 若芽と挽肉の炒り豆腐

    定番料理に季節の野菜や食材を加えて旬の料理に変化させる方法!佐藤です。今回は、「季…

  4. 熱々豚しゃぶのせ!マロニーの韓国冷麺風

    鍋に入れる”あれ”が夏料理に!私はどうもあれ、苦手です…佐藤です。今回は、…

  5. 簡単夏の煮物!冬瓜と焼き油揚げの含め煮

    「シンプルに「煮る」のが一番!」今回は、「冬瓜の簡単煮物」を伝授します!佐藤 周生…

  6. マーボー豆腐!?ピリ辛肉そぼろの冷奴

    万能な味噌あじ効いた「ピリ辛肉そぼろ」佐藤です。今回も「冷やっこのアレンジ法」を伝…

  7. 胡麻まみれ!青瓜の甘酢和え

    ”儲かる”!?酢の物一品佐藤 周生です。今回は、「お手軽!夏向け!さっぱり…

  8. 簡単健康!大豆の三色丼

    「肉のたんぱく質で病気と中毒のリスク」佐藤 周生です。今回は「健康的なたんぱく質が…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP