焼き過ぎ!?ぶりとキノコのバターしょう油ステーキ

魚の”パサパサ”をごまかす方法

”失敗”料理なんです…

今回は、
「焼き過ぎた魚を野菜でカバーする方法」を伝授します。

佐藤です。

実は、今回の料理は失敗作。

私も人間なので失敗することも稀にあります。

常に100%の料理ができるわけではないです。

後でレシピを見て頂ければ分かりますが、魚を焼きすぎました…

少し、言い訳すると…

レシピ作成中(撮影中)は、いろんな作業を同時進行することがあります。

1つだけ何かをやることはないです最低でも2つの作業。

「これやりながら、他に何かできないか?」
という思考のクセが付いているので、たまに調子にのって4つの作業を同時に行なったりします。

フライパンで何か焼きながら、
横で常に混ぜ続けるような煮物をしながら
そのまた横で野菜を茹でながら、
それぞれ工程を「写真撮影」

みたいな…

こんな事をやっているので、たまに焼きすぎたり、煮すぎたりします。

ですが、このように同時進行するほうが効率的です。

1時間の作業が30分で終わったりします。

今回の料理は、

「ぶりとキノコのバターしょう油ステーキ」

ブリをフライパンでジュ~と焼いて、キノコも炒め、塩、コショウ、バターとしょう油で味付け。

フライパンで簡単!ちょいコッテリのおかず一品です。

で、このブリを焼き過ぎたわけですね。

今回、私が使ったブリの切り身は、自分で、天然のブリを丸ごと1本捌いて、切り身にしたもの。

1人前、ボリュームがあるようにしたかったので、大きく分厚い切り身にしたのですね。

一切れの厚みは約2cmで120gほど。

スーパーのぶり切り身の約1.5倍。

食べ応えがあります。

が、これが裏目にでました。

分厚いとそれだけ中まで熱を通すのに時間がかかります。

火加減と焼き時間を間違うと表面は焦げたような焼色になり、身の食感もパサパサになります。

食べ応えがある分、焼き加減が少し難しくなるのですね。

で、

「もし焼き過ぎてしまった時に何とかごまかせる方法がないのか?」

ということになりますが、これ、あります。

それは、「野菜」魚や肉は炒めた野菜を合わせてあげると野菜の”しっとりさ”でパサパサ感が和らぎます。

パサパサ魚と炒めた野菜と同時に口に含むことで嫌な食感が少しましになります。

今回の料理、ほんとは「ブリの切り身」のみでステーキにするつもりでした。

が、焼き過ぎたので、急遽変更してしめじと玉ねぎを加えて違うレシピに仕上げたわけですね。

これ、盛り付けの際でも焦げ色が付いた面を野菜で隠すしてごまかすことができます。

”ごまかす”のはよくないですが、もしも、「焼きすぎたな…」と思ったらやってみて下さい。

野菜でパサパサ食感を抑えられます。

私、お店のまかないで「やっちまった」と思ったら、もやしとか玉ねぎとかを炒めて、一緒に添えてました。

もちろん、お客さんに出す料理がもし失敗したら作り直します。

でも、お客さんの料理を作る時は気が張っているので失敗することはほとんどないのです…

野菜で、焼きすぎた魚のパサパサ感を100%消すことはできないですが、和らげることはできます。

そのまかないを食べるバイトの子たちには

「ちょっと焼きすぎたわ」

と正直にいいますが、その子たちは

「えッ、そうなんですか?普通にうまいですよ」

といって食べてくれてました。

野菜のしっとり効果が出ていたからだと思います。

では、急遽変更した”ごまかしレシピ”を参考に
野菜を添える魚ステーキをマスターして下さい。
↓↓↓

【材料】)(1人前)
ブリ切り身…100g
玉ねぎ…1/4コ(30g)
しめじ…1/8P


オリーブオイル…小さじ2杯
白ワイン…小さじ2杯
(日本酒でもOK)

バター…5g
濃口醤油…小さじ1/2
マヨネーズ…少々
刻みネギ…適量
塩…少々

1、ブリの切り身は、薄く塩をあてて15分おきます。
2、玉ねぎは、繊維に沿って5mm幅のスライスにします。
3、しめじは、根元を切り落とし、バラバラにします。

大きいところは半分に裂きます。
4、15分後、ブリを焼きます。

フライパンを強火で熱しオリーブオイル(小さじ2)を入れます。

30~40秒経ったら、ブリの皮側から焼きます。

ある程度、焼色が付いたら弱火にして2~3分焼きます。
5、3分後裏返し、反対側も同じように焼きます。
6、反対側を焼きながら、空いたスペースで玉ねぎとしめじを炒めます。
7、野菜が少ししんなり軟らかくなったら、コショウと白ワインを野菜のところに入れて混ぜます。
8、野菜がさらに軟らかくなったらバター(5g)も加えます。
9、続けて濃口醤油(小さじ1/2)も加えて混ぜます。
10、器にブリ、その上に野菜を盛ります。

刻みネギをのせ、マヨネーズを少しだけかけて完成です。

(写真は、乾燥パセリもふってます、ステーキなので鉄板に盛ってみました)

フライパン1つでできる「魚ステーキ」です。

タイ、タラ、サケ、サワラ、サンマアジ、いわしなどでも応用できますので

是非、作ってみて下さい!

今回の方法はあくまで、”もしもの時”

基本的には失敗しないよう”焼き過ぎ”ないようにして下さいね。

砂糖なし!みりんで作る体に易しい高野豆腐の柚子煮

健康・食生活とモチベーション維持?

関連記事

  1. 料理を美味しくするための「適切な玉ねぎの切り方」その1

    「あなたは、知っていますか?」佐藤です。今回は、「汁物や煮込み料理が劇的に美味しく…

  2. 新玉ねぎとホウレン草と豚肉のジンジャー醤油炒め

    使ってこそ役立つレシピです...佐藤です。今回は、「春の食材を使った簡単炒め物」を伝授しま…

  3. 豚肉のジャンボたれ焼き

    こだわりの「照焼き事件」佐藤です。今回は、豚のこま切れ肉を使った簡単!酒のアテ!…

  4. ブリとほうれん草のガッツリ丼!胡麻わさび醤油かけ

    青魚の栄養DHAとEPAがたっぷりの丼佐藤です。今回は、「冬が旬のブリを健…

  5. ガッツリ!大盛り! 野菜出し汁の混ぜ和そば

    微妙な季節に対応する、そば料理佐藤です。半袖で過ごせる季節になってくると冷たい料理…

  6. 手羽先と春キャベツと新玉ネギのくたくた煮

    煮込めば増す、だから自然な”甘み”が味わえる!佐藤です。野菜の自然の「甘み」を味わ…

  7. 焼きあじと高菜の混ぜごはん

    安心できる「混ぜごはん」佐藤です。今回は、「魚を使った混ぜごはん」を伝授します。…

  8. ブリとほうれん草の胡麻わさび醤油ぶっかけ丼

    『けっこう凄い!ブリの栄養』佐藤です。今回は、「ブリを健康的に食べる丼ぶり…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP