鶏もも肉のハンガリー風

本格欧風料理、真っ赤に染まる・・生クリーム!

佐藤です。

和食が専門の私ですが今日は、洋食を伝授します!

何でかというと…

和食の道に入る前、私は、料理専科のある高校に通っていました。

調理科に進んだ私は、普通の高校の勉強もしながら料理も勉強しました。

1年目は洋食、2年目は和食、3年生になると中華と洋菓子を教えて貰いました。

教えてくれる先生はそれぞれ、その道の専門で料理を作っている方なので本格的に学べました。

私は、この学校に入った当初、「将来は洋食の道に進もう」と決めていたので洋食の授業に猛烈に興味がありました。

最初の1年でたくさんの料理を教えてもらいまいましたが、今でも覚えている、忘れられないほどおいしかった料理が今日紹介する

「鶏もも肉のハンガリー風」

です!

その高校に入って、イッチ番始めに作った料理です。

本格洋食というとスープやソースを5時間も6時間も煮込んだりして難しいイメージがありますが、この料理、作り方が簡単なのに「味」は本格的なのです。

当時私は、ペェペェの坊主高校生でしたが「家庭では味わえない”味”だ!」とは分かりました。

「けっこう簡単にできるんだな。」と親父と弟に食べさせたくて、その日の夕食でさっそく料理しました。

(当時、親が離婚して母親がいなかったので私が晩飯作ってました)

親父と弟は無言で食べていましたが、レシピ通りに作ったのでおいしかったはずです。

普段から「おいしい」とか言わない人たちでしたし…

私は「なんか感想はないんかい!」と思ってましたけど…

この料理、粉末のパプリカを大量に使います。

なので真っ赤になります。
(正しくはオレンジですが…)

それが、また食欲をそそるんです。

20年以上も前のことですが今でもレシピを見ずに作れます。

それぐらい簡単です。

専門外の洋食ですが、簡単に作れておいしく本格的な「味」が楽しめる料理なので、あなたに伝授することにしました。

この「鶏もも肉のハンガリー風」

調理時間、しょうみ15分です。

切る作業は鶏肉と玉ねぎだけ、後は、鶏肉に粉パプリカをちらして鍋でバター、玉ねぎと炒めて生クリーム入れてグツグツ煮るだけです。

うちの隣の耳の遠い、若いおネェちゃんを目撃するとニヤニヤする85歳のおじいちゃんでも作れます。

例えば、「肉じゃが」

あれより簡単で、すぐできます。

前置きが長くなりましたが詳しい

「鶏もも肉のハンガリー風」

の作り方です!
↓↓↓

【材料】 (1人前)
鶏もも肉…200g
玉ねぎ…1/2個
生クリーム…200cc
(植物性の安いものでいいです)
粉末パプリカ…5g
薄力粉…15g
バター…15g
塩、胡椒…適量

1、玉ねぎは皮をむいて1/2個だけ使います。

玉ねぎがつながっている部分を三角に切り取り、1cmの厚さに切ります。
2、鶏肉は包丁で切り込みを入れます。

皮と反対側から10箇所ほど貫通せずに切り込んで下さい
3、皮の方は、包丁の先で15箇所ほど刺します。
4、次に8等分に切ります。

身の厚い部分は、小さく身の薄い部分は、幅広く切ると同じ大きさになります。

熱の通り具合も均等になります。
5、ボウルに切った鶏肉を入れ、塩とコショウを少量まぶします。

続いて、粉末パプリカをふってよく混ぜます。

鶏肉全体にからませて下さい。
6、さらに小麦粉を入れて混ぜ込みます。
7、鍋(できればテフロン)を強火で約1分熱します。

バターを入れ、弱火にします。

「6」の鶏肉を入れ弱火で炒めます。
8、鶏肉を時々裏返しながら3分炒めたら、玉ねぎをガサッと入れてさらに炒めます。
9、玉ねぎが軟らかくなったら生クリームを入れます。

強火にします。
10、沸騰したら、中火にします。

塩とコショウで「味」をつけます。

少量づつ入れて調節して下さい。

ほんのり塩味が付いている程度でいいです。

沸騰して、7分コトコト煮込んだら出来上がりです。
11、器にカッチョよく盛りつけ、粉パセリ(粉バジルでも可)をふって完成です!

是非!覚えて作ってみてください!

濃厚なクリームとパプリカの香りが合わさっていかにも「洋食」って感じがしておいしいです。

今日、母親(今は共住してます)に食べてもらったら
「このチーズの香りがたまんないね!」
と言ってました。

「チーズ、一切入ってないんやけど…」

クリーミーな料理はチーズが入っているような錯覚をするんですかね…

じゃが芋、きのこ、茄子など加えて野菜たっぷりで煮込んでもおいしいですよ。

作ってみて下さいね。

【豆知識】

世間的には”パプリカ=甘唐辛子”の認識がありますが、実は「パプリカ」とは、唐辛子全般を意味するハンガリー語です。

必ずしも甘唐辛子=パプリカではないようです。

野菜売り場で目撃にする肉厚のパプリカはスパイスのパプリカの原料にはならないそうです。

豆乳で作ることもできます!
↓↓

鶏もも肉のハンガリー風 豆乳煮込み

豆腐と豚肉と茄子のゆず胡椒あんかけ

豚バラのコク!肉汁つけうどん

関連記事

  1. 茗荷の綺麗な千切り方法

    「この千切りの盲点に気付けないと上手く切れません...」佐藤 周生です。今回は、レ…

  2. 厚切り豚バラ肉の醤油たれ丼

    ”コッテリ”が食べたい時の豪快!「肉丼」佐藤です。「今日は、なんとなく、脂っこくて…

  3. 柚子胡椒が効く!マロニーたっぷり鶏だし鍋

    「これだけはマスターして下さい!」佐藤 周生です。今回は、”1つ”。これだ…

  4. これだけで旨い!鶏もも肉の竜田揚げ

    シンプル=旨い鶏の唐揚げ佐藤です。今回は、リメイクレシピを公開します。20…

  5. かぶらと炙り鶏の昆布出し煮

    鶏の旨みがしみ込む煮物佐藤です。私は、気の弱い人間です。汚い言葉、非道徳な…

  6. 鶏もも肉の和風ケチャップソース

    ビールに合う!肉料理佐藤ですこの料理、一見難しそうに見える料理ですが、実は真反対!鶏のもも…

  7. アマ二油ドレッシングで!まぐろとひじきのカルパッチョ風サラダ

    『健康油のドレッシングで「健康サラダ」佐藤です。今回は、「手軽にできる、健…

  8. 軟らかすぎる!豚肉ステーキ、 極旨トンテキ!

    超やわらか豚野郎軟らかすぎて、ビックリ!舌を噛み切ってしまいそうです…”ト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP