いもいも感あふれる豪快ポテトサラダ

「絶対に見ないで下さい・・・」

佐藤 周生です。

初めにお断りしておきます。

このような方は絶対見ないで下さい・・・

・料理にガチガチのこだわりを持っている
・料理は丁寧に作る、大雑把が嫌い
・調理法は正当法しか使わない
・手抜きするのは嫌だ
・ゆっくり・じっくり、時間をかけて作るのが大好き
・上品な料理をすこぶる愛している

当てはまる方には、今回の料理はおすすめできません。

絶対に見ないで下さい。

今回のレシピを見れば、おそらくあまりのズボラ技、手抜き技に呆れてしまうでしょう。

なので、

クレームも一切受け付けません。

見ないで下さい・・・

反対に上記に当てはまらない、

「ずぼら大好き!」「簡単、大歓迎!」「手抜きこそ愛」という方のみ読み進めて下さい。

今回の料理、

「ずぼら!いもいも感あふれる豪快ポテトサラダ」

は、手抜き技、ずぼら技のオンパレード。

調理作業、全体を時短に出来ます。

少しでも短時間で料理を作りたいあなたにピッタリです。

「手抜き技&ずぼら技その1」

じゃが芋、人参の皮は剥きません!

面倒な皮剥き作業をスルー。皮付き野菜は栄養を逃さず摂れる!

(※農薬が気になる場合は野菜専用洗剤や重曹などで洗って(浸ける)下さい。ある程度農薬は抜けます。完全にはとれない)

「手抜き技、ずぼら技その2」、

・ポテトサラダの基本的作業、”じゃが芋を潰す作業”は無し!ゴロゴロそのまま。

調理時間短縮!じゃが芋本来のいもいもした食感、風味を存分に味わえます。

「手抜き技、ずぼら技その3」、

・人参も、じゃが芋と一緒に茹でる!茹でる作業を同時に。ここでも時間短縮。

「手抜き技、ずぼら技その4」、

・鍋の中でマヨネーズと混ぜる!

茹でたじゃが芋、人参を鍋からボウルに移しかえる作業をすっ飛ばす!

ご丁寧にボウルなど使いません。

鍋の中でガサガサと全部混ぜる!鍋のままで作業。

これで余計な洗い物が減ります。

「ずぼら!いもいも感あふれる豪快ポテトサラダ」 は、

マヨネーズも控えめ。

じゃが芋のイモイモした味、茹でることで増す人参の甘味、厚切りベーコンの旨味と塩味、胡瓜・玉ねぎのフレッシュ感が合わさり、食材の本来の味が強い!

なので、マヨネーズをドバドバ入れて濃い味にしなくていいのです。

食材の味を優先した究極のポテトサラダ

このポテトサラダ、私が現役の時、夏場におすすめの一品として作っていた料理。

お客さんには「このじゃが芋の存在感がいいよな!」と毎回お褒めの言葉を頂いていたので、自信もっておすすめできます。

ずぼらな作り方のレシピ、見ておいてください!
↓↓

【材料】(1人前3日分)
じゃが芋(中)・・・3個(500g)
人参(中)・・・1/3本(50g)
玉ねぎ(中)・・・1/4個(50g)
胡瓜(大)・・・1/4本(50g)
ブロックベーコン(できれば無添加)・・・50g
マヨネーズ・・・50g
塩・・・小さじ1/2杯(約3g)×2
コショウ(黒コショウ)・・・少々


⇒★おすすめ無添加ベーコン

1、じゃが芋は、皮を手でこすりながら流水で洗います。
(きれいなタワシがあればそれでゴシゴシこすってもOK)

皮は剥かず、1個を8等分に切ります。
2、鍋に入れ、2回すすぎ洗いした後、水をひたひたに入れます。
強火にかけます。塩3gを入れます。
3、続いて、人参(洗う)も皮を剥かずに、5mm幅の
斜め輪切りにします。(5~6枚)

大きい輪切りは、6等分、小さい場合は4等分に切ります。
4、切った人参を鍋に加えます。じゃが芋が軟らかくなるまで茹でます。
沸騰したら、吹き零れない程度のできるだけ強い火加減で
ぐらぐら茹でます。(中火~強火)

(【ポイント!】強火の方が、早く茹で上がります)
5.じゃが芋、人参をゆでている間に胡瓜、玉ねぎを仕込みます。

胡瓜は、縦半分に切って2mm幅の半月の輪切りにします。
6、玉ねぎは、薄く(1mm)スライスします。
7、切った胡瓜、玉ねぎをボウルに入れ、塩3gを加えて
混ぜます。しんなり軟らかくなるまでこのままおきます。
8、続いてベーコンは、約1cmの角切りにします。(サイコロ型)
9、フラーパンを熱し、中火でベーコンを炒めます。
(油は敷きません。ベーコンの脂で焼き色が付くまでじっくり炒めます。

熱が通ったら、器などに移しかえ涼しいところで冷まします。

(”反則技”を使うなら「冷凍庫に入れる!」すぐ早く冷めます、
忘れると凍ります・・・)
10、じゃが芋の皮がズル剥けて、少し崩れくらいに茹でたら
火を止め、湯きりします。(湯を捨てる)

(フタをかぶせて湯を捨てれば、じゃが芋がこぼれ(落ちない)ません)
11、湯を捨てたら、再度火にかけ(弱火~中火)、
木ヘラなどで混ぜながら水分を飛ばします。

鍋底を削るように混ぜ、3分程混ぜて水分がなくなったら
そのまま自然に冷まします。

(自然に冷ますのが一番いいですが、”団扇で扇ぐ”、”扇風機の
風をあてる”などすれば早く冷めます、急激に冷ますと粘りが出て
しまうので注意、粘りが出ると食感が悪くなります)
12、胡瓜、玉ねぎのボウルに水を入れすすぎ洗いします。

キッチンペーパーなどでくるんで水分を搾り出します。
(強めに搾って、しっかり水分をとります)
13、(11、)が完全に冷めたら、冷ましたベーコン、胡瓜、玉ねぎ
を加えます。(鍋のまま)

マヨネーズ、コショウを加えてザックリ混ぜます。
(混ぜているうちに、自然とじゃが芋が崩れてくるので
あえてじゃが芋を潰す作業をはぶいています)

(じゃが芋、人参が完全に冷めてない状態でマヨネーズを入れると
分離して失敗ポテサラになりますので注意して下さい)
14、器に盛って好みでマヨネーズをかけて完成です!
(写真は、下にレタスなどのサラダを敷いています)

・じゃが芋、人参の皮は剥きません!

・じゃが芋を潰す作業は無し!

・鍋の中でマヨネーズと混ぜる!

手間無し、時短で作れ、じゃが芋のいもいも感を味わえる

「ずぼら!ポテトサラダ」を是非作ってみて下さい!

豪快一丁!豆腐のオクラ鶏そぼろ餡かけ

10分で作れるトリュフ!?スープ

関連記事

  1. 春野菜の磯風味オムレツ

    「おかずになる”春”の具沢山オムレツ!」佐藤 周生です。今回は、「季節の野菜を使っ…

  2. 叩きレンコンの醤油焼き

    手間なし!油がポイントのレンコン料理佐藤です。 「寒いけど、やっぱりビールが飲みた…

  3. 軟らか鶏むね肉と胡瓜のピリ辛ダレ

    ピリ辛は、デトックス効果有り!?佐藤です。今回の料理はこれ、「軟らか鶏むね…

  4. 料理に必須の水=「命」

    佐藤です 今回は、料理の紹介ではないですが災害時の備えについて話そうと思います。 私自身、…

  5. 添加物は体に悪い影響がある!?

    『全身にかゆみが出ました...』佐藤 周生です。今回は、「添加物なんて心配する必要ないだろ…

  6. おろしダレの豚丼

    口いっぱいに頬ばりたくなる豚肉の丼佐藤です。私、健康のため(ある理由で)に肉を食べ…

  7. 時短技で作る!手羽元の鶏肉じゃが

    ズボラ肉じゃがの4つの楽チンポイント佐藤です。あなたは、肉じゃが好きですか? そうで…

  8. 濃厚ゴマの香り!玉ねぎ入り、 健康キムチ納豆

    「健康=1gで8億個!」納豆が嫌いな方、ごめんなさい先に謝っておきます。でも……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP