淡口しょう油はこれがおすすめ!

料理にオススメの調味料

佐藤です。

今回は、
「料理にオススメのしょう油」です。

「いつも使っているしょう油を教えて下さい」というご質問を頂いたので、私がいつも使っているオススメの「しょう油」を伝授したいと思います。

今回は、「淡口しょうゆ」

スーパーには様々なしょう油が販売されていて、こだわればきりがないのですが、私のオススメはあなたもよく知っている定番のもの。

淡口しょう油は、「ヒガシマルさん」

これ、使う一番の理由は、やはり家でもお店でも長く使ってきたから。

20年以上。

他の淡口しょう油も試しに使ったことはあるのですが、「ヒガシマルさん」の淡口しょう油が一番「味」がバシッと決まる。

塩気と甘味のバランスがよく、特に煮物に使いやすいです。

そして、どこのスーパーでも売っているので手に入りやすい。

どこでも手に入るということは多くの人が使っていてその味に慣れています。

慣れているので、美味しく感じやすいというのもあります。

『万人に受ける味』を作れるということです。

これらが「ヒガシマルさん」の淡口しょう油をオススメする理由ですね。

”「ヒガシマルさん」の淡口しょう油”といってもこれまた、ピンからキリまであります。

値段が高いほど「質」がいいので、あなたが「調味料にはこだわる!」というのであれば、”特選”と書かれたちょっと高いタイプを使ってみるのもいいと思います。

上品な味の煮物が作れます。

特にこだわらない場合は、安いタイプでも十分美味しく作れるのでそれを使ってみて下さい。

(写真は、最近見つけた「秀醇(しゅうじゅん)」というタイプのヒガシマル淡口しょう油、
従来よりも”色が薄く”上品な煮物にできます、
ちょっと高いです)

淡口しょう油は、私が20年以上使って美味しい煮物が作れている、
”ヒガシマルさん”の淡口しょう油を使ってみて下さい!

「濃口醤油」のおすすめは、こちら↓

⇒『味付けの微調整に対応してくれます!』

◆「油」のおすすめは、こちら↓

⇒『無色透明の”胡麻油”』

◆「みりん」「酒」のおすすめは、こちら↓

⇒『5万円の鍋コースに使う調味料とは?』

ぶり大根より旨い「鯛かぶら煮」

味付けの微調整に対応してくれます!

関連記事

  1. マヨネーズではないマヨネーズ

    今回は添加物の話をします...なので、「添加物なんか別に大丈夫だろ」と思っていたら今回の…

  2. 国産野菜は安全?

    佐藤です。今回は、レシピの紹介ではないのですが料理に大きく関わっている、「野菜」の話をします。スー…

  3. 「味噌汁」を食べたことがない!?

    佐藤です。今回は、レシピの紹介ではないですが私が、「美味しい料理を多くの人に伝えよう」と思…

  4. 「高血圧」驚愕の真実

    佐藤です。一日、曜日を間違えて更新を忘れてました。失礼しました。で、今回は…

  5. 現在の油の常識Ⅱ

    「オメガ3、6、9とは?」佐藤です。まず、前回の訂正をさせてください。『避…

  6. サーモンの温しゃぶ 胡麻ポン酢かけ

    「肉魚と野菜が合わさるからこそ味わえる美味しさ」佐藤 周生です。「鍋料理はそろそ…

  7. 刻んだ野菜がまな板からポロポロ落ちない秘訣

    目からうろこ⁉佐藤です。今回は、まな板で食材を切る時のちょっとしたテク…

  8. ブリとかぶらの味噌煮

    佐藤です。今回は、『玉みそ』で作れる料理。「ブリを味噌で煮る! 魚のみそ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP