新調理法!”あん”の熱々持続術

極ウマとろ~り!アツ熱ッ! 和風天津飯」

佐藤です。

最後の一口まで”とろ~り熱々”で食べられる方法とは?…

あなたは、”卵料理”好きですよね?

それなら、「トロトロに焼いた玉子」と「ごはん」にたっぷりの「あん」をからめながら食べる、

「とろ~り!アッツ熱ッ!和風天津飯」

を伝授します!

『天津飯』は中華料理ですが、かつお出しの”あん”なので、『和風天津飯』です。

この料理、食べたくなったらいつでもすぐ作れます。

「卵」と「ごはん」さえあればできます。

私は、最低でも月に1回は作って食べます。

週3回、食べてもあきないくらい美味いです。

あなたが時間のない時でも美味しく食べれる料理なので、どうしても覚えて頂きたいんです。

完全にマスターできるように、「これでもか!」ってほど詳細に説明するため3回に分けてお話します。

文章で説明できる限界までテクニックを伝授します。

今回のテーマは『あん』です。

この料理の作り方は簡単です。

かつお出し汁にみりん、淡口しょう油で味付けし、水溶き片栗粉でとろみもつけ『あん』にします。

どんぶり鉢にガッツリごはんをよそって、フライパンで溶き玉子を”トロトロ”に焼いて、ごはんにのせます。

後は、熱々『あん』をた~っぷりかけるだけ!”剥く”、”切る”そんな面倒な作業どこにもありません。

15分もあればできます。

が、1つマイナス点があります。

この料理のメインの『あん』は、温度が下がると”とろみ”が消えます。

サラサラの『出し汁』に戻って急激に冷めます。

汁は、”とろみ”を付けると冷めにくくなります。

とろみが付いてない出し汁に比べ保温効果あります。

が、冷めて”とろみ”が消えるとその効果が激減します。

他の『あん』の料理でも同じ現象が起きます。

最後まで”熱々”で食べることができません。

”冷たい天津飯”は、最悪です。

が、最後の一口まで「とろみ」が長続きし”とろ~り熱々”で食べられる方法があります。

その方法で「あん」を作ると”なめらか”になります。
味を長く感じることができ”コク”も感じます。

その方法とは、…

水溶き片栗粉で”とろみ”を付けてから
【さらに『2分』加熱する】
です。

「加熱をしすぎると、水分が飛んでどろどろになるじゃん」
と思ってしまいそうですが、それは思い込みです。

片栗粉のジャガイモでんぷんは、 水を加えて加熱すると膨張します。

混ぜていると手に抵抗を感じます。

これは、初めに感じる“ニセモノのとろみ”です。

加熱を続けると、中から デンプンに含まれる「アミロース」や「アミロペクチン」の粘りの成分が出てきます。

これらによって滑らかな”とろみ”に変化します。

加熱を続けるとデンプン粒は、50ミクロンのものが3ミリにまで膨張し、顕微鏡でも粒が確認できないほど透明になります。

これが“真のとろみ”の状態です。

あんの”とろみ”が持続します。

「とろみが付いた、できた!」 で、火を止めてはいけません。

“真のとろみ”になるまで弱火で【加熱を続ける】わけです。

「約2分」混ぜながら加熱します。

これであなたは、最後の一口まで天津飯を”とろ~り熱々”で食べられます。

では、詳しい作り方を説明します!
↓↓

【和風あん】 (1人前)
水…300cc
みりん…30cc
うす口しょうゆ…30cc
(少し濃口しょうゆを加えると風味がよくなります)
砂糖…2つまみ
粉カツオ節…小さじ2杯
〔「10:1:1」の割合で作ってあります〕
水溶き片栗粉…45cc
(片栗粉20gと水25ccを混ぜる)

1、鍋に【和風あん】の水、調味料を全てあわせます。

強火にかけます。
2、沸騰したら、中火にします。

水溶き片栗粉を再度よく混ぜます。

出し汁をお玉で素早く混ぜながら水溶き片栗粉を加えていきます。

注!)必ず沸騰している状態で入れて下さい。

水溶き片栗粉を出し汁に早く溶け込ますようにお玉で混ぜます。

(素早く混ぜないと片栗粉の塊りができ、”失敗あん”になります)
3、弱火にします。

初めの”偽者とろみ”が付きます。

ここからさらに”2分”混ぜながら加熱します。

混ぜ続けてください。

”最も手に抵抗を感じた段階を過ぎて”、『少し軽くなったかな』と思う状態まで加熱をつづけるのが目安です。

火を止めて”和風あん”の完成です!

すぐにメモをとって下さい。

「とろみが持続し、なめらかになる方法」を熟知している人はほぼ皆無です。

自己満足しか考えてない、「オリーブオイル使えば料理できる」と思っている、テレビに出る料理男子のヤロウどもも知りません。

これ、忘れたら後悔します。

すぐ、メモをとって下さい。

明日は、フライパンで玉子を”トロトロに焼く”テクニックを伝授します!

それでは、また明日!

手羽先入り!濃厚旨だし ガッツリ!おでん

厚切り豚バラ肉と玉ねぎの和風ステーキ

関連記事

  1. 胃を修復する!ネバネバ豆腐

    「叩きオクラとなめこのネバネバ出し冷やっこ」佐藤です。今回は、「胃を修復…

  2. 最低限8つの調味料

    佐藤です。今回は、料理を始めたばかりの方へキッチンに常備した方がいい、「必…

  3. なぜ?料理人が教える健康法

    佐藤です。今日は更新日ではないですが、「和食の玉手箱」についてご質問を頂いたのでお答えしよ…

  4. 何でもありの炊き込みご飯!

    「食材、腐る前に無駄なく使い切る!佐藤の思いつき料理”5日目”」「牛蒡とアスパラの牛肉炊き…

  5. 減塩よりもカリウム摂取!?

    「生で食べれば減塩効果」佐藤です。今回は、「料理の過剰減塩よりもカリウム…

  6. 薄味でも「旨い!」と言わせる方法(その1)

    今回はかなり濃い内容なので読んだら1000円下さい(笑)「薄味でも美味しい料理に仕上がる秘訣」…

  7. 酵素不足=病気!?

    佐藤です。『酵素』の続きをお話します。「生のもの酵素が、熱を通した食べ物の…

  8. 凝った料理でも気楽に作れる方法

    今回は、「凝った料理でも気楽に作れる方法」を伝授します。なので、私のレシピを”見てるだけ” で、ま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP