ゆで鶏と冬野菜のピリ辛甘ダレ

【酒の肴】鶏のもも肉と白菜&レンコンをパパっと茹でて、味噌ベースのピリ辛甘ダレをかけるだけ!熱々茹で立ての鶏と冬野菜が”旨辛”で味わえる冬の一品!

【シンプル調理法でレパートリー拡大!】

佐藤 周生です。

今回は「茹でるだけの熱々鶏肉料理」を伝授します。

料理で時間がかかってしまう要因の1つが「加熱調理」。

中でも煮物は基本通りに作ると「切る」⇒「下茹で」⇒「煮る(味付け)」という時間のかかる加熱調理法。

特に「煮る」工程では【味を沁み込ませる】ことが目的なので、時間がかかります。

(※実際は味というのは冷めていく時に滲み込みます。なので「寝かせる」工程を含めると、ものすごく時間がかかっている)

簡単だと言われる「炒める」でも「切る」⇒「炒める」⇒「味付け(絡める)」と意外と時間を使っています…

なので、加熱調理中に「味付け」の工程が無い調理法なら、ちょっとは時間短縮になりますよね。

ということで、時間のかからない加熱調理法は何かというと、、、

「茹でる」です。

「茹でる」は加熱調理の工程の中に「味付け」が無いので、他の加熱調理に比べ調理時間が短くなります。

そこで、おすすめの一品がこれ…

『ゆで鶏と冬野菜のピリ辛甘ダレ』

鶏もも肉と白菜とレンコンを茹でて「ピリ辛甘ダレ」をかけるだけ!

一味唐辛子を効かせた味噌ベースの甘いタレを茹で立て熱々食材に絡めて食べると素材の甘みや旨味が引き立ち、ピリッとした辛みが全体の味を引き締めてくれます。

一口食べると次々食べたくなるそんな味わい。

正直、タレを作る時間5分を加えると「炒める」加熱調理とあまり時間の差が無いかもしれませんが、

煮物を作るよりは圧倒的に早く作れます。

前もって「タレ」を作っておけば「茹でる」作業だけ。

もっと早く作れます。

「食材を茹でる⇒タレをかけるだけ」というシンプルな調理法を憶えておけば、時短料理のレパートリーをたくさん増やすことができます。

まさに「しゃぶしゃぶ」や「水炊き」といった鍋料理はシンプル調理法ですよね。

是非、この調理パターンを忘れないようにしてみて下さい。

私、料理でちょっと寒さしのごうと思って「ピリ辛」のタレ(カプサイシンの温め効果)にしたのですが、一味唐辛子を入れ過ぎて辛くて温まり過ぎました。(笑)

もし辛みが苦手な場合は一味唐辛子を減らして作って下さい。

辛みを減らしても美味しくできる「タレ」にしてありますのでご安心を!

レシピ見て下さい。
↓↓

【材料】(1人前    分量             備考            
鶏もも肉200g(1枚)
白菜100g(大きい葉1枚)
れんこん50g(小1/2ふし)
刻みネギ少量
小さじ1/2杯
【ピリ辛甘ダレ】       分量            備考
麦みそ50g甘味の強いタイプ
みりん大さじ5杯(75cc)
大さじ1杯
濃口しょう油小さじ1杯
胡麻油小さじ2杯
一味唐辛子小さじ1/3~1/2杯※辛みが苦手な場合は少なくして下さい。
おろし生姜小さじ1杯分
おろしにんにく1片分
1、【ピリ辛甘ダレ】を作ります。

鍋に麦みそ(50g)、みりん(75cc)、酒(大1)、濃口しょう油(小1)、胡麻油(小2)、一味唐辛子(小1/3~1/2杯)、おろし生姜(小1分)、おろしにんにく(1片分)を入れます。
2、しっかり混ぜます。

混ざったら中火にかけます。
3、沸騰したら弱火にして、混ぜながら煮詰めます。
4、3分詰めてトロっとなったら出来上がり。火を止めてます。

冷めたら容器に移し変えます。
5、食材を切ります。

白菜(大1枚)は、縦半分に1/2を6等分に切ります。(茎は小さく、葉は大きく切る)
6、レンコンは使う分だけ皮を剥き、2mm厚の輪切りにします。(50g分10枚くらい)

ササっとすすぎ洗いしておきます。
7、鶏肉は、余分な皮と脂身を切り取り、両面に包丁の先で切り込みを入れます。(20ヶ所くらい)
8、茹でます。(水から茹でる)

鍋に水(500cc)と塩(小1/2)を入れ、鶏肉を加えて強火にかけます。
9、沸騰してきたら中火に。

アクをすくい取ります。
10、沸騰から4分茹でたら取り出します。(鶏肉が大きい場合は5~6分)

※容器に入れ、ラップしておく。

茹で汁は残す。
11、続けて野菜を茹でます。

茹で汁を再度沸騰させ中火に。白菜の茎を入れて茹でます。
12、茎が少しやわらかくなったら、葉を加えて茹でます。
13、葉もやわらかくなったら、取り出し(しっかり湯切り)器に敷きます。

茎を下に、葉を上に。
14、続けてレンコンを入れて茹でます。(2分)
15、レンコンがやわらかくなったら取り出し、器に盛ります。
16、鶏肉をゆで汁で再度温めた後、

包丁を少し右に倒し、5mm幅で斜めに切ります。
17、包丁にのせて手を添え、器に盛ります。
18、【ピリ辛甘ダレ】をかけます。(横一文字にかける)
19、手前に刻みネギを盛って完成です。

【ピリ辛甘ダレ】が鶏肉の油分と絡み、絶妙の味バランスで楽しめます。

野菜はキャベツ・カブ・大根・人参などに代えても美味しいです。

是非、作ってみて下さい。

濃厚タレ漬けマグロ丼

豪快!焼き白菜の香味肉たれ

関連記事

  1. とろ~り!梅入り七草がゆ

    『年にたった一度の薬効料理』佐藤 周生です。明けましておめでとうございます。…

  2. 柚子胡椒が効く!マロニーたっぷり鶏だし鍋

    「これだけはマスターして下さい!」佐藤 周生です。今回は、”1つ”。これだ…

  3. じゃが芋の豚バラ巻 串焼き べっこう餡かけ

    【いつも行くお店はすぐ思い出せる...】佐藤 周生です。今回は、関係ない方がほとん…

  4. 鶏もも肉のグリルステーキ キムチタルタル

    『タルタルソースにこの一工夫…』佐藤 周生です。今回は、「あっさり味で食べ…

  5. 練り天と冬野菜の煮物

    「強火って具体的にどのくらい?」佐藤 周生です。『火加減を熟知して、加熱調理レベル…

  6. 超栄養補充!三獣肉のスタミナ味噌すき焼き風

    元気が出る!みそ味のすき焼き佐藤 周生です。「夏バテに備えスタミナ付け!元気が出る…

  7. 豆の旨味!豚バラ肉のゴマ豆乳鍋

    「美味しい豆乳鍋の2つのポイント!」ちょっと朝夕の寒さが増してきましたね...佐藤…

  8. 温まる!野菜おじや

    「ぞうすい・おじや・お粥の違いとは?」佐藤 周生です。今回は「野菜入り簡単おじや」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP