濃厚タレ漬けマグロ丼

【丼・酵素料理】胡麻油の風味の効いたしょう油タレを滲み込ませた「漬けマグロ」!熱々ごはんにのせるだけ!温玉・玉ねぎ・大葉などで美味しさをさらに引き立てます!

【香りを加えるだけで激うま「マグロ丼」】

健幸料理家・健幸アドバイザー 佐藤周生です。

今回は、「定番料理をちょっと一工夫で、もっと美味しくする方法」を伝授します。

いきなりですが、私たちが何かを食べて「美味しい!」と感じる時、

舌から感じる美味しさの度合いというのは、それほど大きくないのです。

実は、それよりも鼻から感じる「香り」で、美味しさを強く感じ取っています。

食べ物を口に入れ、噛んだ時に出る「香り」が鼻から脳に伝わり、400種類といわれる嗅覚受容体と結び付いて、

「美味しい!」と感じるわけです。

ですから、私たちが美味しいと感じる要因は「風味」なんだということ。

これは、モネル化学感覚研究所のロバート・マルゴルスキー博士の研究で明らかになっています。

なので、例えば、目隠し、鼻をつまんで貰った人に何を飲ませるかを伝えずに「甘みを加えたコーヒー」を飲ませると、

何を飲んでいるのか?即答できないのですね。

甘味や苦みは感じるけれどコーヒーだと分からないのです。(稀に苦みから分かる人もいますが…)

で、鼻を開放すると「なんだ!コーヒーか~」とすぐ分かる。

それほど人間は「香り」で美味しさを強く感じ取っているのです。

これを踏まえると、

例えば、食べ慣れた定番料理でも、ちょっと何か「香りのある食材」を加えるだけで、はじめて食べる料理かのように美味しく感じることもあるのです。

ということで、

今回、伝授する「漬けマグロ丼」は正にそれ!

マグロ丼も定番料理といっても良いと思います。

いろいろなマグロ丼がありますが、今回は「漬けマグロ丼」。

通常はマグロを酒・みりん・しょう油のタレに浸け込むだけ。

このタレに「胡麻油」の「香り」を加えます…

例えば、中華風のわかめスープ。

あれって胡麻油の風味が効いて美味しいですよね。

おそらく胡麻油が入ってなければ、さほど美味しく感じないと思います。

他には「野菜炒め」でも、サラダ油で炒めた場合と胡麻油で炒めた場合、

圧倒的に胡麻油で炒めたほうが美味しいでしょ?

「胡麻油の塩ダレ」をかけた叩き胡瓜も食べ出すとクセになりますよね。

「漬けマグロ」も同じで、タレに強い香りとして「胡麻油」を加えるだけで劇的に美味しくなるわけです。

特に胡麻油の風味は食欲を強くかき立てる香りなので、余計に美味しくなると。

濃厚!胡麻油風味の醤油タレに浸け込んだ「漬けマグロ」を

丼ぶりごはんにのせるだけ!

玉ねぎ・海苔・大葉で爽やかな香りがプラスされ、絶妙なバランスで美味しさが増します。

また、トッピングの温玉を混ぜながら食べることで「味が変化」し、最後まで美味しく味わって食べることができます。

これまで、お伝えした2つのマグロ丼と比べると、

今回の『濃厚タレ漬けマグロ丼』は、最高に美味しい”ベスト1”ですね。

今回、5パターンのタレを作って試作したのですが、少ししょう油味が強いタレが一番おいしかったです。

そして、

この料理の最大のポイントは、マグロが”生”なので、消化酵素を摂取することができます。

酵素は消化の負担をやわらげてくれますから、体の仕組み上、自然治癒力が少し高まる…

よって、今回の「マグロ丼」など生魚で作る海鮮丼は、美味しいだけでなく、酵素料理として健康的な食べ方ができる料理になるということです。

レシピ見て下さい!
↓↓

【材料】(1人前)分量             備考  
マグロブロック(冊)100g
玉ねぎ1/4コ(50g)
大葉(中)2枚
温玉1コ
刻み海苔少量
胡麻少々
【漬けタレ】分量備考
大さじ1杯(15cc)
みりん大さじ1杯強(18cc)
濃口しょう油大さじ2杯(30cc)
胡麻油小さじ1杯(5cc)
1、【漬けタレ】を作ります。

ボウルに酒(大1)、みりん(大1強)、濃口しょう油(大2)、胡麻油(小1)を合わせ、

よく混ぜておきます。
2、マグロを切ります。

長さ6cm、横幅2.5、厚み3mmくらいになるように切ります。
3、端の部分は観音開きにします。
4、バットにマグロを重ならないように並べ、【漬けダレ】をかけます。

※20分ほど浸ける。
5、玉ねぎ(1/4コ)は、極薄で薄切りにします。

ササっと水洗いして水気をきります。
6、大葉(2枚)は、2cmくらいの長さで薄く刻みます。
7、丼ぶりにごはんを盛ります。
8、薄切り玉ねぎをごはんの上に敷き、漬けマグロを並べます。
9、奥側に刻み海苔(少量)を敷き、温玉を割り入れます。

中央付近に刻み大葉をのせ、マグロの上に胡麻をのせて完成です!

胡麻油の風味が効いたしょう油タレがマグロに滲み込み、マグロの旨味を引き立てます。

これが薬味と絡んで旨い!

これがごはんと合わないわけがないですよね。

美味しさをじっくり味わうどんぶり…

是非、作ってみて下さい。

ゆずポン酢の豚バラすき焼き

ゆで鶏と冬野菜のピリ辛甘ダレ

関連記事

  1. 焼シャケと出汁巻きの豪快のり弁(丼)

    【お弁当のおかずランキング1位は?】健幸料理家 佐藤周生です。お弁当屋さんでも、ス…

  2. 筍と高野豆腐の照り焼き丼

    【肉卵魚なくてもおいしい丼ぶり】今回は「筍と豆腐を使った簡単な精進丼ぶり」を伝授します。…

  3. 炙り明太子とキムチと高菜の手間なし丼

    10分で作れる簡単丼佐藤です。例えば、仕事帰りに買い物へ...今回のおすす…

  4. 大根シャキシャキ、ぶりのワイン漬け丼

    『究極のあっさり丼』佐藤 周生です。今回から「簡単!どんぶり料理」を伝授していきま…

  5. サーモンのゴマ醤油漬け丼

    イマイチの刺身はこうすれば美味しくなります...佐藤です。「イマイチの刺身を美味し…

  6. 鮭の切り身で赤の他人丼

    親戚を通り越して、「アカの他人丼」佐藤です。私、この料理思いつきで作りました……

  7. アボカドとまぐろ山かけとろろ

    【常連さんが驚愕する「とろろ料理」】佐藤 周生です。今回は、以前お伝えした「とろろ…

  8. 濃厚胡麻タレの贅沢マグロ丼

    ヤクザ!?から教わった「マグロ丼」佐藤 周生です。「あっさり胡麻タレのマグロ丼」を…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP