煮物の作り直し

「失敗煮物の作り直し法とは?」

佐藤です。

今回は、野菜料理の伝授は一回お休みしまして、「煮物が辛くなった時の”作り直し法”」を伝授します。

先日、伝授した「軟らか!昆布巻き煮」。

最後におすすめした、乾燥”昆布巻き”の販売サイトの”昆布巻きの素”ですが、初めから味の付いたタイプでした・・・

すいません!確認が甘く見落としていました。

読者さんから、「あのサイトの”昆布巻きの素”で焚いたら辛くなったのですが・・・」

と、ご指摘頂き「味付きタイプの昆布巻き」だと明らかになりました。

買って頂いた方、申し訳ありませんでした・・・

レシピ通りに焚くと辛い味になると思います。

すいません。

サイトで販売しているほとんどの乾燥”昆布巻き”は味付きのようです。

その場合、「軟らか!昆布巻き」のレシピの”9、”の”煮汁が半分の量になるまで・・・”を、”煮汁が2/3になるまで”に変えて作ってみてください。

(煮汁が2/3残る状態で煮詰めるのを止めて下さい。)

今回の場合、完全に私に問題があったのですが・・・

もし、あなたが、何か煮物を作った時に食べたら「辛かった。」「煮詰めすぎて、辛くなってしまった。」

こんな場合に美味しく食べられる味に”手直し”する方法があります・・・

これは、ある程度”煮汁”がある煮物ならほとんどの煮物料理に応用できる方法です。

あなたがマスターしておけばもし、煮物に失敗しても作り直して食べられるように出来ます。

失敗した煮物を我慢して食べる必要が無いわけです。

それは、「作り直し法」。

かっこつけた名前ですが、簡単いうと”薄める”。

焚いた煮物を崩れないように鍋に入れ、煮汁も入れ、「水」を加えます。

沸騰させ煮物の中まで熱が入ったらすぐ火を止める。

で、薄まった煮汁の状態で冷まします。

このまま、おけば、浸透圧で煮物の濃い味が煮汁に出て丁度いい味加減になります。

店の煮物でも稀に焚きすぎることがあるので、そんな時は「作り直し法」を使います。

薄まって、辛い味がちゃんと美味しい味に変ってます。

是非!知っておいて欲しいのでさらに詳しく説明します。
↓↓

1、例えば、『大根の田舎煮』を煮すぎて「食べたら辛かった」という場合
 
まず、焚いた大根と煮汁を鍋に入れます。(大根は崩れないようそろ~っと丁寧に入れます)
2、煮汁と同量の水を加えます。
 
(煮詰まり具合によって水の量の加減は若干、変化しますが、今回の場合「かなり、煮詰まって辛い!」を想定して説明します)
3、中火で沸騰させます。(強火だと鍋の内側が煮汁で焦げてくるので)
4、1分くらい焚いたところですぐ火を止めます。
 
(煮物1コ1コが大きめの小芋や分厚い大根の場合、中心まで熱を通すのに時間かかるので1分半~2分焚いて完全に熱を通して下さい、
 
中心まで熱が入ってないと腐る原因になります)
 
この↑状態で冷まします。
 
できるだけ早く冷ました方が煮汁の蒸発を抑え、濃い味になるのを防げます。
 
寒い時期なら、冷蔵庫より暖房の効いてない部屋や廊下、玄関付近の方が冷却力があると思います。
 
冬場、私は煮物など早く冷ましたい時は外に出します。
 
かなり早く冷めますよ。
 
冷蔵庫より冷蔵庫になります。
 
(鍋ごと外に出す場合はフタをします、熱が逃げやすいよう、少し隙間をあけて・・・)
 
一晩寝かせれば、煮物本体の濃い味が抜け、薄めた煮汁の味が浸み込んでいくので、食べごろの味加減になると思います。

「この煮物失敗したな・・・」

と思ったら、「作り直し法」を使ってみてください!

「昆布巻きの素」、確認が甘く申し訳ありませんでした・・・

なの花の味付け海苔和え

シャキシャキ歯ごたえ!春菊と椎茸のゴマからし和え

関連記事

  1. 「豚の角煮」鉄板レシピ!(後編)

    「極旨!簡単煮汁で豚の角煮」佐藤です。前回に引き続き、今回も「豚の角煮」を伝授しま…

  2. 【煮物の基本】里芋の旨煮

    佐藤です。今回は、「里芋の煮物」を伝授します。野菜の煮物を作る時、それぞれ下準備…

  3. 大根と厚揚げの煮干し出し田舎煮

    「下茹で」を気楽にする方法佐藤です。今回は、「”下茹で”、実は面倒ではない」という…

  4. 南瓜と大根の豆乳煮

    冷たいよりも”あったかい”佐藤です。今回は、「温かいお惣菜」を伝授します。…

  5. 牛すじ肉の煮込み③(3日目-保存方法)

    すぐにあり付ける酒の肴佐藤です。「3日に分けて気軽に作れる!牛すじ肉の煮込み」最後、3日目…

  6. 手羽先と春キャベツと 新玉ネギのくたくた煮

    「ほったらかしの自然の甘味煮物」佐藤です。野菜の自然の”甘み”を味わう簡単煮物」を伝授しま…

  7. 里芋と手羽元のやわらか田舎煮

    もっちり食感!1000回以上繰り返した煮物佐藤です。じゃが芋料理の定番「肉じゃが」…

  8. 鶏もも肉の土手焼き風

    間違いなく最高の酒のアテ!佐藤です。今回も「田楽みそ」を使って作れる味噌料理を伝授し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP