なの花の味付け海苔和え

「ズボラな「下味」究極メソッド」

佐藤です。

「失敗なし!確実に美味しく作れるちょこっと上品な野菜料理、その4」

「和え物の下準備の基本がマスターできる!なの花の簡単和え物」を伝授します。

今回の野菜料理からは、”乾物”から離れまして、生の野菜を使った料理です。

「なの花」。

あの苦~い春野菜。

本来の旬は、3月、4月。

でも、2月になるとスーパーの野菜コーナーに並びだします。

料亭さんの需要にあわせ種類によっては、12月下旬から並ぶところもあります。

春が近づく?

かなり寒いですが・・・

で、この「なの花」で簡単な”和え物”。

軟らかく湯がいて、よく水にさらし苦味を抜き、味付きの「韓国海苔」をクシャクシャに握りつぶしてなの花と和える。

これだけ。

めちゃくちゃ簡単にできる一品料理。

ちょっと変わった方法で下味をつけ、その下味に胡麻油や塩味が付いた香り強い「韓国海苔」の味をプラスする。

磯の香りも加わってあっさりで酒の肴になる和え物です。

程よい”苦味”が酒を誘う。

黒と緑で色合いも良く、ちょっと高級感もでます。

今回のレシピを熟読すれば、菜っ葉系の和え物の下準備の方法がマスターできます。

基本ですね。

なので、「ほうれん草」だろうが、「小松菜」だろうが、「水菜」だろうが、「春菊」だろうが、同じように使えます。

あなたは”和え物”を余裕で作れるようになる、片手間で出来る。

基本、菜っ葉系の和え物は、お吸い物を濃くした味の出し汁に浸け込んで「下味」をつけます。

時間がかかって結構めんどくさい・・・

が、レシピで伝授する”変わった下味のつけ方”は猛烈に簡単!

超!短時間で下味がしみ込みます。

菜っ葉を湯がいた後の水っぽい味を抑える”下味”は和え物を作るうえでかなり重要です。

水っぽい味=不味い!です。

その重要な”下味”が、時短で出来るわけです。

これは、筋金入りのめんどくさがりな私ならではのズボラな方法です。

でも、店の仕込みでも頻繁に使って実証済み。

効果は抜群です。

「水っぽさ」は、消え去ります。

私の中では、究極のメソッド(方法)だと思ってます。

あなたが「それ、どうやるの?」とちょっとでも思った場合は、すぐにレシピ見ておいてください。
↓↓

【材料】
菜の花・・・1束(200g)
韓国味付け海苔・・・5~6枚(3g)
濃口醤油・・・20cc
かつお削り節・・・3g(小パック1袋)
味の素・・・少々
塩・・・5つまみ

1、菜の花を湯がきます。
 
切る前にすぐに湯がけるよう鍋に湯を沸かします。(中火にしておく)

なの花が完全に浸かるくらいの量(約800cc)
2、なの花は、傷んでいる部分(葉)を取り除き、花の部分と太い茎の部分とを半分に切り分けます。
3、太すぎる茎の部分は縦半分に切ります。(熱の通りを均一にするため)
 
切れたらザルに入れておきます。
4、湯がいた菜の花を急冷するための冷水をボウルに準備します。
5、鍋の火を中火から強火にします。

塩を入れ、湯が完全に沸騰したらなの花をバサッと一気に入れます。
6、素早く菜箸で、なの花を広げ、表面に浮き出ているものは湯の中に押し込みます。
 
再沸騰してから、1分半湯がきます。
 
茎の部分を食べてみて軟らかければ火を止めます。(茎が柔らかければ花の部分は柔らかくなってます)
7、ガサッとザルにあけます。
8、すぐにザルごと冷水に入れて急冷します。(水道水も出し早く冷ますようにします)
 
(とにかく早く冷ましてください、綺麗な青色(緑色)を出すためです。冷ますのが遅いと気色悪い黄緑色になります)
 
このまま流水に15分さらして苦味を抜きます。(にがみが苦手な場合はさらに15分さらします)
9、流水にさらしている間に、濃口醤油にかつお節を加え混ぜておきます。
 
(これを菜の花に混ぜ込んで、水っぽさをなくすための下味をつけます)
10、なの花をザルに開けます。

なの花を少量つかんで両手で挟み、つぶれないようにジワ~っと握って水気を搾ります。

搾れたら、ボウルに入れます。(写真は片手ですが、両手でやると「力」加減を調節しやすいです)
11、全部搾れたら、(9、)のかつお醤油をなの花に回しながらかけてよく混ぜます。
 
均一に混ざったら(10、)と同じ要領で、なの花が吸い込んだかつお醤油を握って搾り出します。
 
(なの花に残っている水分と濃い味のかつお醤油が混ざり、薄く下味が付いた状態になります。水っぽい味がしなくなります、この方法は菜っ葉の和え物など全てに使えます)
12、韓国海苔をクシャクシャに潰して、なの花に混ぜ込みます。
 
よ~く混ぜたら、出来上がり!
13、小鉢に小高く盛りつけて完成です!
 
作ってみてくださいね。
 
韓国海苔に付いた胡麻油が隠し味のように香りとコクを出します。

下味でつける、かつおの風味も濃厚でほんのり苦味が酒を進ませます。

あっさり味の”なの花の和え物”。

なの花を湯がいて、下味つけて韓国海苔で混ぜるだけ、超簡単に作れます。

スーパーで”なの花”を目撃したらすかさず買い物カゴに入れ、是非作ってみてください!

一口でご飯が3口食べられる味! 軟らか!昆布巻き煮

煮物の作り直し

関連記事

  1. 菜の花と春キャベツの牛肉玉子とじ鍋

    三寒四温の中でなごり「鍋」佐藤です。今回から「春野菜の簡単鍋」を伝授します。…

  2. 菜の花と油揚げの濃厚胡麻和え

    ”お浸しのだし”って簡単なんです...佐藤です。今回は、春野菜を使って簡単な和え物一品を伝授…

  3. 【10分煮物!】菜の花と豚肉のたっぷりおろし餡かけ

    ★それほど、苦くは無いです...佐藤です。若干、温かさを感じる季節になってきました…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP