「単品食材のお手軽料理! カボチャの焼き浸し」

焼いて浸けるだけの極旨!一品

佐藤です。

今回の単品食材のお手軽料理は、「カボチャの焼き浸し」。

”ハロウィン”が近いということもあってカボチャ料理にしました。

そもそも、ハロウィンって何?何でカボチャ?という疑問があると思います。

簡単に説明しますと・・・

ハロウィンは秋の豊作を願うお祭り。

中央アジアから、ヨーロッパへ民族移動したケルト人がいます。

そのケルト人さんたちは11月1日を新年としていました。

豊作祭りと同時にあの世と現世の境がなくなる日とし、10月31日が前夜祭でもありました。

悪霊もうろついて、いたずらされないよう追い払うため、怖い顔にくり貫いたカボチャ仮面をかぶったり、焚き火をたいたりしたわけです。

日本では、ハロウィンの開催日は各地各イベントでまちまちですが、本来は10月31日が正しいようです。

で、何でカボチャなんですか?というと元々は「カブ」に穴を空けて火を灯していたんですね。

その様な習慣をもった人たちがヨーロッパからアメリカに渡ったときにアメリカはカボチャの収穫が多かったので「カボチャ」で行なうようになったそうです。

なので、「カボチャ」=「ハロウィン」です。

簡単に説明しましたが、本当はもっと奥が深い歴史あるお祭りです。

そんなわけで、10月31日は、「カボチャの焼き浸し」を作って下さい。

作り方は、簡単!

ほどよい厚みに切ったカボチャをフライパンで焼いて、パパッと割合で作れる濃口しょう油ベースの「浸し出汁」に浸けるだけ。

焼いて、出し汁に浸けるだけの極旨一品料理。

大根おろしと生姜おろしの薬味で食えばサッパリとさせてくれます。

濃口しょう油ベースの「浸し出汁」は天ぷらを食べる時の出し汁と同じもの。

今回のレシピをマスターしておけば「天出し」の作り方もマスターできます。

焼いて、出し汁に浸けるこの「焼き浸し」は、カボチャ以外でも、玉ねぎ、茄子、長芋、さつま芋、ズッキーニ、きのこ類など、多くの野菜で応用が利きます。

冷蔵庫に残っている野菜でササっと作れます。

食べた味は、天ぷらと同じ感覚ですね。

カツオの風味が効いて美味しいです。

では、応用ができやすい「焼き浸し」のレシピはこの先です。
↓↓↓

【材料】
南瓜(カボチャ)・・・80g
大根おろし・・・適量
生姜おろし・・・少々
オリーブ油・・・10cc(小さじ1杯)

《浸し出汁》
(出し汁(水)4:みりん1:濃口しょう油1)
水・・・30cc(大さじ2杯)
みりん・・・7cc(大さじ約1/2杯)
濃口しょう油・・・7cc(大さじ約1/2杯)
カツオ節・・・2本指でタップリ1つまみ

(粉カツオ節は使わずカツオ節をいれてます)

1、南瓜は、5mm幅で7枚に切ります。
2、南瓜1/4個分を横に二等分して、実の分厚いほうを切っています。
3、もし、5mm以上の幅で切ってしまったら”隠し包丁”します。

(包丁の先を使い、分厚い部分に切り込みを入れる「技」です、熱が通りやすくなります)
4、《浸し出し汁》を作っておきます。
 
鍋に水、みりん、薄口しょう油を合わせ強火にかけます。

(薄味が好みの場合は、出し汁(水)の割合を4でなく”5”にして下さい)
5、沸騰したら、2本指(親指、人さし指)でカツオ節を限界までつまんでぶち込みます。すぐに火を止め出来上がり。
6、南瓜を焼きます。
 
フライパンを強火で熱し、オリーブオイルを入れて熱くなったら、かぼちゃを焼いていきます
7、両面、焼き色付くまで3分くらい焼きます。
8、焼けた南瓜を器に盛って、再度温めた《浸し出し汁》をかけます。
9、大根おろし、生姜おろしを添えて完成です!

たくさん作りおきしておくのもOKです。
冷蔵保存で2~3日は持ちます

その場合は、割合を「出し汁(水)”5”:みりん1:濃口しょう油1」にして下さい。

浸けておくと濃い味に感じるので・・・・

10分あれば作れます。
是非!作ってみてください。

「単品食材のお手軽料理!長ひじきのチリソースドレッシング」

「単品食材のお手軽料!! 長茄子の焼浸し」

関連記事

  1. 鶏もも肉と舞茸&南瓜のワイン蒸し 山葵マヨネーズ

    フライパンで蒸し焼き3分!佐藤です。ビールのアテになる夏の一品!今回は、ちょっとこ…

  2. 南瓜と大根の豆乳煮

    冷たいよりも”あったかい”佐藤です。今回は、「温かいお惣菜」を伝授します。…

  3. 焼き野菜の玉子餡かけ丼

    野菜の美味しい食べ方は「〇〇」なんです...佐藤です。今回は、「ササっとで…

  4. 温まる、野菜だけの豆乳シチュー

    豆乳で作る自然の甘味のシチュー佐藤です。「乳製品は体に良い」と言われますが、栄養、…

  5. 六色野菜の彩り温サラダ

    寒い時に食べる「サラダ」佐藤です。寒くなると、「冷たいサラダ料理は何となく食べにく…

  6. ”割合”でお手軽煮物、柔らかかぼちゃの旨煮

    煮物が十八番料理になる方法佐藤です。今回は、煮物。”これ”さえ、覚えておけ…

  7. 野菜たっぷり和風タッカルビ

    じっくり加熱で野菜の旨味がジュワジュワと...佐藤です。今回、伝授したいレシピは、…

  8. 残り物野菜の具だくさん汁

    使いさし野菜を汁物にする簡単な味付け法佐藤です。今回は、「冷蔵庫に少しづつ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP