相性抜群!とろとろオムレツのじゃが芋あん

【おかず・一品料理】じゃが芋を茹でて潰し、軽く味つけしただけの簡単な「あん」をとろとろに仕上げたオムレツにかける!じゃが芋のまったりした味がオムレツとベストマッチします!

「20代の頃、食べ歩きで発見した…」

佐藤 周生です。

今回、伝授するのは、、、

「じゃが芋の餡のオムレツ」

です…

「餡」といえば、水で溶いた片栗粉でとろみを付けるのが基本ですが、

この「じゃが芋あん」は、水溶き片栗粉が不要…

なぜなら、勝手にとろみが付くから。

じゃが芋などのでんぷんの多い野菜はすりおろして加熱したり、加熱して冷やして潰すと粘りが出ます。

この粘りが「とろみ」になる。

そもそも「片栗粉」の原料が馬鈴薯。じゃが芋ですよね。

じゃが芋で餡を作ると勝手にとろみがついて当たり前といえば当たり前なわけです。

他にも「ポタージュスープ」でも潰したじゃが芋がベースになっているので、とろ~んとした高濃度スープになってますよね。

このように野菜の特徴を知っておけば、その特徴を利用した料理を自分で考え付くこともできるようになります。

野菜の様々な特徴を知ることも「料理の基本」といえますね。

で、そんな、じゃが芋あんのおすすめ料理が、

「とろとろオムレツのじゃが芋あん」

じゃが芋を茹でて、細かく潰し、水か出汁で伸ばして軽く味付け。

この時点でとろみが付いてますが、再度加熱して「じゃが芋あん」に仕上げます。

で、熱を通す過ぎないようにしたとろとろ仕上げのオムレツにそれをかけるだけ。

オムレツの簡単な作り方も紹介しているので、ご心配なく。

で、

この料理を思いついたキッカケがあるのですが…

大阪での修業時代(20代の頃)に休みになると繁華街(梅田・心斎橋・難波など)に出て食べ歩きをしていた時期がありました。

大阪は「食い倒れの街」ですから、右往左往するほどめちゃくちゃ店が多い。

その頃はまだ、給料少なかったので高いお店には入れず、安い居酒屋ばっかり行ってました。

でも、安いからこそアイディアで勝負しているお店も多い。

するとそのアイディアがすごく勉強になるわけです。

そんなアイディア料理の1つが「肉じゃがオムレツ」。

※これ↑はイメージです。もっと玉子がトロトロでした…

オムレツの中に肉じゃががたっぷり入ってる…

これがめちゃ美味しくて、今でも憶えているのですが、肉じゃがが美味しいからオムレツに入れても当たり前に美味しくなるというのではなく、

私の中では、じゃがいもと玉子の相性がバッチリに感じたのですね。

それなら、じゃが芋をソースみたいにしてかけてしまえば美味しくなるはず…

という発想で 「とろとろオムレツのじゃが芋あん」 を思いついたわけです。

試作して食べてみるとその発想は間違いありませんでした。

じゃが芋のまったりした食感と風味がオムレツとベストマッチ!

さらに美味しさの決め手になっているのが「ケチャップ」。

ポテトフライにはケチャップ、オムレツにも基本はケチャップ。

合わないはずがないです。

このケチャップが間違いなく、この料理の美味しさ10倍に跳ね上げていますね。

でも、ケチャップをオムレツに普通にかけるだけでは面白くないので、

こんなテクニックで見た目の美味しさも演出しています…
↓↓

【材料】(1人前)
卵…3コ

ケチャップ…大さじ3杯強(50g)
乾燥パセリ…少々(あれば)
油…小さじ1/2杯

【じゃが芋あん】
じゃがいも(小)…1コ(100g)
水(出汁)…70cc
みりん…小さじ1/2杯
淡口醤油…小さじ1/2杯
茹で水…150cc
塩…1つまみ

1,じゃが芋は皮を剥いて、1.5cm角に切り、ササっと水洗いしてザルにあけます。
2,鍋に水150ccとじゃが芋を入れ、強火にかけます。
3,沸騰したら、少し火を弱め(強火の中)茹でます。
4,水分が少なくなってきたら、弱火にして水分が無くなるまで茹でます。
5,じゃが芋を茹でている間に卵(3コ)をボウルに割り入れ、白身が見えなくなるまで混ぜておきます。
6,最後にかけるケチャップを線状にかけて綺麗な盛り付けにするため、

破れにくいナイロン袋に入れます。

ケチャップ(大さじ3杯分くらい)を袋の底の角に入れて下さい。
7,ケチャップが角に寄るように袋を結びます。このまま冷蔵庫で冷やす。

※(冷たくすると少し硬くなって盛り付けしやすい)
8,じゃが芋は水分が完全に無くなったら火を止め、潰します。木ヘラなどで叩いて潰します。

※もし、じゃが芋がまだ硬い場合は、水を足して軟らかくなるまで茹でて下さい。

※潰す際はできるだけ細かく。手間でなけば、裏ごしやザルで濾して下さい。
滑らかな「じゃが芋あん」になります。
9,潰せたら、水(70cc)を少しづつ加えます。

「少し加えたら混ぜる」を繰り返す。

※水ではなく、出汁を入れるとさらに美味しいです。
※じゃが芋が100gより大きい場合は水の量を少し増やして下さい。
10,みりん・淡口醤油(各小1/2杯)を加えて、「中火」にかけます。

※(9,)で水の量を増やした場合は、みりん・淡口もほんの少しだけ増やして下さい。
11,混ぜながら加熱。

沸騰したら「じゃが芋あん」の出来上がり!火を止めます。
12,盛り付ける器(少しくぼみがある平皿)を準備します。
13,フライパン(小)を強火で熱し、油(小1/2)を入れ30秒ほど熱したら、中火にします。

卵を全部入れます。
12,外側のかたまった玉子を内側に寄せながら加熱します。
13,6~7割かたまったら、弱火にして形を丸く整えます。
14,フライパンの奥側に寄せて、手前に1/3折りたたみます。
15,さらに折りたたんで、下側を少し加熱します。

※このように卵が固まり過ぎない状態でパタパタと折りたためば、上手くいくので「とろとろのオムレツ」はさほど難しくないと思います。
16,器に移して、楕円型に形を整えます。
17, 「じゃが芋あん」 を再度温め(温めればOK)、オムレツにかけます。

※真上からかけて、自然に手前と奥側に流れるようにすると綺麗な盛り付けになります。
18,ケチャップの角をハサミで切って穴を空けます。(先をほんのちょっと切る)

※大きく切り過ぎるとケチャップが太く出てしまうので、先を少しだけ切る。
19,画像のようにケチャップを線状にかけます。

※袋を強くつまみ過ぎるとたくさん出過ぎるので注意。はじめは加減が難しいです…
20,乾燥パセリをふって完成です!

玉子に「じゃが芋あん」をたっぷり絡めて食べて下さい。

「じゃが芋あん」のまったりした食感とじゃが芋独特の風味がオムレツとすごく合います。

そして、

「じゃが芋あん」は、片栗粉が必要ない「餡」ですので、とろみ加減の失敗も無く簡単です。

是非、作ってみて下さい。

ヘルシー!こんにゃくステーキ 和風牛肉ソース

野菜と豚バラの旨味!塩麹の和風ポトフ

関連記事

  1. 舞茸とピーマンの味噌炒め

    こっそり完食された野菜炒め...佐藤です。「きのこ類を使った秋らしい野菜炒め」を伝授…

  2. 揚げ豆腐とオクラの鶏そぼろあん

    ガッツリ!揚げ豆腐とオクラの鶏そぼろあん!今日も揚げ物です。「え~またかよ…」…

  3. 鶏もも肉と千両茄子の べっ甲餡かけ

    佐藤です。あなたのお住まいの地域は大丈夫ですか?私の住む岡山県は”台風”直撃です。…

  4. キノコまみれの柚香おろしのせ秋しゃけのフライパン焼き、あっさりポ…

    「味」の保証付き”しゃけ”料理佐藤です。「秋感じる、ボリューム鮭料理」を伝…

  5. 春キャベツと玉子の蒸し焼き

    今回は、「時短であっさりのおかず料理」を伝授します。佐藤です。飲み会など外食…

  6. 磯香る!若布と鶏肉のふわトロ玉子とじ

    磯の香りが濃厚な”生”を使ってみて下さい。今回は「若布」をメインに簡単!玉子料理を伝授します…

  7. 豆腐と椎茸のおろし餡かけ

    精進餡かけ料理!佐藤です。今回は、「肉、魚無し!野菜類だけで作る餡かけ料理」を伝授…

  8. 軟らかすぎる!豚肉ステーキ、 極旨トンテキ!

    超やわらか豚野郎軟らかすぎて、ビックリ!舌を噛み切ってしまいそうです…”ト…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP