「単品食材のお手軽料理、里芋の旨煮」

失敗しない煮物とは?・・・

佐藤です。

先日は寝不足で起きれず更新できませんでした。

失礼しました・・・

土曜日まで更新します。

今回は「蒸した食材の残りを煮物して日持ちさせる方法」を伝授します。

先日の単品食材のお手軽料理で伝授した「蒸し里芋」

これ、たくさん作り過ぎて食べられず、残ることもあると思います。

蒸しただけの状態で冷蔵保存するとあまり日持ちしません。

ベストの保存状態で3日。

3日間続けて「蒸し里芋」食うのもちょっと抵抗があると思いますし、冷たいので再度温めるのも面倒です。

(電子レンジで温めると加減を間違えればパサパサになり美味しくない、

電子レンジを使うこと自体、現在私はあまりおすすめしていません、体に対しデメリットがあるので・・・)

そこで!

残った蒸し里芋を日持ちさせ、なおかつ美味しく食べる方法があります。

それは「煮物」にする。

今まで何度も伝授してきた「割合」の煮汁で簡単にできる失敗しない方法の煮物。

煮物にして煮汁に浸けた状態(タッパなどに入れて)で冷蔵保存すると日持ち期間が延びます。

なぜ日持ちするようになるのかはまだ研究中で今は明確にはわかりませんが、

おそらく調味料が入ることで腐敗を防ぎ、長持ちするのだと思われます。煮物の日持ち期間、私の経験では最長7日間。

汚れた箸を煮汁につっこんだりすると菌が入って傷むのが早いのですが、ちゃんと保存すれば冷蔵庫で4~5日は日持ちします。

さらに「割合」の煮汁で簡単にできる失敗しない方法は、同じ味のままで煮汁量を調節できます。

その時、その人によって蒸し里芋の残り量(数)は変化しますよね?

残り量が変われば煮汁の量も変えなければなりませんが、「割合」で作る煮物の方法を使えば里芋の量(数)が変わっても安定した美味しい味付けが可能です。

味は美味しく安定させたまま、煮汁量を調節できるというわけです。

煮物は煮汁の「割合」と煮汁の全体量を間違えなければ失敗することはないです。

あと、あなたが煮物をしながらテレビに夢中になり、煮物を忘れて焦がしたりしなければ失敗はないです。

これは私が実際、調理場で今も使っている方法です。

この方法で煮物を作ってお客さんに「旨い!」と言わせています。

残った蒸し里芋を日持ちさせ、美味しくする煮物の方法、レシピで詳しく説明します!
↓↓↓

【材料】
残った”蒸し里芋”
(やわらか蒸し里芋のレシピは⇒こちら

《煮汁》
”出し汁12:酒1:みりん3:薄口醤油1”の割合
(薄味が好みなら出し汁を”14”にして下さい)

煮汁を「おたま」で1杯、2杯・・・と数えて鍋に入れる。

里芋の量によって”おたま”の大きさを変えたり、割合を半分に変えたりして”煮汁量”を調節します。

今回の場合は、蒸し里芋13個に対し、約30ccの「おたま」で計って丁度いいくらいでした。
(煮汁は残ったら捨てるので焚き上がった時、できるだけ少ない方が理想です。今回の場合ちょっとだけ多かったです)

100%ピッタリにあわせるのは難しいので”だいたい”でOKです。

ですが、「割合」だけは絶対に崩さないで下さい
味のバランスが変わってしまいます。

1、里芋に塩が付いているので、ササっと洗い流し、水気をきります。
2、鍋に蒸し里芋を入れ、「おたま」で水を12杯入れます(ボウルに溜めておく)。

(カツオ出し汁がある場合は水を出し汁に変えて使います)
 
この時点で水(出し汁)が異常に多いなと感じる場合は、

一度水をボウルに戻します。
 
(煮汁は焚くと2/3~半分近くまで煮詰まるので、里芋が完全に煮汁に浸かっていて少し多いくらいを目安に判断してください、少ないよりは多いほうが失敗しません
 
で、「多すぎるな」と感じる時は「おたま」を1サイズ小さくする。または割合を半分にして計り直す。
 
(割合を半分とは”出し汁6:酒0.5:みりん1.5:薄口しょう油0.5”にするという意味です)
3、次に酒1杯、みりん3杯を加えます。(半分の割合なら半量です)
4、薄口しょう油1杯も加えます。
5、沸騰してきたら中火(泡がポコポコ出て里芋がゆ~らゆ~ら揺れるくらいの火加減)にします。お使いのコンロによって弱火になる場合もあります。
 
灰汁(あく)をすくい取り、このまま15~20分焚きます。

(蒸して軟らかくなっている里芋なので煮崩れしないよう少し短めに焚きます)
6、15~20分焚いたら出来上がり! 火を止め、最後アクをすくい取ります
7、器に4個、2個、1個で積み上げて盛り、煮汁をかけて完成です。

(残りはおかわり用で・・・または明日食う!)
 
柚子があれば、おろし金ですりおろしてふりかければ、風味がでてさら美味しくなります。
 
(人間の脳は香りを一番に察知して”美味しい”と感じるので、料理に香りをつけてあげる事も美味しくする”コツ”の1つです)

煮物にして煮汁に浸けた状態で冷蔵保存すれば、3~4日日持ちします。(私の経験では最高1週間です)

煮物にすることは保存期間を増やす方法でもあります。

蒸し里芋が残ったら、是非”里芋の旨煮”にして食べて下さい。

サツマイモ、長いも、じゃが芋、かぼちゃ(これは瓜ですが・・・)など芋系なら、どれでも応用可能です。

【素材を楽しむ一品】やわらか蒸し里芋

「単品食材のお手軽料理、あっさり小豆の旨煮」

関連記事

  1. シャケとさと芋の白みそ汁

    「旨い」と言わない、美味しい味噌汁!?佐藤です。”ズズズっ”っと飲んで、…

  2. 【煮物の基本】里芋の旨煮

    佐藤です。今回は、「里芋の煮物」を伝授します。野菜の煮物を作る時、それぞれ下準備…

  3. 里芋衣かつぎ

    蒸し器いらない蒸し料理蒸すだけ簡単、酒の肴料理を伝授します!佐藤です。この…

  4. 【素材を楽しむ一品】やわらか蒸し里芋

    蒸すだけで最高の芋々食感!単品野菜のお手軽一品佐藤です。今回は、秋の旬の野菜『里芋…

  5. 里芋と手羽元のやわらか田舎煮

    もっちり食感!1000回以上繰り返した煮物佐藤です。じゃが芋料理の定番「肉じゃが」…

  6. モチモチ食感!里芋の塩ゆで

    茹でるだけで美味しい里芋料理佐藤です。芋料理ってたまに食べたくなりませんか?…

  7. 炙り海老と里いもの簡単煮物

    中国産は、避けておいしい煮物佐藤です。「さといも」は、煮物にするのが一番おいしい野…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP