鶏もも肉のターメリックマヨネーズ焼き

『アルツハイマーを予防する香辛料!?』

佐藤 周生です。

今回は、

「香辛料を加えて健康一品を作る方法」を伝授します。

カレーを作る時に使うカレー粉の中に「ターメリック」という黄色い香辛料があります。

ウコン、って知ってますよね?

ターメリックは、英語でウコンのことです。

ショウガ科ウコン属の多年草。

なので、生姜の仲間。

見た目も生姜によく似ていて、中身は、生姜よりも濃い黄色をしています。

これがカレーの色のベースになっているわけです。

ウコンは、世界中に50種類くらいあって実は、日本では江戸時代から使われていました。

タイ、中国から沖縄に伝わり、江戸後期にはかなり盛んに出回っていたようです。

で、ウコンと聞くと、コンビ二などに栄養ドリンクとして売っているので何となく”二日酔い防止の薬”みたいな感じですが、”二日酔い防止”以外にも素晴らしい健康効果があるのですね。

ターメリックの黄色は、クルクミンという成分。

これ、抗酸化作用の強いポリフェノールの一種。

なので、免疫力向上になり、様々な病気の予防にもなります。

白内障の予防、リウマチの症状を抑える、心筋梗塞を抑える、切り傷など怪我の治癒の促進などあらゆる効果があります。

また、最近では、アルツハイマーの予防になり神経保護の効果もあるとされています。

で、料理としては、香辛料ではありますが、辛味は無い。

なので、様々な料理に使いやすいです。

このターメリックを料理に組み込むことで健康的な一品にすることができます。

ターメリックは、粉末ですので、肉や魚にふりかけるだけで風味が増し、黄色に色づけができて見栄えも楽しめます。

そして、美味しい。

が、料理としてはもう1つもの足りない仕上がりになります。

そこで、こんな調理法で美味しくする…

「鶏もも肉のターメリックマヨネーズ焼き」

マヨネーズにターメリックを混ぜて、肉や魚に塗り付けて、焼く。

今回は、鶏もも肉で作ってみました。

鶏もも肉に塩コショウで下味、グリルで焼いたのち、ターメリックマヨネーズを塗って再度ササっと焼く。

シンプルですが、マヨネーズをちょいと加えるだけ、コクが加わり、物足りなさを克服することができます。

食べやすいおかず一品であり、ターメリックの効果で健康的な一品にもなっています。

香辛料が苦手な方でも、辛味が無いので手軽に食べて頂けると思います。

試食の際、思ったのは、クセのある
「”青魚”にも合う調理法である」ということ。

肉は、豚、鶏、牛。

魚もおそらくどんな種類でも上手くできると思います。

ターメリック、ウコンを加えた健康一品を考えてみて下さい。

今回のレシピは、アイディアのほんの一例です。

見ておいて下さい。
↓↓↓

【材料】
鶏もも肉…250~300g
玉ねぎ…1/2コ
塩…2つまみ分
コショウ…少々
ターメリック…小さじ2杯

【ターメリックマヨネーズ】
マヨネーズ…大さじ2杯(約20g)
ターメリック…小さじ2杯

1、玉ねぎ(1/2コ)は、繊維に沿って5mm幅に切ります。
2、切った玉ねぎをアルミホイルに均等に広げ、ターメリック(小さじ2)を全体にふります。
3、グリルで、4~5分焼きます。(中火)

焼けたらバットなどに取り出しておきます。
4、鶏もも肉に切り込みを入れます。

皮側は、包丁の刃先で20箇所ほど刺しておきます。
5、身のほうは、切り込みを入れて肉の厚みが薄くなるようにします。

(熱を通りやすくする)
6、6等分に切り、塩(2つまみ分)、コショウ(少々)を両面にふります。
7、鶏肉をグリルで焼きます。中火で、約6分焼きます。

(片面焼きの場合は、裏表5分づつ焼いて下さい)
8、鶏肉を焼いている間に【ターメリックマヨネーズ】を作ります。

ボウルにマヨネーズ(大さじ2)とターメリック(小さじ2)を入れてよく混ぜておきます。
9、鶏肉は、皮に焼き目が付いたらOK。
10、焼けた鶏肉を(3、)の上にのせ、(皮を上にして盛る)、

【ターメリックマヨネーズ】を1つ1つに塗ります。
11、再度グリルで焼きます(強火)。

少し焼色がつけば出来上がり!

(1分~1分半)
12、平皿に紙などを敷いて(滑り止め)(11、)をのせます。

もしあれば乾燥パセリなど青ものをふって完成です。

(アルミホイルの端を折り曲げて器のようにしてあります)

ターメリックは、ウコンです。

肝機能向上はもちろん、免疫力をアップさせてくれます。

ターメリックのような香辛料で作れる健康一品も

是非、覚えてみて下さい。

スパスパ切れる「包丁の研ぎ方」

大葉香る!牛しゃぶと玉ねぎのマリネ風

関連記事

  1. 本場!鹿児島さつま汁

    お母ちゃん直伝!本場、鹿児島さつま汁佐藤 周生です。私の母親は、九州、鹿児島、宮城(みやの…

  2. 「コリコリ大根のけんちん汁」と、 「鶏むね肉のピカタ風おかずサラ…

    ★冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ2品献立 その5切干大根をそんなところに・・・佐藤です。…

  3. じゃが芋の豚バラ巻 串焼き べっこう餡かけ

    【いつも行くお店は、すぐに思い出せますよね?】健幸料理家 佐藤周生です。今回は、「…

  4. 鶏もも肉とレンコンの照り焼き

    『”照り焼き”といっても2つの調理法があります・・・』佐藤 周生です。今回は、「鶏…

  5. ホタテの塩野菜炒め

    【貝毒で144人死亡…】健幸料理家 佐藤周生です。今回は「ホタテ貝で作る”塩”野菜…

  6. 脂のりのり!美味しい秋刀魚の選び方

    【やっぱり脂がのったサンマは美味い!】今回は、レシピではないのですが、今が旬の美味…

  7. 銀シャケのカツオ香るオーロラソース焼き

    いつもと違う「焼き魚」が食べられる!以前、ご紹介したことがある私のオリジナルレシピ集、…

  8. 「焼き魚をいつもより美味しく食べる方法」

    お手軽炭焼き!インスタントコンロとは?佐藤です。今回は、「焼き魚をいつもより美味し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年2月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
2526272829  
PAGE TOP