鶏もも肉のグリルステーキ キムチタルタル

【おかず】鶏もも肉をグリル焼きして、キムチとお酢が入ったタルタルソースをかけるだけ!後味サッパリで消化もいい肉料理です!

『タルタルソースにこの一工夫…』

佐藤 周生です。

今回は、

「あっさり味で食べられて、消化にも良い鶏肉ステーキ」を伝授します。

私、健康講座に参加して下さっている方には、

「肉や魚は体の負担になるので食べないようにしましょう!」
「果物・生の野菜をたくさん食べましょう!」

と言っているので、正直、ブログやメルマガで肉や魚のレシピを紹介しにくいです…

(果物・生野菜を多く食べる必要がある理由を知りたい場合は、私の健康講座に参加して下さい…)

ですが、やはり夕ご飯の料理としておすすめする場合は、肉・魚の料理はおかずにしやすい。

また「肉料理や魚料理が好き」という方も多いので、

今後もブログやメルマガでは、肉・魚の料理は時々?頻繁に?紹介していきます。

でも、「できるだけ体に良い料理になれば」と思い、こんな鶏肉料理を考えました…

『鶏もも肉のグリルステーキ キムチタルタル』

鶏もも肉をグリルで焼いて(フライパンでもOK)、マヨネーズにキムチ・炒り玉子・刻みネギを加えた「キムチタルタルソース」をかけて食べる肉料理!

このタルタルソース、お酢を少し加えますから、通常のタルタルソースよりさっぱり味。

肉料理にしてはコッテリ感が少なく食べやすいです。

で、「体に良い料理」にするためにタルタルソースに「キムチ」と「お酢」を加えてあるのですが、これによって消化に欠かせない「酵素」を補強できるわけです。

要は発酵食品を加えて酵素がプラスされ、鶏肉の消化を良くしているということ。

ちょっとした工夫で消化の悪い肉・魚が消化しやすくなる。

サラダにも酵素を含むので、肉料理に添えることでもその効果になりますが、肉魚にはそれプラスアルファの酵素が必要です…

ただ、スーパーの「キムチ」と「お酢」は、ほとんどの場合、実際には発酵してないので「酵素」の効果は期待できません。

「本物の発酵食品」を使うことが必須ですね。

(※これについても私の健康講座に参加して頂ければ、詳しく学べて本当の「発酵食品」が選択できるようになります)

『鶏もも肉のグリルステーキ キムチタルタル』

は、とにかく美味しいので、試して頂きたい!

レシピです。
↓↓

【材料】(1人前)
鶏もも肉…1枚(300g)
塩…少々
付け合せサラダ…適量

乾燥(粉)パプリカ(あれば)…少々

【キムチタルタルソース】(2~3回分)
白菜キムチ…30g
卵…1コ
刻みネギ…大さじ2杯分
マヨネーズ…50g
酢…小さじ1杯(5cc)

コショウ…少々

1、【キムチタルタルソース】の「炒り玉子」を作ります。

ボウルに卵(1コ)を割入れ、白身が見えなくなるくらいまで混ぜておきます。
2、フライパンで溶いた卵を焼いて炒り玉子にします(油は敷かない)。

焼けたらフライパンをコンロから外して自然に冷まします。

※細かい粒にする。
3、鶏肉を焼きます。

両面に20ヶ所くらい、切り込みを入れて熱が通りやすいようにします。
4、軽く塩(2つまみ)をふってグリルの網にのせ、弱火で8~9分焼きます。(両面焼きグリル)

※片面焼きの場合は、表6分、裏4分の順で焼きます。
5、鶏肉を焼いている間に【キムチタルタルソース】を作ります。

白菜キムチ(30g)は、粗いみじん切りにします。
6、炒り玉子が冷めたらボウルに炒り玉子、キムチ、刻みネギ(大2)を入れ、、マヨネーズ(50g)、酢(小1)、コショウ(少々)も加えてよく混ぜたら出来上がり。

※刻みネギはしっかり水分をとっておく。
7、鶏肉は少~し焦げが付くくらいに焼き色が付けばOK。

※熱が通っているか、心配な場合は中央に包丁で切り込みを入れて、透明な肉汁が出れば中まで熱は通ってます。

濁った肉汁が出た場合はあと数分焼いて下さい。もしくはグリルの中に入れたまま余熱で加熱して下さい。(7~8分)
8、まな板に取り出し、1cm幅に切ります。
9、平皿に付け合わせサラダを小高く盛って(奥側)、手前に鶏肉を盛ります。

キムチタルタルソースを大さじ2杯分くらい鶏肉にせます。(横一文字にのせると綺麗)
10、サラダにお好きなドレッシングをかけて、鶏肉に乾燥パプリカ(あれば)をふって完成です!

キムチタルタルソースで後味がさっぱりする鶏肉のグリルステーキ!

食べ応えがあり、おかずになる一品ですね。

是非、作ってみて下さい。

知らない野菜ほど挑戦して欲しいです…

クラゲと胡瓜の山葵酢みそかけ

関連記事

  1. 鶏もも肉のネギ味噌焼き

    脂分の多い料理は、なぜ濃い味付けにするのか?佐藤です。今回も、『玉みそ』を使って作…

  2. 「コリコリ大根のけんちん汁」と、 「鶏むね肉のピカタ風おかずサラ…

    ★冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ2品献立 その5切干大根をそんなところに・・・佐藤です。…

  3. 厚切り豚バラ肉と玉ねぎの和風ステーキ

    老舗の激ウマ和風ステーキソース佐藤です。私は、高校2年の夏、地元で繁盛店のステーキ…

  4. 鶏もも肉の梅みそ焼き(梅みそ長芋添え)

    【病を生み出す体の酸性化をおさる調理法】健幸料理家 佐藤周生です。今回は、「健康効…

  5. 簡単!サワラのワイン味噌漬け、西京焼き

    味噌に洋酒を??佐藤です。今回は、「ちょっとだけ手間をはぶいて簡単に作れる…

  6. ちょいピリ辛!キムチチャーハン

    隠し味で旨味倍増の香ばしチャーハン佐藤です。今回は、「ちょっとピリ辛だけど旨味がた…

  7. きれいな照りが出る!鶏もも肉のくわ焼き

    上手な照り焼きの”コツ”佐藤です。”照り焼き”を上手に作る”コツ”を伝授します。…

  8. さば缶とズッキーニのマヨチーズ焼き

    【必須栄養素が摂れる「さば缶」でこんな料理ができます!】「さばの缶詰め」、ストックしてます…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年6月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  
PAGE TOP