具だくさん! そーめんチャンポン

佐藤です。

和の職人なら必ず熟知している、

「極上そーめんの湯がき方」

を、伝授します。

梅雨明けすると、一気にクソ暑い
が夏が到来します。

日本人の夏食といえは、

やっぱり「そーめん」です。

細くて食べやすいので
ツルツルっと食えます。

が、

これ、湯がく時、意外に
失敗します・・・

吹きこぼさないよう微妙な
火加減にするのが難しく、
湯がき過ぎたそーめんを
食う破目になったり、

コンロからちょっと離れた隙に
吹きこぼれて大惨事になったり・・・

ですが、

私がお伝えする、

「極上そーめんの湯がき方」

を、マスターすれば湯がき過ぎること
も、吹きこぼすこともありません。

それどころか、

硬い芯の残らない絶妙の湯がき加減
のそーめんにできます。

最高の状態のそーめんが食えるの
です。

その湯がき方とは、

”ビックリ水を入れながら湯がく”
です。

”ビックリ水”とは、そーめんを
湯がきはじめて沸騰したら、
ぶち込む「水」のことです。

これ、入れると沸騰が一時的に
おさまります。

再度沸騰してくるまでジワジワ~ッと
そーめんに熱が入るので、

芯のない硬くも無く、柔らかすぎない
そーめんに湯がき上がります。

この方法は、和の職人さんたちが
お客さんに最高のそーめんを食って
もらうために受け継いできた伝統的な
方法です。

そーめんといえば冷た~い料理を
想像すると思いますが、

今回のお伝えするそーめん

「具だくさん!
そーめんチャンポン」

は、温っかいそーめんです。

「にゅーめん」ともいいます。

にゅーめんをボリュームがあり、
ガッツリ食えるようにアレンジ
しました。

「長崎のチャンポンめん」のような
肉、野菜などの具がタップリの
そーめんです。

このレシピの中で、そーめんが
のびないようにする”コツ”も伝授して
います。

どんな”めん類”にも使える”コツ”です。

すぐに、湯がき方にフォーカスした
レシピを目撃して、

「極上そーめんの湯がき方」

と、

「そーめんがのびないようにする
”コツ”」

を、

あなたの料理メモに書きなぐって
下さい!

↓↓↓

【材料】
そーめん・・・1束
豚細切れ肉・・・50g
ちくわ・・・小1/2本
カニかまぼこ・・・20g
キャベツ・・・100g
玉ねぎ・・・1/4個
もやし・・・1/4袋
人参・・・10g
ピーマン・・・中1/2個
刻み海苔・・・適量
サラダ油・・・5cc
【そーめん出し汁】
水・・・300cc
みりん・・・30cc
淡口しょう油・・・30cc
かつお出しの素・・・2g
おろし生姜・・・少量

(出し汁10:みりん1:淡口しょう油1)
の割合の出し汁です


1、材料を切ります。
(皮を剥く野菜は先にむいて
おきます。)
・キャベツは、3cm角に切り、
玉ねぎは、5mm厚のスライスに。
・ピーマンは、2cm角に切ります。
・人参は、細い方から薄く輪切りに
します。
・もやしは、水洗いして水気を切って
おきます。
・ちくわは、斜めの5mm厚に切ります。
・カニかまは、粗ほぐしにします。
豚肉は、大きい場合、手で適当に
ちぎります。

 


2、ボウルに氷水を用意します。
鍋に多めの湯を沸かします。
強火で沸騰したら、そーめんを
ばらしながら入れます。
菜箸で素早くそーめんをほぐして
混ぜます。

 


3、再度沸騰して、拭きこぼれる前に
水を50ccくらいザーッと入れます。
(これがビックリ水です。沸騰を抑えます)
これを、3回繰り返します。
(火加減は強火のままで)

 


4、3回目の水を入れて沸騰してきたら、
ザルにあけます。

 


5、素早く流水をかけて冷まします。
少し冷めたら、手でそーめんを洗い
ながら、さらに冷まします。

 


6、ある程度冷めたら、氷水でキンキンに
冷します。
その後、水気をきっておきます。

 


7、「そーめん出し汁」を作ります。
そーめんを湯がいた鍋を洗って、
【そーめん出し汁】の水、調味料を
合わせます。
おろし生姜も入れます。
沸騰前に火を止めます。

 


8、次に豚肉類、野菜類を炒めます。
フライパンに火をつけ、
サラダ油を入れます。
強火で熱して、熱くなってきたら
豚肉、人参を入れ炒めます。

 


9、人参が少し軟らかくなったら
玉ねぎ、ピーマンを入れさらに
強火のまま炒めます。

 


10、キャベツ、もやし、ちくわ、カニかまも、
ぶち込んでフライパンをゆすりながら
炒めます。

 


11、全体に混ざったら、【そーめん出し汁】を
入れます。

 


12、強火で焚きます。
キャベツが柔らかくなったら、
火を止めます。

 


13、【そーめん出し汁】を作った鍋に、
(12、)の出し汁だけを入れます。
強火にかけ、沸騰したら水気をきった
そーめんを入れます。
(沸騰してから入れることで
そーめんがのびるのを防げます)
そーめんも盛る器を用意します。

 


14、再度沸騰したら、器に
出し汁とそーめんを入れます。

 


15、さらに野菜類もぶち込んで、
刻み海苔をのせたら完成です!

「極上そーめんの湯がき方」

を、マスターすれば絶妙の湯で加減の
そーめんを楽しめます。

今日は、

「具だくさんそーめんチャンポン」

作ってみて下さい!

0

シャケバター焼き 濃厚にんにくしょう油タレ

大豆と手羽元の和風チャップ煮

関連記事

  1. 豪快!炙り豚スペアリブの旨み濃厚キムチ鍋

    佐藤です。今週は、私のおススメ「”肉”の鍋」 を5回にわたって暴露し…

  2. タコと春菊のガーリック炒め【動画あり】

    佐藤です。「簡単で病み付きになる酒の一品」今回は、「タコと春菊のガーリック炒…

  3. 人気メニュー量産の思考法

    新しい商品を考えてはいけない!?今回は、飲食店関係の方に役立つ情報をシェアしたいと思います。…

  4. 胡麻まみれのマグロ丼 (あっさり旨だし胡麻タレ)

    佐藤です。「あっさり旨だし胡麻タレのマグロ丼」を伝授します。27歳の春、…

  5. ガッツリ牛肉!温玉のせチョイ辛すき焼き鍋

    王道「鍋」をちょっとアレンジするだけでおかず「鍋」に!佐藤です。温かい岡山県でも、さすが…

  6. ブリの柚香焼き【動画あり】

    佐藤です。今回料理は、どんな魚も美味しくなるミラクル漬け焼きタレで作る「ブリ…

  7. ニラまみれのシャケ 濃厚みそ鍋【リンクあり】

    佐藤です。今回は、「『玉みそ』を使って作れる! みそ鍋」を伝授します。…

  8. 料理で困ったことはありませんか?

    コメント書き込みで選べるプレゼント!佐藤です。今回は、ちょっとお願いがあります...…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP