肉豆腐のとろっとろ 胡麻風味あんかけ

【おかず・酒の肴】茹でて温めた豆腐と牛肉をフライパンで焼いて、簡単にできる変幻自在の「餡」をかけるだけ!冬に欠かせない「餡かけ料理」の一品です!

変幻自在の『餡(あん)』とは?

佐藤 周生です。

今回は、

『誰でも簡単に幅広くあんかけ料理が作れるようになる「餡(あん)」』

を伝授します。

極寒の冬は「あんかけ料理」がかかせません。

カラダをぽかぽか温めてくれる料理の1つ。

餡かけ料理と言えば、「とろ~ん」とした餡(あん)が決め手ですが、

この餡がかかった料理というのは、不思議と美味しそうに見えますよね。

あのとろみ感から「熱々で食べられるおいしい料理に違いない」とイメージできるからでしょうか…

そんな「餡かけ料理」が、何十種類も簡単に作れる方法があります。

それさえ憶えれば、「野菜」「肉」「魚」どんな食材でも変幻自在に美味しい餡かけ料理にできる。

焼いたり、揚げたり、蒸したりして、その「餡」をかけるだけで豪華な料理にできます。

特別な技術など不要。

その方法とは?

たびたびお伝えしている『割合』で憶えてしまう方法。

『餡』も煮物の煮汁と同じように一定の割合(比率)で出汁と調味料を合わせるだけで美味しくできるのです。

そのベストの割合は、「10:1:1」です。

「出10(8):みりん1:濃口しょう油1」

もし、濃い味が好みだったり、揚げる食材の場合は「8:1:1」でもOK。

いま、「なるほど、またいつか作ろう」なんて思ってませんか?

それだと忘れてしまうので、今すぐメモして下さい。

応用としては濃口しょう油を淡口しょう油に代えれば、上品な仕上がりになります。

出汁は、水に粉カツオ節を加えた簡単な出汁で大丈夫。(ティーパックで取った出汁などでもOK)

この割合で出汁と調味料を合わせ、沸騰させ水溶き片栗粉でとろみをつければ、様々な餡かけ料理ができる、

変幻自在の「餡」があなたにも出来るってことです。

例えば、こんな餡かけ料理ができる…

★「揚げ茄子のあんかけ」
大きめにきった”茄子”を少量の油で揚げて、『あん』をかける。

★「蒸し豚のあんかけ」
豚肉を蒸して「あん』かけるだけです。
おろししょうがを入れると1ランク上の味になります。

★「焼サワラの野菜あんかけ」
『餡』に玉ねぎ、きのこ、三つ葉などの野菜を加えて「野菜あん」に。
これをグリルでササっと焼いたサワラにかけます。

★「和風天津飯」
中華料理店に行けば、食べられる天津飯。
あの天津飯の『餡』も「10:1:1」の餡で作れます。カツオ出汁なので和風になります。

このように、ほぼどんな食材にもマッチしてしまうのが、

「出汁10:みりん1:濃口しょう油1」の『餡』です。

ということで今回は、この『餡』で簡単餡かけ料理を伝授!

「肉豆腐のとろっとろ胡麻風味あんかけネギまみれ」

です。

豆腐を茹で、フライパンで焼き目を付け、牛肉もパパっと焼いて「10:1:1」の『餡』をかけるだけ。

とてつもなく簡単です。

で、今回の『あん』はコクを加えるため、ごま油を少量入れています。

胡麻の風味で、牛肉の臭みも抑えられる。

さらにネギをたっぷり加えるので、豆腐との相性も抜群です。

それでは、作り方です!
↓↓

【材料】(1人前)
牛肉もも肉スライス…80g
もめん豆腐…1/2丁(150g)
白ネギ…1/5本(20gくらい)
刻みネギ…大さじ1杯分
ごま油…小さじ2杯(10cc)(豆腐を焼く時の油)

【胡麻風味あん】
★餡の比率【出汁10(8):みりん1:濃口しょう油1】
水…150cc

粉カツオ節…小さじ1杯
みりん…大さじ1杯(15cc)
濃口しょう油…大さじ1杯(15cc)
ごま油…小さじ1/2杯
水溶き片栗粉…20cc(片栗粉8gと水12cc)

1、まず、簡単な”白髪ネギ”の切り方を伝授しておきます。

白ネギの根元を切り落とします。

根元から、長く斜めに刻んで、輪の長い輪切りにして下さい。

これだけで白髪ネギができます。
2、白ネギの先の緑のところも同じ要領で刻みます。少量でOK
3、ササっとすすぎ洗いして、水気をしっかりきっておきます。

※冷蔵庫で冷やせばシャキッとなります。
4,もめん豆腐(1/2丁)は、しょう油汁で茹でて温めます。

鍋に水(400cc)を入れ強火にかけ、濃口醤油(大さじ1杯)を加え、沸騰したら豆腐を入れて5分茹でます。
5、豆腐を茹でている間に「胡麻風味あん」を作ります。

鍋に水(150cc)、粉カツオ節(小1)、みりん・濃口しょう油(各大1)を合わせ強火にかけ、沸騰したら弱火にします。

水溶き片栗粉20cc(片栗粉8gと水12cc)をよく混ぜ、少量ずつ入れます。

玉じゃくしで汁を混ぜながら加えれば上手くいきます。

とろっとした「とろみ」がついたら、さらに混ぜながら1分煮込んだら出来上がり。

火を止めます。

※餡は冷めると「とろみ」が弱くなってくるのですが、煮込んでおくと濃度が長続きします。
6、豆腐を5分茹でたら、取り出し水分をきります。

フライパンを強火で熱し、ごま油を敷き、30秒ほど熱したら豆腐を入れ焼きます。

強火で焼いて、両面に焼色が付けばOK。器に盛ります。
7、フライパンは洗わず(油も入れない)、続けて牛肉を焼きます。

赤い部分がなくなる程度で、すぐ火を止めます。

※焼きすぎると硬くなる
8、豆腐の上に焼いた牛肉をのせます。
9、再度、「胡麻風味あん」を温めます。

ごま油(小1/2)と刻みネギを加えて混ぜておきます。
10、肉豆腐にかけます。
11、白髪ネギをのせて完成です!

「出汁10(8):みりん1:濃口しょう油1」

この割合を覚えて、餡を作って下さい!

ちくわときのこの玉子とじ、 ガッツリ!にゅうめん

やわらか食感! 鶏ささみ肉の和風サルサ

関連記事

  1. 熱々!餡かけ豚平焼き

    何でも”餡かけ”であっさり!?佐藤です。今回は、「居酒屋のコッテリ一品をあっさり…

  2. 豆腐と椎茸のおろし餡かけ

    精進餡かけ料理!佐藤です。今回は、「肉、魚無し!野菜類だけで作る餡かけ料理」を伝授…

  3. あっさり!具沢山!「もつ鍋」

    ”もつ鍋”は、お家でも簡単に美味しくできる!佐藤 周生です。今回は、「黄金…

  4. 胡麻香る!”焼き”出し豆腐

    【焼き”出し豆腐とは?】佐藤です。今回は、「フライパンでできる、揚げだし豆腐」を伝…

  5. さばのキノコ揚げ出し餡

    【揚げ出しは魚でも旨い!!】今回は、揚げ出し豆腐の豆腐を魚に変えた「揚げ出しサバ」を伝授し…

  6. ”とろみ”のつけ方のコツ

    秘密のテクニック!とろみのつけ方とは?佐藤です。今回は、「とろみのつけ方の…

  7. 長芋とろろ蒸し 肉そぼろ餡

    【とろろ芋を蒸して餡をかけるだけ】健幸料理家 佐藤周生です。今回は「長芋をベースに…

  8. タラとしめじの蓮根かぶせ蒸し! 春菊餡かけ

    心で食する・・・餡かけ蒸し物料理佐藤です。今回の料理は、「心が”ホッ”と休まる、蒸…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2024年4月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP