かぶの豆乳ポタージュ

【スープ】かぶと豆乳で本格ポタージュスープ!とろみが絶妙!かぶの甘みがカラダに滲みる!

【レシピは完璧ではない!?】

今回は「素材の味を生かしたポタージュ」を伝授します!

佐藤 周生です。

「ポタージュ」と言えば、トロッとしたスープを想像すると思いますが、

実は「ポタージュ」というのはフランス語でスープ全般のことを指します。

なので、「ポタージュスープ」という言い方では「スープスープ」になり、間違った言い方…

ついでにいえば、韓国の辛い鍋、「チゲ鍋」も言い方がおかしい…

なぜなら「チゲ」=「鍋」だから。

チゲ鍋では「鍋鍋」になってしまうわけです。

みんな知らないから恥をかくことはないでしょうが、本当は間違っていると覚えておいて下さい。

なので、「○○のポタージュスープ」ではなく、

「○○のポタージュ」という言い方が正解。

ちなみにとろみの強いポタージュは「ポタージュ・リエ」といいます。

日本ではそれが略されて「ポタージュ」となったのではないかと。

ということで、

今回のおすすめは、旬の野菜「かぶ」を使ったポタージュ…

通常、じゃが芋のポタージュなど、じゃが芋に玉ねぎを加えたり、数種の野菜を組み合わせることが多いのですが、

今回はあえて「かぶ」のみ。

かぶは甘味が強く、特に加熱するとそれが引き立ちます。

その甘味をいかしたポタージュに仕上げました。

少しバターを加えてコクを足し、牛乳の代わりに「豆乳」。

あっさりだけどほんのりコクがあり、ベーコンの燻製風味も加わって、

一滴残らず飲み干してしまう味になってます。(ベーコンは無添加を…)

作り方も簡単!

バターで「かぶ」とベーコンを軽く炒め、水を加えて茹で、やわらかくなったら汁ごとミキサーでペースト状に。(ミキサーが無くてもOK。詳しくはレシピで)

豆乳を加えて塩・コショウで味付けするだけ…

「かぶ」という素材の味をそのまま楽しめるスープですね。

私、試作で3回作ったのですが、買ってきた「かぶ」(産地が異なる)で仕上がりの味に差が出ました。

どんなレシピでも同じですが、素材が変われば味も変わる…

レシピ通りに作っても美味しくならない料理というのは、そこの問題もあると思います。

レシピは100%完ぺきではないということですね。

やはり、若干の味の微調整は必要。

とはいえ、「かぶの豆乳ポタージュ」の場合は、塩加減の調節だけでOK。

難しくないのでご安心を。

お好きな味の濃さに仕上げて下さい。

おすすめは若干薄味。

なぜなら「かぶ」のそのまま味…甘みと風味を味わって欲しいから。

あまり濃い味にするとそれが分かりにくくなりますので。

味見した時に「ちょっと薄いかも…」と思ったところで、味を足すのをストップしたほうがいいです。

味見で薄いと思っても、食べた時は丁度いいと感じるものです。

味見の時と実際に食べる時の口に含める量が違えば、感じ方も変わりますから。

「ちょっと薄いかも…」で丁度いい感じになると思います。

では、レシピを見て下さい!
↓↓

【材料】(1~2人前)分量備考
かぶ(中)1/2コ(350g)
ベーコン(厚切り)50g・無添加のベーコン
・豚バラ肉で代用可
豆乳100cc
300cc
バター5g
小さじ1/2杯
コショウ少々できれば黒コショウ
乾燥パセリ(飾り用)あれば少々
1、かぶ(350g)は厚く皮を剥き3等分に切り分け、7mm幅で切ります。
2、ベーコン(50g)は、5mm幅の角柱に切ります。
3、中くらいの鍋を弱火にかけ、バター(5g)を入れて溶かします。

バターが溶けたら、ベーコンを加えて中火で炒めます。
4、2分ほど炒めたら「かぶ」を加えて、バターを絡めるように炒めます。
5、1分ほど炒めたら、水(300cc)加えて強火にします。
6、沸騰してきたら、中火にしてアクを取ります。

※アクは2~3回取ればOK。
7、蓋をして、5~6分茹でます。
8、かぶに串を刺して力を入れずに貫通するくらいにやわらかくなっていればOK。

火を止めます。
9、ベーコンを取り出します。

※ベーコンは出汁取り用なので、廃棄してもいい。

※使いたい場合はフライパンで乾煎りしてカリカリにする。
10、かぶと茹汁は、少し冷めたらミキサーに入れます。

※画像ではフードプロセッサーを使ってます。

※ミキサーが無い場合は、「12、」の工程に飛んで下さい。(ザルの中で潰して濾す)
11、滑らかなるまで、ミキシングする。

※かぶは繊維質が多いので長めに。
12、ザルなどで濾して鍋に入れます。

※ミキサーしても繊維が残るので、濾したほうがいい。

※ミキサーが無い場合は、ここで茹でた「かぶ」をザル内で潰して濾す。(茹で汁も合わせる)
13、鍋を中火にかけ、豆乳(100cc)を加えます。
14、塩(小2)、コショウ(2ふり)を加えます。

※画像の赤い物は塩です。(岩塩)
15、よく混ぜ、味見して丁度いいようなら出来上がり!

火を止めます。

味が薄いようなら、塩を少々を加えて下さい。
16、ベーコンを使う場合は、フライパンで乾煎りします。(弱火で20分くらい)

※焦げないよう混ぜ続ける。
17、カリッとなれば、できあがり!
18、器に盛って、中央にカリカリベーコンをのせ、乾燥パセリをふって完成です!

「かぶ」その物の味…甘みと独特の香りを堪能できるポタージュです。

じゃがいもとはまた違った味で楽しめます。

少し応用としては「玉ねぎ」を加える…(かぶといっしょに茹でる)

甘みが増して、美味しいです。

是非、作ってみて下さい。

豚小間だんごのみそ豆乳鍋

じゃが芋の豚バラ巻 串焼き べっこう餡かけ

関連記事

  1. 高野豆腐と小松菜としめじの合せみそ汁

    高野豆腐と小松菜としめじ、秋の味噌汁佐藤です。いつも作る「味噌汁」に飽き飽きしてま…

  2. 渡りガニの風味が濃厚な味噌汁

    独特の風味を楽しめる15分の潮汁とは?佐藤です。今回は、「風味が濃い!魚系みそ汁」を伝…

  3. ガッツリ!やわらか鶏ムネ肉のケチャップ煮込み、野菜スープ仕立て

    軟らか鶏むね肉がおかずのスープ?佐藤です。「鶏むね肉を軟らかく煮る方法」を伝授します。鶏の…

  4. 鯛のかぶらおろし鍋

    簡単なのに高級な味の一人鍋!佐藤です。「基本の鍋出汁」を、ちょっと応用するだけで、…

  5. 豚ロース肉とたっぷり野菜の酒蒸し 味噌ダレ

    「こんなに変わる!薬味の重要性」佐藤 周生です。今回は、「豚ロース肉と野菜を蒸すだ…

  6. 手羽先入り!濃厚旨だし「おでん」其の1

    気楽な”おでん”じっくり「味」が滲み込ます。2日かけましょう …佐藤です。…

  7. かぶとエリンギのHOTサラダ ツナまよソース

    【栄養素たくさん摂るなら「蒸す」が最適!】今回は、「蕪(カブ)を使った温かサラダ」を伝授し…

  8. 運を招く!年越し蕎麦

    「運を呼ぶには「ん」を食べましょう!?」佐藤 周生です。今回は、「運を呼び寄せる年…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2023年2月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728  
PAGE TOP