”力”が入る包丁テクニック!

【包丁技術】硬い食材って切りにくいですよね?でも、ちょっと包丁の「握り方」を変えるだけで硬い食材でもスパッ!と切れるようになりますよ!

劇的に変化!包丁のにぎり方

ほんのちょっとのことで劇的に変わる包丁の”技”その1を伝授します。

佐藤 周生です。

今回はレシピではありませんが、料理で最も重要な「切る」という作業で役立つ「マル秘技」を伝授します!

で、突然ですが「切る」作業でこんな経験は無いですか?

例えば、大根、人参、じゃが芋など硬いものを切る時…

「硬くて切りにくい!」
「上手く切れない … 」

これ、解決する方法があります。

まず、

「切りにくい」、「上手く切れない」の原因の一つに、「包丁に”力”が入っていない」「包丁の刃に力が伝わってない」ということがあるのですね。

包丁というのは基本的には、”力”を入れずに食材の上に包丁の刃をおいて滑らせれば、綺麗に切れるものなのですね。(包丁を研いで有り、切れる状態で)

が、大根、人参、じゃが芋など硬いものを切る時は、ある程度の力が必要。

硬い食材には力を加えないと、やはり滑らせて切ることができません。

その”力”を刃に伝える、”力”がはいりやすい包丁の『にぎり方』、包丁のにぎる”位置”というのがあります。

それは、

”包丁の「柄」の一番上の部分をにぎる”

です。

上の画像のように親指と人差し指は、刃を挟むのでは無く、

「柄」の上部を挟んで握るといいです。

別の表現でいえば、刃元に一番近い位置の「柄」を握ると刃元に全体的に力が入りやすくなります。

で、硬い食材を切る時というのは、”刃元”で切ると切りやすい…

この握り方というのは、自然と”刃元”に力が入るわけですね。

それで包丁が、ぐらつかず、”スパッ”と切れるわけです。

めいいっぱい力を入れて握る必要はありません。

切る瞬間だけ少し”グッ”と力を入れればOKです。

このにぎり方は、特に洋包丁(万能包丁)に有効です。

多くの方がご家庭で使っている三徳包丁のこと。

私、新米調理師の頃、この「にぎり方」を先輩に伝授されて以来、硬いかぼちゃがスムーズにスパッと切れるようになり、仕事が早くなりました。

(※和食は主に片刃の和包丁を使いますが、大きくて硬い食材を切る時は洋包丁を使うこともあります)

毎回「切りにくいな~」と思いながら切っていたので、にぎり方を変えただけでストレスがなくなったわけです。

是非、この包丁の「柄」の上をにぎる方法を取り入れて、

硬い食材をスパスパと切って下さい!

鶏むね肉のチーズピカタ

包丁の先に力が入る! 不思議な方法

関連記事

  1. ”手羽先”を食べやすいサイズにスパッと切る秘術

    繁盛焼鳥店オーナー直伝!佐藤です。今回は、「手羽先を食べやすく、料理しやすい大きさ…

  2. 魚、基本の三枚おろし(前編)

    今、流行の魚...佐藤です。今回は、「基本の魚の三枚おろし」を伝授します。…

  3. 包丁使いの上達法!

    包丁の上達目指すなら、使い方云々の前にやるべきこと佐藤です。「包丁」は、料理を作る…

  4. まな板が99%汚れないズボラな切り方

    「まな板が汚れない”ズボラ”な簡単技!」佐藤です。今回は、「菜っ葉類など切る時、ま…

  5. 魚、基本の三枚おろし(後編)

    『腹、背、背、腹』とは?佐藤です。前回に引き続き、「魚、基本の三枚おろし」を伝授し…

  6. スパスパ切れる「包丁の研ぎ方」

    「私には関係ない!?、包丁の研ぎ方」佐藤です。今回は、「文化包丁(家庭用包丁)の研…

  7. 濃厚胡麻タレの贅沢マグロ丼

    ヤクザ!?から教わった「マグロ丼」佐藤 周生です。「あっさり胡麻タレのマグロ丼」を…

  8. 快感的!時短!玉ねぎの皮の剥き方

    「快感!時短!の剥き剥き玉ねぎ」佐藤です。私は普段から、「どう伝えたらあなたの料理…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP