”力”が入る包丁テクニック!

劇的に変化!包丁のにぎり方

ほんのちょっとのことで劇的に変わる包丁の”技”その1を伝授します。

佐藤です。

あなたは…

普段の料理作りで大根、人参、じゃが芋など硬いものを切る時に、

「硬くて切りにくいなぁ」
「なぜか、上手く切れない … 」

と思ったことはありませんか?

それを解決する方法があります。

「切りにくい」、「上手く切れない」の原因の一つに、
「包丁に”力”が入っていない」
”包丁の刃に力が伝わってない”というのがあります。

包丁を使う時は、”力”は入れず食材の上に包丁の刃をおいて滑らせて切るのが”基本”です。

が、大根、人参、じゃが芋など硬いものを切る時は、ある程度の力は必要です。

硬い食材には力を加えないと、滑らせて切ることができません。

その”力”を刃に伝える、”力”の入る包丁の『にぎり方』、包丁のにぎる”位置”があります。

それは、

”包丁の「柄」の一番上の部分をにぎる”

です。

上の↑写真のようにできるだけ「柄」の上の部分をにぎるといいです。

別の表現でいえば、刃元に一番近い位置の「柄」をにぎると”刃”に力が入ります。

特に硬いものを切る時は、”刃元”で切るのが有効です。

このにぎり方は、”刃元”にすごく力が入ります。

包丁が、ぐらつかず、”スパッ”と切れます。

力いっぱい”にぎる”必要はありません。

切る瞬間に少し”グッ”と力を入れてにぎればOKです。

このにぎり方は、洋包丁(万能包丁)に有効です。

私は、新米調理師の頃、この「にぎり方」を先輩に伝授されて、かぼちゃがスムーズに切れるようになり、仕事が早くなりました。

「切りにくいな~」と毎回思っていたストレスがなくなりました。

あなたも、包丁の「柄」の上をにぎる方法を取り入れて、硬い食材をスパスパ切ってください!

鶏むね肉のチーズピカタ

包丁の先に力が入る! 不思議な方法

関連記事

  1. アボガドを綺麗に切る方法

    「とろろ芋料理の前にコレを先に・・・」佐藤です。先日、「基本のとろろ芋を使った料理…

  2. ”邪道!刺身切り”誰でも できる刺身を綺麗に切る方法

    その刺身!魚屋にボッタくられています!佐藤です。「刺身」のことを関西では「造り(つ…

  3. ”手羽先”を食べやすいサイズにスパッと切る秘術

    繁盛焼鳥店オーナー直伝!佐藤です。今回は、「手羽先を食べやすく、料理しやすい大きさ…

  4. 乱れて切ってますか?

    佐藤です。先日に引き続き、「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」を伝…

  5. 包丁使いの上達法!

    包丁の上達目指すなら、使い方云々の前にやるべきこと佐藤です。「包丁」は、料理を作る…

  6. 料理をおいしそうに見せる包丁テクニック!

    『「板わさ」を高級に見れる方法』佐藤 周生です。今回お伝えする「包丁テクニック」を…

  7. 野菜の端っこが無駄なく切れる方法

    「野菜を無駄なく使える!」その方法とは・・・佐藤です。今回は、「野菜の端っ…

  8. ぶりカマのウロコを綺麗に取る方法

    ウロコはこんな方法で綺麗に取れます...佐藤です。今回は、「ぶりカマのうろこを綺…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年1月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP