鯖そぼろと炒り玉子の二色丼

【どんぶり】鯖の味付き缶詰を使って簡単どんぶり!鯖缶がそぼろになりますよ!たったこれだけで...

パクリ寿司の具材でした…

佐藤 周生です。

今回は、

「鯖缶の”味付き”を使ってできる簡単どんぶり」を伝授します!

これまでに、サバの水煮缶を使ったレシピは、お伝えしたことがあるのですが、

”甘辛く味が付いたタイプ”のサバ缶レシピは紹介したことがありません。

以前、読者さんから、

「味付けのサバ缶でできる料理はありませんか?」

と、ご要望があったので、今回はそれをご紹介しようと思います。

醤油味やみそ味が付いた鯖缶を別の料理にアレンジするのは、ちょっと難しいのですね…

なぜなら、ヘタに味を変えるとかえって不味くなるから。

できるだけ、そのまま使う方がいい。

(変えたほうが美味しくなることもありますが…)

そこで私が考えた方法が、「”そぼろ”にする」でした。

・・・・・・

大阪で最後に働いたお店を退職する1年前のことでした。

新メニューとして「お寿司」を出すことになり、具材、味付け、盛り付けなど
私が全面的に担当することに…

で、どんな寿司を売り出そうかと考えていたところ、社長が提案してきたのが京都丹後の某有名な和食店のばら寿司。

シャリと具材を交互に重ね、二層なった10cm角の四角い寿司…

間に挟んでいる具材が鯖のそぼろ。

一番上にも鯖のそぼろをのせ、その上に錦糸玉子や海苔、蒲鉾をのせ綺麗な色合が特徴のばら寿司でした。

社長は「佐藤君、これ真似しよう!」と言い出し、

「マジで… 盛り付けめんどくさ! 」と思いながらも話はどんどん進んで、私が全部作ることに…

この時、はじめて青魚でそぼろを作りました。

タイとかタラの白身魚をそぼろの要領で調理し、赤色で色付けすると巻き寿司でも使う、あの甘~い「でんぶ」になります。(海老で作ると”そぼろ”といったりします)

これは何度か作ったことがあったので、鯖で作っても同じ、それほど難しくはないだろうと…

ですが、やはり青魚なので、臭みが強く味付けでちょっと苦労しました。

試行錯誤を繰り返し、全体の味のバランスも考えて、従業員みんなから太鼓判をおされるほど美味しくできたのですが、

結果的には思ったより売れませんでした…(ちょっと高かったかも)

いい経験になりましたけど。

そんな経験があったので、味付きの鯖缶でも同じように「そぼろ」にできるのではないかと。

で、ちょっと試しにフライパンで作ってみたら、めちゃ簡単にできました、

「鯖のそぼろ」。

3~4分、フライパンでほぐしながら煮詰めるだけ。

簡単すぎで呆気に取られました…

”そぼろ”といえば、「丼にできるな」と玉子と合わせて、「鯖そぼろと炒り玉子の二色丼」を考え付きました。

炒り玉子も、溶き卵をフライパンに流し入れ、ぐるぐる混ぜるだけ。

3分で綺麗な炒り玉子ができます。

あとは好きなだけご飯をよそって半分鯖そぼろ、半分炒り玉子で綺麗に盛り付ければ、あっさり味の魚のそぼろ丼が味わえます。

肉のそぼろよりあっさりしているので食べやすかったです。

詳しいレシピ…といいますか、簡単過ぎるレシピを見て下さい。
↓↓

【材料】(1~2人前)
味付けサバ缶…1缶
卵(L玉)…2コ
濃口醤油…小さじ1杯
胡麻…小さじ2杯

刻み海苔…少量
ごはん…お茶碗1杯分

できるだけ添加物の種類が少ない「味付け鯖缶」がおすすめ。

1、ボウルに鯖を入れ、木ヘラなどで粗ほぐしにします。

2、缶詰の煮汁を舐めてみて、薄いようなら少し濃口醤油を加えて下さい。(小さじ1杯)
反対に濃い味なら、煮汁は捨てて水と酒を少量加えます。
(ほとんどの缶詰は甘みが強いので、甘みを足す必要はないです)

3、フライパン(鍋)に(2、)を入れ、中火にかけます。

4、プツプツと沸いてきたら、弱火に

5、木ヘラで混ぜほぐしながらがら、3~4分を目安に煮詰めます。

6、水分がなくなり、鯖にしっとり感が残っている程度で火を止めます。
胡麻を小さじ2杯分入れます。

7、ボウルなどに移しかえておきます。

8、卵(2個)をボウルに割入れ、混ぜます。

9、きれいに洗ったフライパンを中火にかけ、卵を流し入れます。
(油は入れなくてOK)
菜箸などですぐに混ぜます。
(甘い玉子が好みなら、砂糖を少量入れて下さい)

10、固まってきたら、弱火に。しっかり混ぜて細かい炒り玉子にします。

11、丼にごはんを入れ、平らします。半面に炒り玉子を敷き詰めます。

12、残り半面はに、鯖そぼろを敷き詰める。

刻み海苔をのせて、完成です!
 

鯖のそぼろは、煮詰めすぎるとパサパサになり、ふりかけのようになって
しまうので加熱しすぎに注意して下さい。


あえて、ごはんのお供として「ふりかけ」にしてしまってもいいですが…
(これはこれでおいしいです)
↓↓

イワシサンマの味付け缶詰でもできると思います。

丼としては、色合い的に青色(緑)が入ると綺麗なので、インゲン豆や
キヌサヤを刻んで三色丼にするのもいいですね。

是非作ってみて下さい。

牛すじ肉でこんな料理もできます…

ひき肉だしのつけ和そば

関連記事

  1. 海老とせりの旨だし玉子とじ

    「何度も何度も作った”玉子とじ”」佐藤 周生です。今回は、「応用利きまくる!玉子と…

  2. 簡単!温玉の作り方

    「手作りしたほうが安いです...」佐藤 周生です。料理のトッピングで使うとボリュー…

  3. 美味しさ増す!薬味ごはんのカツオ叩き丼

    「鼻をつまんでコーヒー飲むと...」夏、終わりますね...佐藤 周生です。…

  4. 豪快!海鮮キムチ納豆丼

    「納豆」苦手なあなたへ佐藤です。今回は、「頬張って食べたくなる刺身とキムチと納豆の…

  5. 銀鮭のいんげん玉子蒸し、だし浸し

    蒸し料理に蒸し器は必要なし!?佐藤 周生です。今回も読者さんから頂いた質問にお答え…

  6. 極ウマ!とろ~り熱々!和風天津飯

    ひつこく伝授したい「飽きない丼物」佐藤です。先日、「天津飯を上手く作るには?」とい…

  7. 豚肉と焼き豆腐のふわふわ玉子とじ

    フライパン1つでふわふわ玉子料理佐藤です。「残りもの食材で作れて、フライパン1つで…

  8. 濃厚野菜!エビ野菜ソースの創作オムレツ

    「栄養野菜ジュースが料理に変貌!?・・・」佐藤です。今回は、「”濃縮野菜ジュース”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年9月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930  
PAGE TOP