ゴボウまみれのふんわり玉子と豚バラ肉の柳川風

佐藤です。

今回は、

「食物繊維の摂取は、女性だけの問題ではない」

という話です。

あなたが、

「食物繊維は、女性が通じを改善するために摂るだけことだろ」

と、もしそういう概念をお持ちなら、あなたの体は、かなり危険です。

巷の健康雑誌にも「お通じ良くするために食物繊維を摂取しましょうね」

などと軽々しく語っています。

が、

そんな軽々しい問題ではないのです。

食物繊維は、簡単にいうと腸を活発にぜん動運動させ
排便を促す効果を出すものです。

普段の食事で食物繊維を意識的に摂取することを怠っているなら、

あなたの腸は汚染されています。

数十年、働き続けているあなたの腸の中には、
排便しきれていない宿便がベッタリと張り付いています。

これが、あらゆる病気を引き起こします。

全ての病気の根源とも言われてます。

これを無視しておくと、

現在、何の病気も患ってなく、健康だとしても確実に
近い将来何らかの 症状が出ます。

気付いてないだけですでに、見えない症状が出ている可能性もあります。

が、

今回の話を聞き入れて少しでも概念を変えれば、大病になることを回避できます。

それは意識して、

『食物繊維を摂取すること』

です。

特におすすめの野菜は、

ゴボウです。

他の野菜と違い水溶性食物繊維と不溶性食物繊維の両方を
兼ね揃えており、含有率自体も他の野菜より勝っています。

なので、腸のぜん動運動が活発になり、排便効果が強くなります。

そこで、食物繊維を摂取するのに伝授したい料理が、

「ゴボウまみれのふんわり玉子と豚バラ肉の柳川風」

です。

主役のゴボウと卵と豚肉の材料とフライパン一つあれば、簡単に作れます。

詳しいレシピは・・・
↓↓

【材料】
豚バラ肉スライス・・・100g
(4cm幅にカットしてあるもの)
ゴボウ・・・80g(1/2本)
卵(L玉)・・・2個
粉山椒・・・少々

【柳川出し汁】
割合「出し汁6:酒1:みりん1:濃口醤油1」
水・・・120cc
みりん・・・大さじ2杯と小さじ1杯(40cc)

酒・・・大さじ1杯と小さじ1杯(20cc)
濃口醤油・・・ 大さじ1杯と小さじ1杯(20cc)
粉カツオ節・・・小さじ2杯

1、ゴボウは、笹がきゴボウにします。

ゴボウを流水で手でこすりながらしっかりドロを落とし、綺麗に洗います。

皮は、旨味があるので剥きません。

皮の表面に5mm間隔で縦に切り込みを入れます。
回しながら、線を入れるように深く切りこみます。
2、ボウルにザルをはめ込み、水を入れておきます。

ピーラー(皮向き)で表面を鉛筆を削るようにそぎます。

削った笹がきゴボウが少したまったらザルの中に浸水します。
(アクが強く真っ黒になるのですぐ水に浸けます)

ピーラーで削りにくくなった小さいゴボウは、包丁で薄く刻みます。
3、水にさらします。

2~3回、水ですすいでアクをある程度ぬいた後、5分ほど流水にさらします。
その後、水気をきっておきます。
4、小さいフライパンに【柳川出し汁】の水と調味料を合わせ、強火にかけます。
5、沸騰したら、笹がきゴボウを加えます。

3分、強火でグツグツ焚きます。
6、笹がきゴボウを焚いている間に、卵をボウルに割り入れ、混ぜます。

白身が少し見える程度で混ぜるのを止めておきます。
7、ゴボウを少し食ってみて軟らかくなっていれば豚バラ肉を投入。

さらに焚きます。
8、豚肉が白くなって完全に熱が通ったら卵をフライパン全体に回し入れます。

隙間を埋めるように少量ずつ入れると綺麗にできます。
9、玉子が6割程度固まったら、器に滑らせるように移しいれます。

できるだけ、形を崩さないように移し入れます。
10、粉山椒をふって完成です!

激熱のうちに食うのが一番おいしい食べ方です。

「ごぼう」で食物繊維をしっかり摂取し、腸を綺麗にしましょう。

腸が綺麗になれば何をするよりも健康を保てます。

簡単にできる今回の料理がおすすめです。

是非作ってみて下さい!

冬瓜の旨煮と厚切り豚バラ肉の べっ甲餡かけ

シャケバター焼き、濃厚にんにく醤油タレ

関連記事

  1. 茄子の豚バラ巻き 甘酢だれ

    料理の「巻く」作業は、実は簡単!?佐藤です。今回は、「茄子と豚バラ肉を使った甘酸っ…

  2. ガッツリでかい!和風あんかけ軟らかハンバーグ

    料理作りを定期的に”楽”する方法佐藤です。今回は、「定期的に料理を楽して作る方法」…

  3. オリーブ焼さつま芋とインゲン豆の 食物せんいたっぷり玉子サラダ…

    「実は、そのサラダ・・・・」佐藤です。今回は、「普通のサラダを”食物せんい”タップ…

  4. 相性抜群!とろとろオムレツのじゃが芋あん

    「20代の頃、食べ歩きで発見した...」佐藤 周生です。今回、伝授するのは、、、…

  5. 野菜出汁の混ぜ和そば

    「微妙な季節に対応する【そば料理】」佐藤 周生です。薄着で過ごせる季節になってくる…

  6. 「キノコまみれのガッツリ茶碗蒸し」&「豚肉とエリンギ炒め、たっぷ…

    ★冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ2品献立 その1「ズボラ茶碗蒸しで温まる...」佐藤です…

  7. 香ばし豆腐ステーキの豚肉甘辛だれ

    豆腐に合う絶妙味の「生姜タレ」佐藤です。「豆腐、大好き!」という方は、毎日でも豆腐食べたい…

  8. 【鍋】豚肉とネギの玉子とじ旨塩だし鍋

    「塩分控えましょう!」は嘘!?佐藤です。今回は、「塩味ベースの簡単”だし鍋”」を伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP