満腹!キノコの豆腐あんぶっかけ蕎麦

【麺料理】蕎麦に味付けした潰し豆腐をかけた「ぶっかけ蕎麦」!豆腐の滑らか食感とボリュームで満腹感もあり、温蕎麦でも冷蕎麦にもできる万能な蕎麦料理です。

『ゆでめんは一度茹でたほうがいい理由』

佐藤 周生です。

今回は、「温蕎麦、冷蕎麦どちらでもいけるぶっかけ蕎麦」を伝授します。

1年通して、簡単な晩めしになる「麺料理」は欠かせませんよね。

さらに「ゆで麺」使えば、茹でる時間も無くせますから、つゆとかトッピングに手を加える時間ができます。

そこで、おすすめのそば料理がこれ、

『キノコの豆腐あんぶっかけ蕎麦』

しめじと油揚げをササっと焚いてトッピングに。

そして、豆腐を半丁使い、潰して味付け。「豆腐あん」にします。

これらをつゆをかけたゆで蕎麦にのせる…

豆腐あんとしめじ・油揚げのトッピングでボリュームのある満腹感抜群の「ぶっかけ蕎麦」!

で、「ぶっかけ蕎麦」といえば、つゆを直接、蕎麦にかけるわけですが、秋の涼しさがある時期にキンキンに冷たいつゆをかけた蕎麦はちょっと食べにくい場合もある…

なので、つゆを熱々でかけるわけです。

そうすれば、ぶっかけ「温蕎麦」として食べることもできます。

もちろん、そばも温めてOK。

そんな万能なことができるのが、

『キノコの豆腐あんぶっかけ蕎麦』

ですね。

今日は「めんで済ますか…」という時に作って頂きたい。

肉・魚類を加えてないので、全体的にあっさり味。

先日、私の弟が久々に帰って来たので、この蕎麦を試食で食べて貰いました。

「あっさりで食べやすくて、満腹感がすごいな」

と高評価。

お腹膨らませるにはピッタリの麺料理になると思います。

レシピ公開です!

あと「ゆでめん」は茹でてあるのでそのまま食べることもできますが、

「一度茹でてから食べるほうが美味しくなる理由」もレシピの中で話しています…
↓↓

【材料】(1人前)
ゆで蕎麦…1玉(冷凍でもOK)
しめじ…1/6袋(30g)
油揚げ(正方形 大)…1/4
刻みネギ…少量

【豆腐あん】
もめん豆腐…1/2丁(150g)
淡口醤油…小さじ1杯~1杯半
砂糖…小さじ1杯
胡麻油…小さじ1/2杯

【しめじ・油揚げの煮汁】
割合「出汁8:みりん1:濃口醤油1」
水…大さじ8杯
粉カツオ節…小さじ1杯
みりん…大さじ1杯
濃口醤油…大さじ1杯

【そばだし(つゆ)】
割合「出汁4:みりん1:濃口醤油1」
水…大さじ4杯
粉カツオ節…小さじ1杯
みりん…大さじ1杯
濃口醤油…大さじ1杯

1,豆腐(1/2丁)は、器などで重石をして水分を抜けきます。
2,【そばだし(つゆ)】を作ります。

鍋に水(大4)、粉カツオ節(小1)、みりん・濃口醤油(各大1)を入れます。
3,沸騰したら火を止め、冷ましておきます。

※温かい蕎麦にする場合は、最後に作って下さい。(先に作ると冷めてしまうので)
4,しめじと油揚げの煮物を作ります。

しめじは根元を切り落とし、大きいしめじは半分に裂いておきます。
5,油揚げは、熱湯をかけて油抜きし、しっかり水分を搾り出しておきます。
6,油揚げは、縦2~3cmの長さで5mm幅に切っておきます。
7,【煮汁】を合わせます。

鍋に水(大8)、粉カツオ節(小1)、みりん・濃口醤油(各大1)を合わせます。
8,煮汁が沸騰したら、しめじ・油揚げを入れ、中火にして焚きます。
9.5分ほど焚いて、煮汁が1/3なったら出来上がり。火を止めます。

このまま自然に冷まします。
10,水分を抜いた豆腐は、ザルで濾します。(指で押し込んでボウルに入れる)

※裏ごしをお持ちの場合は、裏ごしして下さい。
※フードプロセッサーなら滑らかな豆腐あんができます。
11, 淡口醤油(小1~1半)、砂糖(小1)、胡麻油(小1/2)を加えてよく混ぜたら、

「豆腐あん」のできあがり。
12,蕎麦は、温めます。

※冷し蕎麦で食べる場合も、一度温めた(加熱)ほうが澱粉が軟化して食感がよくなります。

※ゆでめん全般、冷めたままでは澱粉が硬化しているので、粉っぽく感じます。
(焼きそば(うどん)など炒める場合は、直接入れてOK。加熱すれば軟化します)
13,冷やし蕎麦で食べる場合は、冷してから器に盛ります。

温蕎麦の場合は丘上げして(水分きる)器に盛ります。
14,豆腐あんを蕎麦にのせます。
15,そばだしを横からかけて(豆腐あんにかけない)、しめじ・油揚げをザルで水分(煮汁)をきって、豆腐あんの上にのせます。

刻みネギをのせて完成です。

※「温蕎麦」で食べる場合は、盛り付ける直前に「そばだし」を作って熱々をかけて下さい。

冷たくしても、熱くしても美味しい、「豆腐あん」でボリューム感が楽しめる「ぶっかけ蕎麦」です。

肉・卵・魚介類を加えるとさらにボリュームが出て美味しいです。

是非作ってみて下さい。

サッパリおかず!豚もも肉の和風酢豚

さば缶とズッキーニのマヨチーズ焼き

関連記事

  1. 生ホタテの炙り刺身

    『疲れ顔の大将直伝!炙ると旨い貝の刺身』佐藤 周生です。今回は、「魚介を炙って食べ…

  2. さばのキノコ揚げ出し餡

    【揚げ出しは魚でも旨い!!】今回は、揚げ出し豆腐の豆腐を魚に変えた「揚げ出しサバ」を伝授し…

  3. ジャコ柚子かぶらの塩こうじ和え

    病み付きになる!”塩こうじ”の酒のアテ佐藤です。今回の料理は、「ジャコ柚子…

  4. 香る!秋刀魚のグレフル風味の漬け焼き

    秋を感じる風味豊かな焼き魚佐藤 周生です。和食では、秋になると定番としてお店で必ず…

  5. あっさり!キノコまみれの鶏肉だんご鍋

    「うんちくは必要なし!キノコをまったりと味わう鍋...」【材料】(1人前)鶏肉だんご...…

  6. 骨まで食べられる!さんまの山椒煮

    骨まで食べられる!山椒の効いた秋刀魚の煮物佐藤です。「常備”酒の肴”、骨まで食べられる!…

  7. 「キノコまみれのガッツリ茶碗蒸し」&「豚肉とエリンギ炒め、たっぷ…

    ★冷蔵庫の残り物で作る!ガッツリ2品献立 その1「ズボラ茶碗蒸しで温まる...」佐藤です…

  8. いりこ(煮干し)とレンコンの磯揚げ

    天つゆとは違う「旨だし」とは?佐藤です。今回は、「だしを取った後のいりこを使った”…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年11月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  
PAGE TOP