逃げ回る調理師

佐藤です。

今日は、レシピの紹介ではありませんが、どうしてもお伝えしたい…

あなたが、

「もっと料理が作りたい!」

と思えるきっかけになる話なので、最後まで読んで欲しいです。

私は、毎回あなたに料理のことを偉そうに「伝授します!」とか言っていますが、

”働き先の店で嫌な事があるとすぐに辞めては、次の店に行く”

そんな、逃げ回る人生を送ってきたアリンコのように小さい人間です…

私が岡山から大阪に行き、料理の世界に入って7年目の26歳の春のことです。

”うで”は、まだまだ未熟でしたが、和食の料理は一通りできるようになっていました。

揚げたての「天ぷら」が”売り”の割烹料理店でしたので特に、天ぷらには自信がありました。

が、当時、私が心底
「作ってみたい!」と思っていたのは…

見るだけでヨダレが出てくる、綺麗で上品な器に盛られた色鮮やかで、繊細な一品一品絶妙のタイミングでお客さんに提供する『会席料理』でした。

その店でも会席料理は出していましたが、予約のみの注文で滅多に出しませんでした。

料理は「味」が重要です。

が、それより私は、会席料理の綺麗な盛り付け、食材の色の美しさに興味を惹かれました。

大阪、「なんば」には、”道具屋筋”という飲食店、料理関係専門の長~い”商店街”があります。

その近くに料理専門の本屋があり、私はそこによく足を運びました。

専門誌ばかり1冊2000円、3000円は当たり前です。

無駄遣いばかりして小遣いがなく、高くて手が出なかったので立ち読み1時間はざらでした。

読むのは、会席料理の写真の載った本ばかり、

「綺麗やなぁ、こんなの作ってみてェなぁ」

と思いながら

「どんな盛り方でどんな材料を使ってどんな色使いで、どんな器でどの位置にどのくらいの高さで盛り付けているか?」を細かく見るようになりました。

おそらくこれを繰り返しているうちに心底、会席料理に惹かれるようになったのだと思います。

「料理のレベルをあげるために会席料理を学びたいです」

店(会社)の社長にそう告げて7年お世話になった店を辞めました。

私は、知り合いの紹介で、運よく関西国際空港手前の「全日空ゲートタワーホテル」の和食部門に就職できました。

ホテルなので、ランチの5000円の松花堂弁当からディナーは3万円の会席料理まで高級和食です。

手の込んだ料理ばかり、厨房は、普通の飲食店ではありえない8~10人体制です。

おやっさん(料理長)は、包丁を持たせれば、調理場全員が食べに入る神技を披露しますが、容姿は、ヤクザです。

”不良”出身のクセのあるヤツも多く、気が弱く、人付き合いがヘタクソな私は、すぐに居辛くなりました。

「あ~なんかもう嫌だ、辞めたい…」

「向板(むこういた)」という魚を捌いたり、刺身を切ったりするポジションを志願して、仕事をしていましたがやったことのない作業に戸惑い、包丁技術の未熟さを見抜かれ、副料理長には

「もっと出来るヤツかと思ったのに…」

と言われ、かなりへこみました。

「会席料理を憶える!」

と意気込んでいたことも忘れ、毎日、

「早く時間経たんかな」

とばかり考えていました。

「もう無理だな…」

と思った私は、

「辞めさせてください」

と副料理長に告げ、就職してたったの3ヶ月で「全日空ゲートタワーホテル」を辞めました。

辞める時おやっさんに、

「これもなんかの縁や、八寸場(盛り付け、雑用のポジション)からやってみんか?」

と言ってくれましたが、嫌でたまらなかったので即答で断りました。

私は、こういう時だけ頑固になるのかどこの店でも「辞める」と決めたら止められても必ず、すぐに辞めました。

そんな時だけ頑固になる、たった3ヶ月で辞めてしまうような根性のない人間が私です。

この後も、すぐ辞めるのが”クセ”になり、店を転々としました。

たくさん店を回りすぎて、今では全部の働いた店を思い出すことが出来ません。

おそらく10件以上行ってます。

転々としていると再就職の際に「この人は続かない」と思われ不利になるので、履歴書に嘘を書き偽造したことも何度もあります。

大ウソつき野郎です。

しかし、転々としながらも私は、根っから料理が好きなのか、行った店で最低一つは、技術や知識、アイディアをパクリました。

嫌々通ったホテルの3ヶ月でも包丁の技術や綺麗な盛り付け、丁寧な魚の下準備などの「知識」は脳裏に焼きついています。

好きなこと、興味のあることは1回でも”体験”、”経験”すると忘れないものです。

なので、あなたにも、出来るだけ多くの料理を作って体験していただきたいです。

「今日なら、料理作れるかな」

と思った日は、やったことが無い料理に挑戦して欲しいです。

あなたが料理に興味があれば、ほんのちょっと新しく体験、経験すれば忘れないと思います。

それが料理の知識になります。

デキル料理が増えていきます。

そうすると、難しいと思っていた料理も簡単に作れます。

私は、あなたに偉そうにいえる人間ではですが、

”ちょっとでも体験すれば忘れない”

”1回でも経験することが大事”

というのを、実際に経験してきて出た結果なので、あなたにお伝えしたいと思いました。

オススメの手順はこれです。
↓↓

ステップ1、作ったことがなくて作ってみたい料理を3個ピックアップしておく。

ステップ2、その料理の材料を買っておく。
(冷凍できるものは冷凍する)

ステップ3、料理作る気が湧いたときや休みの日に、その料理を1つ作る。
(時間があれば、2つ3つ)

以上です。

材料を買っておけば、作らざる得なくなります。

今、すぐやっておくことは、

「作ってみたい料理を探しておく」

です。

gatugatuの料理は特にオススメです!

やってみてくださいね。

スーパーの”味噌”は殺されている…

2種類の塩を使う理由とは…

関連記事

  1. 世界一栄養価の低い野菜とは?

    「三種の味で食べる!キンキン冷やし胡瓜」佐藤です。「栄養摂れる!冷製一品料理」…

  2. ねばねばモロヘイヤの健康冷やっこ

    「古代エジプト人がひとり占めした!?”葉っぱ」佐藤です。「驚異的!エジプト王族がひ…

  3. サーモンの温しゃぶ 胡麻ポン酢かけ

    「肉魚と野菜が合わさるからこそ味わえる美味しさ」佐藤 周生です。「鍋料理はそろそ…

  4. 楽チン!玉ねぎ剥き置き

    『玉ねぎ剥き置き』佐藤です。先日、玉ねぎの剥き方を伝授しましたが、この応用編として…

  5. 腰の痛みから解放されます…

    今回は、料理の伝授ではありませんが、「腰痛」から解放される方法があるので聞いて頂きたいです。…

  6. 栄養と臭いどっち取る?

    臭いの元はコイツです...「ネギの切り方と保存方法ついて教えて下さい。水にさらす…

  7. 極みの健康水

    『ビッグなリターンが得られる『健康法』』佐藤です。以下の記事は、5月11日…

  8. 胃を修復する!ネバネバ豆腐

    「叩きオクラとなめこのネバネバ出し冷やっこ」佐藤です。今回は、「胃を修復…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP