鶏せせり肉の親子丼!柳川風

「50回以上!美味しさ実感済み!」

佐藤です。

今回は、「”鶏せせり肉”の美味しい活用法」を伝授します。

「せせり」とは、簡単にいうと鶏の首の部分のお肉です。

見た目はちょっとグロテスク。

最近は、当たり前のように焼き鳥屋さんで使っていたり、居酒屋さんでも様々な料理に活用しています。

スーパーでも精肉コーナーに並ぶようになりました。

私がまだ18歳の見習いの頃は、今ほど安く仕入れができなかったので、料理で使った憶えがないです。

が、その店では、鶏肉専門店の業者から、鴨肉を毎日大量に仕入れていたので、ごくたまに、”せせり肉”を格安で入れてくれました。

で、なんとこれ、贅沢にまかないで食べていたのです。

なので、私は若い時から”せせり肉”の旨さを熟知してました。

”せせり肉”をまかないで食べる時は必ず「親子丼」。

これが激旨!せせり肉がサービスで入った時は、まかないが楽しみでした。

で、なぜせせり肉は、そんなに旨いのか?

例えば、ブリのかま。

あなたも一度は食べたことがあるはずです。

塩焼きで食べると最高に旨い!
ビール軽く3杯はいける…

ブリかまには、ヒレがある。
ブリが泳ぐ時に一番動かすところです。

よく運動する部分というのは旨いんですね。

なので、せせり肉も同じ。

ニワトリが一番カクカク動かすところは首ですよね?

よく動かすので身が締まっていて食感に弾力があり、噛めば噛むほど味が出てくる…

しかも、一羽からちょこっとしか取れない希少部位です。

それと意外なのが”もも肉”よりも脂分が多い。

なので、ジューシー、 コクが出て美味しくなるわけです。

親子丼にする時、せせり肉を丼だしで焚くわけですが、 このだしにせせり肉の旨味が溶け出ます。

このだしに卵が絡むとなんともいえない旨さになります。

親子丼というのは、通常”もも肉”を使いますが、せせり肉で作るともっとおいしくなります。

旨味の濃さがまったく違う…

で、今回あなたに伝授するこの「せせり肉の親子丼」…

 もう一工夫します。

「ごぼう」を加えて”柳川風”に。

ごぼうの歯ごたえと香りが加わってさらに美味しくなります。

”まかない”で何度も何度も作って食べたので絶対旨いと断言できます。

はっきりと思い出せませんが、 50回以上は作りましたね。

実感済み。

せせり肉は他の料理にしても旨いですが、だしで焚く様な活用法が一番だと思います。

煮汁に旨味が溶け出る。

「せせり肉の親子丼!柳川風」

さっそくレシピみて下さい!
↓↓

【材料】(1人前)
鶏せせり肉・・・100g
ごぼう・・・50g
卵・・・2個
粉山椒・・・適量
刻みネギ…少々

【丼だし】 割合「だし6:みりん1:濃口醤油1+砂糖」
水・・・90cc(大さじ6杯)
粉カツオ節…小さじ1杯
みりん・・45cc(大さじ3杯)
濃口醤油・・・15cc(大さじ1杯)

1、”ささがきごぼう”を仕込みます。
 
ごぼうは、流水で綺麗に洗います。
 
皮周りに縦の切り込みを入れます。 

少しづつ回しながら、できるだけ真っ直ぐに 切り込みます。(深く切り込んでOK。)
2、ピーラー(皮むき)で削ります。
 
鉛筆を削るように回しながらシャカシャカ 削っていきます。
3、全部”ささがき”にできたらザルに入れ、 流水で3回すすいだ後、5分程さらします。
 
(先にすすいで、ある程度”アク”を洗い流してから、さらします。

すすぎ洗いをせずにさらすと アク抜きに時間がかかり、水道代の無駄です)
4、せせり肉、長いものは2~3等分に切ります。 

熱湯ですすいで、軽く湯通しをして おきます。(湯沸かし器の激熱の湯でOK)
5、鍋に【出し汁】の調味料を合わせ、 火をつけます。
 
すぐに”ささがき牛蒡”を入れて強火で 「3分程」焚きます。
 
(他の料理でも同様ですが、”少ない出し汁”& ”強火”で煮物をするとどうしても鍋周りが焦げてきます。

なので、鍋周りが焦げない程度のできる だけ強火で焚いて下さい。(中火~強火弱)
6、3分後、せせり肉を加えてさらに3分 焚きます。 

途中、せせり肉を裏返し、熱を早く通します。
7、ボウルに卵を割って溶き混ぜます。 (少し白身が見える程度でOK)
 
※丼ぶり鉢にご飯を好きなだけよそっておきます。
8、鍋に溶いた卵をドロドロドロ~っと 回し入れます。
9、鍋を軽くゆすりながら、玉子が2/3に固まったら 丼ぶりごはんにのせます。
 
(鍋をゆすりながら玉子の固まりを 滑らせるようにしてのせます)
10、葱を乗せ、粉山椒をかけて 完成です!

精肉コーナーで「せせり肉」がないか 探してみて下さい。」

出し汁に溶け込んで甘~い玉子を さらに、美味しくしてくれます。

粉山椒の香りが「せせり親子丼」を 引き立てます。

是非!作ってみてください。

ネギたっぷり!さば竜田揚げのおかずサラダ

柚子香る!アジの 柚子みそタレ焼き

関連記事

  1. 美味しさ増す!薬味ごはんのカツオ叩き丼

    「鼻をつまんでコーヒー飲むと...」夏、終わりますね...佐藤 周生です。…

  2. 極ウマ!とろ~り熱々!和風天津飯

    ひつこく伝授したい「飽きない丼物」佐藤です。先日、「天津飯を上手く作るには?」とい…

  3. さばと玉ねぎのみそダレ丼

    旬の鯖を丼で食す!佐藤です。 やっぱり、ササっと食べられて、腹も 膨れるどんぶりも…

  4. 白菜と挽肉の餡かけ丼

    余り鍋野菜で餡かけ丼!佐藤です。「鍋を作ったけど、ついつい野菜を多く切り過ぎて余っ…

  5. 【変わり丼】海老とアスパラのマヨチリ丼

    人気のエビマヨをちょいとアレンジして「丼」に!佐藤です。私、数件の居酒屋で働いたの…

  6. 滑らか食感!新玉ねぎと豚肉のとろ玉丼

    盗作どんぶり...佐藤です。今回は、「卵がなめらかな他人丼」を伝授します。…

  7. 厚切り豚バラ肉の醤油たれ丼

    ”コッテリ”が食べたい時の豪快!「肉丼」佐藤です。「今日は、なんとなく、脂っこくて…

  8. ゴーヤーと豚バラ肉の餡かけ丼

    「餡かけ料理の”コク”の秘密」佐藤です。今回は、「餡かけ料理の”あん”にコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP