南瓜と大根の豆乳煮

南瓜と大根と豆乳の甘みをほんのり感じながら食べる、温かいお惣菜です。

冷たいよりも”あったかい”

佐藤です。

今回は、
「温かいお惣菜」を伝授します。

ごはん、汁物、肉・魚のおかず、
で、あと野菜の煮物など副菜を1品2品
加える…

家庭の基本的な献立、と言ったらこんな
感じだと思いますが、
(一人くらしだとなかなか難しいと思いますが…)

「副菜」は毎回作っていると大変なので
、作り置きできる物がほとんどですよね。

ですから、冷たい料理。または常温。

でも、寒いこの時期、食べてヒンヤリ
した料理よりもホッとするような、
汁物以外の”温まる一品”があっても
いいですよね。

そこで、おすすめしたいのが、これ、

「大根と南瓜の豆乳煮」

大根と南瓜と豆乳の自然の甘みが、
ほんのりと感じられるシンプルな野菜
オンリーの一品です 。

豆乳鍋をお惣菜にしたような副菜です。

下茹でした大根と南瓜を軽く味付けした
豆乳煮汁でササっと煮込むだけ…

煮物は、煮汁ごと時間をおくほど味が
滲みて美味しいですが、
この料理は”熱々”の一品なので、出来
立てを食べて頂く。

味が滲みてない分、豆乳の煮汁ごと大根
と南瓜を食べて欲しいです。

そうすることでしっかり味を感じて頂けます。

といってもあっさりなので、メインの
おかずの邪魔をしない味になってます。

で、作り方ですが、ズボラすれば簡単に
作ることもできるのですが、
今回は”簡単”より”美味しさ”を優先した
ので煮物の基本通りの作り方です。

できるだけ、調理時間の無駄がない工程
にしてます。

”下茹で”面倒ですけど、やっぱりこの
ほうがエグミもなくなり、野菜の甘みを
強く感じられる…

2~3日分の作り置きもできますし、
ちょっとだけ手間かけて美味しく作って
みてはいかがでしょうか?

レシピ見て下さい。
↓↓

【材料】(2~3人前)(3日分)
大根(小)…1/2本(500g)
南瓜(中)…1/6コ(300g)
一味唐辛子…少々

【煮汁】
豆乳…300cc
水…200cc
粉カツオ…小さじ1杯半(カツオ節なら何でもOK)
塩…2つまみ
みりん…大さじ2杯(30cc)
淡口醤油… 大さじ1杯(15cc)

★できれば、大根を茹でる時に使う米の研ぎ汁をとっておいて下さい。
(約1リットル)

1、大根は、皮を厚めに剥いて4等分に輪切りにします。
1つを4等分に切ります(十文字に切る)。

2、鍋に切った大根、米の研ぎ汁を入れて(大根が完全にかぶるくらいの量)、
強火にかけます。

沸騰したら、中火(吹きこぼれない程度)にして軟らかくなるまで茹でます。

3、大根を茹でながら、次に南瓜を切ります。

まず、皮を削り落とします。(全部削り落とし必要ないです。少し残ってOK)

4、細長く3等分に切って、1つを4等分の角切りにします。

切れたら、ササっと水ですすぎ洗いしておきます。

5、鍋に切った南瓜と水を入れ(南瓜がかぶるくらい)、塩(分量外)
も小さじ1/2杯入れて強火にかけます。

完全に沸騰したら、すぐ火を止めます。

6、コンロから外して、そのまま自然に冷まします。(余熱で中まで熱を通す)

7、粗熱が取れたら、爪楊枝をさして硬さを確かめます。
中心まで力を入れずにスッと刺さればOK。

8、水にさらして冷まします。( 南瓜が潰れないように水は少しづつ出す)

ある程度冷めたら、水に浸けたままにしてそのまま冷まします。

9、大根も15分くらい茹でたら、硬さを確かめます。

中心までスッと刺さればOK。

10、水にさらします。(水は少しづつ)

11、野菜を冷ましている間に、煮汁を作ります。

大きめの鍋に豆乳(300cc)、水(200cc) 、塩(2つまみ)、
みりん(大2)、淡口醤油(大1) 、粉カツオ(小1)を入れて、
中火にかけます。(よく混ぜておく)

12、南瓜、大根は、ザルにあけて水気をきります。(崩れないように
丁寧に)

13、煮汁が沸騰してきたら、南瓜、大根をそろ~っと入れて強火にします。

14、再度沸騰してきたら、弱火に(具合が少し揺れている程度の火加減)
します、時々15分焚く。

15、15分焚いたら出来上がり!(湯葉ができている状態)

16、熱々の状態で小鉢に小高く盛って、煮汁もかけます。

最後に一味唐辛子をふって完成です!

出来立ては味が滲み込んでないので、スプーンで豆乳煮汁もすくって
一緒に食べて下さい。

一晩寝かせれば、味がしっかり滲みてさらに美味しいです。

タッパなどに移しかえ、冷蔵保存で4日ほど日持ちします。
食べる分だけ鍋で温めて食べて下さい。

温かい煮物として食べて頂くほうがおすすめです。

ゴボウ、レンコン、人参、里芋などで代用できます。

是非、作ってみて下さい。

9+

【鴨すき鍋】水と調味料だけで「鍋」を美味しく作る方法

ぶりカマのウロコを綺麗に取る方法

関連記事

  1. 簡単、あっさり!大根シャキシャキ、 ぶりのワイン漬け丼

    佐藤です。今回から、「簡単!どんぶり料理」を伝授します!第1弾は、…

  2. 時短技で作る!手羽元の鶏肉じゃが

    ズボラ肉じゃがの4つの楽チンポイント佐藤です。あなたは、肉じゃが好きですか? そうで…

  3. 刻んだ野菜がまな板からポロポロ落ちない秘訣

    目からうろこ⁉佐藤です。今回は、まな板で食材を切る時のちょっとしたテク…

  4. 手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その2)

    出しっぱなしでも腐らない方法佐藤です。「おでん」の煮汁は”割合の煮汁”で簡単に美味し…

  5. 脂分を抑える濃厚味噌の味! 鶏もも肉のネギ味噌焼き

    佐藤です。『玉みそ』で作れる料理、今回は、「脂分を抑えるには濃い味を意識する…

  6. 薬膳調味料「クコの実しょう油」

    手軽な栄養補強になる調味料はいかがですか?佐藤です。今回は、「夏の疲労回復にもって…

  7. ブリとかぶらの味噌煮

    佐藤です。今回は、『玉みそ』で作れる料理。「ブリを味噌で煮る! 魚のみそ…

  8. たっぷり玉ねぎとウインナーの豆乳ドリア

    味に奥深さを出す”あるもの”とは?佐藤です。今回は、「手軽にできる豆乳を使ったドリア」を伝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2020年4月
« 2月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP