白砂糖は危険!?

私は”弊害あり”と信じています…

健康に敏感な方なら知っている
「白砂糖」の体への悪影響…
本当のところどうなのか?

佐藤です。

今回は、
「白砂糖の様々な影響について」
話します。

「砂糖 害」と検索すると物凄い数の
砂糖に関する記述のサイトが出てきます。

そして、様々なことが書かれています。

その”様々なこと”については少しづつ
話していくのですが…

まず、お伝えしたいのは、

「白砂糖の害について知らない」と
いう方は、少しでもいいのでその
知識を頭において頂きたいですし、

砂糖の害について詳しく「砂糖は悪魔」
と思っている方は、少し立ち止まって
考えて頂きたい…

私は、コインに表裏があるように
どんなことでもメリット、デメリット
が存在するという考え方です。

「砂糖」は料理的、感情的には
メリットがあり、反対に過剰摂取
すればデメリットになることも
たくさん出てくる。

それを踏まえた上で「砂糖の害」に
ついて説明していこうと思います。

私自身もこれまでに何度か砂糖の害に
ついてお伝えしたことがあるので、

長くブログやメルマガ見て下さって
いる方は少しはご存知ではないで
しょうか。

で、「白砂糖」の体へ悪影響…
本当のところどうなのか?

先に私の結論を申しますと、
『悪影響はある』と思っています。

なぜなら、白砂糖の摂取を大幅に減ら
すようになって「甘いものが食べたい
と思わなくなった…」からです。

2年かけて自分の体で1つの答えを
出したわけです…

私は根本的に甘党で、若い時から食後
にはチョコレート系の菓子類や
クリーム系の洋菓子など3つも4つも
食べていました。

エクレア、チョコケーキ、クリーム入り
の和菓子、シュークリーム…

こしあんこも大好きなので柏餅が
目の前にあれば平気で5つくらいは
食べてました。

将来「糖尿病確実」と思えるほど、
料理の煮物には砂糖をたっぷり使い、
甘いお菓子もたくさん食べてたのです。

ですから、甘い物お菓子を食べないと
気がすまないというか、食べなかった
日はイライラすることもありました。

しかし、

2年前、「砂糖の悪害」知ってから
家庭で料理をする時は白砂糖を使う
ことを止め、甘味はほとんどみりん。
(料理によっては一部砂糖を使用)

大好きだった甘いお菓子類も1ヶ月に
一回食べるか食べないかというくらい
にまで減らしました。

はじめの頃は、すぐに止められずコン
ビニに寄って飲み物だけ買って帰る
つもりが、

美味しそうなエクレアが目の前に
現れたら「食べたい!」という衝動に
かられ、

誘惑に負けてちょっと罪悪感を持ち
ながらも買っていました。

ですが「砂糖は怖い」を呪文のように
頻繁に頭で考えていると少しずつ我慢
できるようになり、

1年くらいたった頃には、砂糖
たっぷりのお菓子類はほぼ食べなくなり
好きなエクレアを見ても食べたい衝動
にかられなくなったのです。

「おいしそうやけど別にいっか」
という感じです…

砂糖を多く含む食べ物を減らした
ことで「炭水化物」全体の摂取量が
減ったことが良い結果に繋がったの
ではないかと思います。

お菓子以外に普段の食事でごはんは
2,3杯食べてましたし、麵類の食事の
時も2玉は必ず食べていましたから…

この時点で運動をしなくなった私には
摂りすぎになっていたと思います。

その上にエクレアを2個も3個も食べて
いたわけです…

そういった経験から砂糖には何かしら
の「害」があると私は信じています。

で、なぜ「甘いものが欲しい」と
思わなくなったのか?

これは糖質による中毒性の問題。

書店にいけば必ず並んでいる、
白澤卓二教授の数々の書籍。
テレビにもよく出ておられる白澤先生
が言っていますが、

「糖質の取りすぎは”依存症”に
陥り、脳がむしばまれる」

と…

まず、糖質を摂取した時の体内の現象は…血糖値が急激に上昇し、
膵臓から大量のインスリンが分泌されます。インスリンは血液中の
ブドウ糖を除去しようとするので、今度は血糖値が下がりすぎ、
正常値よりも低い状態になります。すると、脳のエネルギー源と
なるブドウ糖が足りなくなり、脳がガス欠を起こして機能しなく
なるのです。また、血糖値が急激に下がると、脳の働きに必要な
アミノ酸が枯渇し、神経伝達物質が作れなくなって、脳が麻痺状態
になります。
(PHPOnline「衆知」サイトから引用)

もっとも恐ろしいのは、砂糖を含む
炭水化物を多く日常的に摂っていると

もっとたくさん量を食べないと我慢
できなくなります。

さらにその欲が満たされないとイラ
イラしたり、怒りっぽくなるのです。

ここまでの話ですと、
「糖質の取りすぎ」が問題だったと
いえますが、

砂糖自体にも麻薬的な性質、中毒性が
あるのです。

砂糖を摂ると脳内でセロトニン、
ドーパミン、ノルアドレナリンなどの
脳内神経伝達物質が分泌されます。

これ自体は問題ないのですが、
癒やしや幸福感やを与える性質が
あります。

疲れている時やストレスを感じるたび
に砂糖の多い甘いものを食べて幸福感
や癒しを感じるようになると、

その快感が癖になり、
「砂糖を摂る=幸せ」と脳が無意識に
感じるようになります。

快感を得るために砂糖を摂る…
といった状態になる。

これが「砂糖依存症」という一種の
中毒です。

砂糖にはこれ以外にも様々問題が
指摘されていますので、徐々に
話していこうと思います。

反対にそれらを否定するようなサイト
もたくさんあり、その見解についても
ふれていこうと思いますし、

砂糖は、料理的にはメリットが
たくさんあるので合わせて話して
いきます。

料理人現役の時には美味しい料理を
作る時にお世話になった「砂糖」です
から、

頭ごなしに否定することはしないで
おこうと思います。

健康を考えて、適度に控えることが
大事ではないかと。

では、この続きはまた…

 

 

1+

焼きかぼちゃとそぼろの鶏スープ

豚肉とニラのコンソメスープ鍋

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP