鶏もも肉のガーリック醤油焼き

演出で美味しさが倍増する”お皿”

佐藤です。

今回は、私が居酒屋に勤めていた時に、大人気だった、
「焼いてタレ絡めるだけ」の一品を伝授します。

大阪で最後に勤めたお店は、"料理を早く出す!"がモットー。

ゆったりした雰囲気で料理もじっくり味わうようなお店は別として、多くの飲食店でクレームとなるワースト1位は、

「料理が出てくるのが遅い」

なのです。

みんな腹をすかしてお店に来てくれるわけですから、料理が出てくるのが遅かったら、そりゃ文句も言いたくなる。

料理だけじゃなく、飲み物もですね。

店全体として"対応が遅い"というのは、致命傷にもなりかねない…

ですから、私が勤めた店のオーナー、これを第一に考えていた方なので、とにかく料理・飲み物は、「早く出せ!」でした。

それに対応できるよう、料理もシンプルな一品が多い。

あまり手の込んだ料理は、メニューにありませんでした。

例えば、刺身の盛り合わせ。

これ、魚を切って盛るだけなので、すぐ作れるイメージがあると思います。

メニューとしても手は込んでいない。

ですが、必ず二人がかりで作る…

なぜか?

この店では豪華な盛り付けが売りでしたし、刺身盛りというのは、丁寧に盛るので意外と時間がかかるからです。

ですが、全ての料理が”二人がかり”というわけにはいかない…

加熱する料理などは、実際に速く動いて、ひとりで作るしかない。

そんな高速料理の1つが、

「鶏もも肉の鉄板焼き」

1口サイズに切った鶏のもも肉を油で揚げて8割熱を通し、さらにフライパンでパパッと炒めて、特製にんにくダレを絡める。

激熱に熱した鉄板皿にもやしのせ、そこに素早く盛る。

すると、じゅゥゥゥ〜!という音と共にタレが煮詰まって煙がもぁぁ〜っと上がる。

この状態のまま、お客さんの席に運ぶと初来店のお客さんなら100%間違いなく、
「おぉ〜!スゲぇうまそう!」と感動してくれます。

こんな感じで演出効果が抜群なので、鉄板料理はリピーターが多く、大量のオーダーが入ってコンロが鉄板皿で埋め尽くされます…

とにかく人気No.1の料理でした。

「鶏もも肉の鉄板焼き(ガーリック醤油焼き)」は、作り始めてだいたい4分くらいで完成させます。

といっても、オーダーが大量に通っていれば、そんな短時間で出せませんが…

これ、家庭で作っても1〜2人前なら5〜6分でできると思います。

鶏肉に早く熱を通すには、油で揚げると早いのですが、家庭ではかえって手間…

なので、フライパンだけで炒めればOK。

簡単に出来ます。

できれば、盛り付けは鉄板皿にして頂きたい…

最近は、100円ショップで小サイズの鉄板皿なら300円くらいであります。

炒める料理などは、この鉄板皿を熱して盛ることで、豪華に見えますし、ちょっとした演出にもなって、見た目から美味しさが倍増します。

他にも長芋のとろろ焼きや餃子なら鉄板皿で焼いて、そのまま食べられる。

定番のステーキやハンバーグの鉄板皿になるのは当たり前…グラタン皿にもなりますよ。

もし、ない場合は是非この機会に買って、

「鶏もも肉のガーリック醤油焼き」を盛って

「じゅゥゥゥ〜!」という音と共に最高に美味しく味わって頂きたいです。

レシピを見て下さい。
↓↓

【材料】(1~2人前)
鶏もも肉…1枚(250g)
もやし…1/2袋
にんにく(大)…1片
バター…5g
油…小さじ1杯(5cc)

【にんにくダレ】
酒…小さじ2杯(10cc)
みりん…小さじ2杯(10cc)
濃口醤油…大さじ1杯+小さじ1杯(20cc)

1、にんにく(1片)は皮を剥き、薄く輪切りにします。
2、鶏もも肉は、縦4等分に切ります(繊維に添って)
3、1本を2.5cm~3cm幅で切ります。
4、【にんにくダレ】を作ります。

ボウルに酒・みりん(各小さじ2)、濃口醤油(大さじ1+小さじ1)を合わせ混ぜておきます。
5、フライパンを強火で熱し、油(小さじ1杯)を入れ、全体に広げ40秒後中火にし、鶏肉を入れて混ぜながら炒めます。
6、鉄板皿を弱火で熱し、もやしを入れ広げておきます。

(油は入れない)
7、4分ほど炒め、鶏肉に8割熱が通ったらにんにくを加えてさらに炒めます。
8、にんにくが軟らかくなったら、バター(5g)を加えて全体に絡めます
9、バターが絡まったら、【にんにくダレ】を加えて強火にします。
10、タレが全体に絡まったら出来上がり!火を止めます。
11、素早く、鉄板皿(強めに熱しておく)に盛ります。
12、敷板にのせ、刻みネギを散らして完成です!

鉄板皿に「鶏もも肉のガーリック醤油焼き」を盛ると、タレが煮詰まり、にんにくと醤油のブワッと香ってきます。

この香りで食欲はMAXを迎えるでしょう。

ビールを一口飲んだら、すぐに食べて下さい、幸せ感もMAXになります!

是非、作ってみて下さい。

鰆と長芋のグリル焼き 玉ねぎおろし餡かけ

ちょっと時短になる!「洗い物のコツ」

関連記事

  1. タコと春菊のガーリック炒め

    佐藤です。「簡単で病み付きになる酒の一品」今回は、「タコと春菊のガーリック炒…

  2. 醤油味だけで旨い!鶏もも肉の唐揚げ

    「シンプル・イズ・ベスト」は、これのこと...佐藤です。今回は、「下味が醤…

  3. きのこタップリ! 斬新!豆乳シチュー

    豆乳!詐欺料理佐藤です。今回は『詐欺料理』を伝授します。私は、バツ×1です…

  4. マッシュルームのオリーブ油漬け

    10分未満の夏のつまみ佐藤です。ビールのつまみになる「野菜の酒のあて」を伝授します…

  5. あっさりだし!鶏だんごのちょい辛キムチ鍋

    食欲増進!「ちょい辛鍋」私は、仕込みに余裕のある時は配達の業者さんと雑談します。30…

  6. 磯濃く香る!ワカメと鶏もも肉のふわとろ玉子とじ

    「オレは、絶対茹でない」?!旬の「ワカメ」がメインのカンタン玉子料理を伝授します!…

  7. 海老とイカのスタミナ野菜炒め

    本当の「スタミナ料理」とは?佐藤です。今回は「野菜たっぷりのスタミナ炒め」を伝授し…

  8. きれいな照りが出る! 鶏もも肉のくわ焼き

    上手な照り焼きの”コツ”佐藤です。”照り焼き”を上手に作る”コツ”を伝授します。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP