ほうれん草とハムのほっとシーザーサラダ

【サラダ】ほうれん草をザクザクっと切ってハムと卵と炒め、手作りシーザードレッシングをかけるだけの暖かいサラダ!ほうれん草を下茹でしないので、時短になりますが、ちょっと苦みが残ります。その苦みも手作り豆乳シーザーサラダでかなり抑えられ、さっぱり美味しく食べることができます!

おかずになる簡単サラダ!

佐藤です。

今回は、「暖かいシーザーサラダ」を伝授します。

献立で通常の冷たいサラダですと、副菜といった感じになりますが、暖かい
サラダだとおかずっぽくなり食べやすい。

例えば、ちょっと野菜不足、「野菜を食べよう!」と思ったときに冷たいサラダ
ですと食べにくい場合もあるじゃないですか、「肌寒いかな」と感じる時は特に。

そんなとき、野菜が取れて暖かいサラダ料理なら食べやすいですよね。
しかもおかずになれば、ごはんと合わせられる。

そこで、おすすめしたいのがこのサラダ!

「ほうれん草とハムのほっとシーザーサラダ」

ザクザクと切ったほうれん草とハム、彩に卵を加え、
フライパンで炒める。後はシーザードレッシングをかけるだけ。

10分もあれば作れます。

炒め物のようなサラダ仕立て。ドレッシングでさっぱり食べられます。

ちょっと欠点は、ほうれん草の苦みを感じる。
これ下茹でしないから。

ほうれん草は、ほとんどの料理で”下茹で”して使います。茹でることで
アクが抜けて苦みも抜けるのですね。

今回の料理の場合、濃厚なシーザードレッシングをかけて食べるので、その苦み
が少し和らぐ。

なので、あえて下茹でせず調理時間の短縮を優先しました。

栄養面で見れば、下茹でしない分ほうれん草に残っている栄養も多いと思います。

「苦みを感じる」がデメリットなら、「栄養が多い」「調理が時短になる」が
メリットだと思います。

そして、豆乳シーザードレッシングは、手作りなのでほぼ無添加。

添加物を避けたい方にはお勧めです。

これまでにもいろんなホットサラダをお伝えしたきたのですが、どのホット
サラダも好評でした。「野菜を変えてよく作ります!」といった感想も頂いてます。

なので、この

「ほうれん草とハムのほっとシーザーサラダ」

も同じように気に入った頂けると思います。

では、レシピ見て下さい!
↓↓

【材料】(1~2人前)
ほうれん草…1束
ハム…4枚(40g)(できれば無添加のハム)
卵(M玉)…2個
塩、胡椒…少々

【豆乳シーザードレッシング】(2~3人前)
マヨネーズ…大さじ3杯(約36g)
豆乳…大さじ4杯
酢(レモン汁でもOK)…大さじ1/2杯
粉チーズ…大さじ1杯と1/2杯
おろしにんにく…小さじ1杯分
黒コショウ(ホワイトペッパーでもOK)…少々


⇒★おすすめ無添加ハム

まずは、シーザードレッシングを作っておきます。
⇒こちらを参考にして下さい。

1、ほうれん草は根元を切り落とします。(袋の上で切れば土がまな板に付きにくいです。)

2、ボウルに水を溜め、茎、葉ともによく洗います。水気をよく切っておきます。

3、茎の部分を3cm幅で切ります。

4、刃の部分は横幅が長いので縦に3~4本切り込みを入れます。

5、葉も3cm幅に切ります。

6、ハムは縦横4等分に。

7、卵は、ボウルに割入れ、白身が見えなくなるところまで混ぜておきます。

8、フライパンを熱し、30秒後卵を入れて焼きます。スクランブルエッグにします。少~し生の状態でお皿などに取り出しておきます。
(今回は油分を抑えるため油を敷かずに焼いてます。フライパンがくっ付くようなら油を小さじ1杯敷いて焼いて下さい)

9、フライパンをササっと水洗いし、再度熱しハムを焼きます。

10、1分ほど焼いてハムが全体的に縮んだら、ほうれん草を加えます。

11、混ぜながら炒めます。

12、ほうれん草が全体に軟らかくなったら(若干茎に歯ごたえが残るくらい)、スクランブルエッグを加え、塩、胡椒をふって下味をつけます。(ほうれん草から水分が出て水っぽくなるので)

13、全体に混ざったら出来上がり!火を止め、平皿に盛ります。

14、豆乳シーザードレッシングをかけて完成です!(飾りに乾燥パプリカをふってます、分量外)

茄子や玉ねぎをプラスしたり、ほうれん草の代わりに小松菜、青梗菜などを
使ってもできるので、是非作ってみて下さい。

豆乳シーザードレッシングを使ったサラダレシピは
こちら↓もおすすめ!

添加物は体に悪い影響がある!?

無添加がいいですか?それならこのマヨネーズ!

関連記事

  1. キャベツと豚バラ肉のミルフィーユ蒸し

    酒で蒸すだけの斬新料理これほど相性のいい組み合わせはありません。今回は、「…

  2. ゴーヤーと炒り玉子の紫蘇炒め

    『ゴーヤーを美味しくする食材の組み合わせとは?』佐藤 周生です。【ビールのアテにな…

  3. 食材、腐る前に無駄なく使い切る! 佐藤の思いつき料理”1日目”…

    「鶏ムネ肉とアスパラのパプリカ薫り焼、ガッツリ!おかずサラダ」と、「シャクッとかぶり付く!生とう…

  4. 野菜タップリ!和風チヂミ

    昼飯に作ったはずが酒のアテ!?佐藤 周生です。今回は、「ちょっと和を加えた本格チヂ…

  5. 焼き過ぎ!?ぶりとキノコのバター醤油ステーキ

    魚の”パサパサ”をごまかす方法これ、”失敗”料理なのです…今回は、「焼き過ぎた魚を…

  6. 皮パリ!肉汁ジューシー! 鶏もも肉の黒コショウ焼き

    「中まで焼けてる?」の心配が吹き飛ばせます...この最新調理法に従えばいいんです。あなたは…

  7. 1日野菜350g5つの”コツ”

    佐藤です。「350gの野菜を1日で摂取する”コツ"」を伝授します。先日は「野菜35…

  8. 厚切り豚バラ肉と玉ねぎの和風ステーキ

    老舗の激ウマ和風ステーキソース佐藤です。私は、高校2年の夏、地元で繁盛店のステーキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年10月
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031  
PAGE TOP