脂分を抑える濃厚味噌の味! 鶏もも肉のネギ味噌焼き

佐藤です。

『玉みそ』で作れる料理、

今回は、

「脂分を抑えるには濃い味を意識する!
鶏もも肉のネギみそ焼き」

です。

「『玉みそ』があればこんな料理も
できますよ!」

これでは、あなたのレパートリーが
ただ増幅するだけ。

私はあなたに、1つの料理から、

「何でコレはこうするのか?」

理由を知って美味しく作るための
”コツ”も同時に
学んで頂きたいと考えてます。

で、

今回の料理、
「鶏もも肉のネギ味噌焼き」の
ネギ味噌は、濃い味付けです。

ネギ味噌だけで食うと辛いです。

コレもちゃんと理由があります。

”脂分の多い食材は濃い味付けを
意識する”

脂分の多い食材は、味付けが弱いと
脂っこさに負けて食べたときに全体的な
味が薄く感じます。

(例外もあります)

舌に脂分が広がると甘み、しょう油味、
塩気などの味を抑えてしまい、
本来感じる濃さのを味を感じさせて
くれないのです。

例えば、脂ののったさばを使った
「さばの味噌煮」。

缶詰の「さばの味噌煮」を食べたこと
がある方なら分かると思いますが、

煮汁の味噌は結構濃い味付けです。

あれも、さばの脂分に負けないために
濃くしてあるのです。

あなたは”焼き鳥”好きですか?

例えば、塩焼きの焼き鳥。
店員さんが串に刺してある鶏肉に
バサバサ、バサバサ多めの量の
”塩”をふってるのをみたこと
ないでしょうか?

あれも鶏肉の脂分に負けないだけの
塩ふっているんです。

口に入れた瞬間は塩辛いと感じ
ますが、

もぐもぐ噛んでるとだんだん鶏肉の
脂分と塩分が中和してちょうど良い
塩加減に感じてきます。

他には、「魚の南蛮漬け」。

魚を油で揚げると、脂分を多く
含みます。

野菜などを漬け込む薄めの合わせ酢
に揚げた魚を漬けた南蛮漬けは
頼りない味に感じます。
脂分が勝ってしまい、美味しく
ありません。

なので、

脂分を抑える酸っぱさが必要に
なるので”酢”の濃い合わせ酢の方が
南蛮漬けには合うのです。

「モツ鍋」には、唐辛子入ってます
よね?
モツの臭みを抑える役目と、
脂分を抑えて味を感じやするため
でもあります。

焼肉の「たれ」も濃いですよね?

薄かったら多分”霜降り肉”は
美味しく感じないと思います。

脂分を抑えてくれるのは、塩辛さや
しょう油辛さだったり、唐辛子の
ピリ辛さだったり、濃い酸っぱさ
だったりします。

今回伝授の、
「鶏もも肉のネギ味噌焼き」は、

”味噌”を辛く(濃く)して鶏もも肉の
脂分に喧嘩売ってます。

これで、バランスの良い味になり
美味しく感じれます。

このように、

”脂分の多い食材は濃い味付けを
意識する”が、脂分の多い食材を
美味しく食べる”コツ”です。

全ての料理に当てはまるわけでは、
ありませんが、

「基本」として熟知しておいて頂きたい
です。

これをふまえて、『玉みそ』を使って
作れる料理、

「鶏もも肉のネギ味噌焼き」の
簡単レシピ、目撃してください。

↓↓↓

【材料】
鶏もも肉・・・250g(1枚)
刻みネギ(飾り用)・・・少量
【ネギみそ】
『玉みそ』・・・30g
合わせ味噌・・・40g
(濃い色の味噌)
合わせ味噌を多めにして
濃い”味噌味”にしてます。
刻みネギ・・・15g
(市販のものでもOK)


1、鶏もも肉は、包丁の先でブスブス滅多刺しにします。
両面、15~20箇所、熱を早く通すための穴をあけます。

 


2、先にグリルに火をつけ、2分ほどグリル内を温めてから焼き始めます。

両面各8~10分、弱火でじんわり熱を通します。
(鶏肉は熱が通りにくいので弱火でゆっくり焼いていきます)
(網に油を塗っておくとくっ付きにくくなります)

 


3、鶏肉を焼いている間に【ネギみそ】を作ります。
ボウルに『玉みそ』、合わせみそを入れ、よく混ぜます。

 


4、続いて刻みネギを入れて混ぜます。

 


5、鶏肉が焼けたら、皮面を上にしてまな板に
取り出し8等分に切ります。

 


6、アルミホイル(耐熱皿でもOK)にのせ、【ネギ味噌】を
皮面にベタベタ、ベタベタ塗りつけます。

全体に伸ばしながら皮面いっぱいに広げて塗ります。
(ゴムべら、またはバターナイフなどを使うと
作業しやすいです)

 


7、再度グリルに入れ、焼きます。

ほんのり”おこげ”色がついたら、出来上がり。
(味噌の表面が熱で乾いてくるとイッキに焦げだすので目を離さない
ようにします。
鶏肉を睨みつけて焼き加減をジッとみて下さい)

 


8、アルミホイルごと取り出し、
器に盛り付けます。
刻みネギをふって完成です。
(家の前に生えてる南天(なんてん)の葉を敷きました)

一口食べた瞬間は、味が濃く感じますが、

もぐもぐ噛んでいるうちに鶏肉の脂分と味噌が
混ざり、バランスの良い味に変化してきます。

”脂分の多い食材は濃い味を付ける”

これ、是非覚えておいてください。

そして、『玉みそ』を使ってできる料理、
「鶏もも肉のネギ味噌焼き」をあなたの
レパートリーに加えてくださいね!

 

0

ブリとかぶらの味噌煮

ニラまみれ!シャケの濃厚みそ鍋

関連記事

  1. 栄養と臭いどっち取る?

    臭いの元はコイツです...「ネギの切り方と保存方法ついて教えて下さい。水にさらす…

  2. だしの効いた鶏肉と玉ねぎの和風カレースープ

    カレースープは、カレーの原点!?佐藤です。「手作りらしい、うま味と甘みとスパイス感が…

  3. 春キャベツと鶏肉の和風オーロラソース炒め

    野菜を炒める時に早く熱を通す方法佐藤です。今回は、「早く熱を通す炒め物の”コツ”…

  4. 焼アジとほうれん草のだし浸し

    佐藤です。今回の料理は、前回と同じで「魚」にだしをかける料理。魚を揚げたり、焼い…

  5. マヨネーズではないマヨネーズ

    今回は添加物の話をします...なので、「添加物なんか別に大丈夫だろ」と思っていたら今回の…

  6. 海老とほうれん草の トマトチリソース煮

    佐藤です。「トマトのホール缶を使った 海老料理」を伝授します。トマトのホ…

  7. ブリの柚香焼き

    佐藤です。今回料理は、どんな魚も美味しくなるミラクル漬け焼きタレで作る「ブリの柚…

  8. ピーラー(皮剥き)で食材の皮を剥く時の”コツ”

    コツが、分かればスムーズです...佐藤です。今回は、ピーラーで食材の皮をスムーズ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP