ガッツリ具だくさん!残りもの野菜と鶏だんごの簡単汁

 

佐藤です。

『手間無し!簡単!くせになる
旨い!料理レシピ』、

6回目、六品目ですね。

今回は、

『「残りもんの材料で”汁”でも
作るか!」と思った時にササッと
汁物ができる方法』

を伝授します。

あなたが、今回の内容をずうずうしく
盗作しなければ、一生”汁物”に
苦悩します。

「味噌汁は作れるけど、それ以外の
汁もんはちょっと・・・」

味噌汁しかできない・・・

日本人として、いや違う・・・
料理男子として恥ずかしいこと
です。

洗濯しすぎで穴の空いた白い
ブリーフパンツ1丁で国会議事堂
をはしゃぎ回るより恥ずかしい・・・

が、

あなたが遠慮なく、平気で無神経に
その方法を丸暗記すれば、食材が
何であっても汁物が簡単に作れます。

冷蔵庫に食材があれば、そして
調味料があればできます。

その方法とは・・・

『14:1:1:1の割合の出し汁を
作ってそこに食材を加えて焚く。』

これだけ。

14は、水または鰹出し。鍋にお玉を
使って水を14杯計って入れる。
後は酒、みりん、薄口醤油を各1杯づつ
入れて混ぜ合わせます。

ここに食材を入れるだけ。

グツグツ焚く、すぐできる。

『14(水(鰹出し)):酒1:みりん1:
薄口醤油1』

「お清まし」に似た味付け。
”鍋の出し汁”がベースです。

鍋の味よりも、もう少しあっさり味。

『14:1:1:1の割合の出し汁』は
どんな食材も受け入れて美味しく
してくれます。

酒が入るので肉類、魚介類を
入れると特に良く合いますね。

先日、汁物作ったときの食材で
レシピを作成しました。

今回のレシピの食材は一例です。

ほんとに何でも良いのです。

あなたに盗作、丸パクリして欲しいのは、
食材ではなく、

「14:1:1:1の割合の出し汁に
ただ食材を入れて焚く」

という”型”。

これさえ、マスターしておけば、
「作りたい!」「食いたい!」と
思った時にいつでも旨い”汁物”が
作って食えます。

私は、家で汁物が食いたくなったら、
必ず”14:1:1:1”の出しを活用
します。

「なにこれ、まずい!」などと
失敗した憶えがありません。

完璧な”出し汁”です。

詳しいレシピで説明します!
↓↓↓

【材料】
鶏だんご・・・12個
(市販の鶏だんご)
赤カブ・・・20g
しめじ・・・50g
金時人参・・・15g
せり・・・20g
春菊・・・20g
白才・・・50g
サラダ豆・・・20g
しょうが(塊)・・・30g

【出し汁】(約500cc)
(30cc入るお玉で計った分量です。
14:1:1:1の割合になってます)
水・・・420cc
みりん・・・30cc
薄口醤油・・・30cc
酒(清酒)・・・30cc
カツオ出しの素・・・3g

※鰹削り節でとった鰹出し汁を使う場合は
水の分量が鰹出しになります。
「カツオ出しの素」はいりません。

市販の鶏団子↓

 

真空パックタイプのサラダ豆(大豆など入ったもの)↓

 


1、白菜は重ねて1.5cm幅でザクザク刻みます。
(葉の部分は2~2.5cmにして少し大きく刻みます)

 


2、せりは、根元を切り落とし、2cm幅に切ります。

 


3、しめじは、根元を切り落として、ばらします。
大きいものは手で半分に裂きます。

 


4、しょうがは、綺麗に洗って土を落とし5,6枚に切ります。
流水でさっと洗っておきます。(生姜は、だんごの臭み消し)

 


5、赤カブは、使う部分だけ皮むき(ピーラー)で皮をむきます。

皮をむき終わったら続けて、ピーラーでそぎ落とします。
(できるだけ、広く長くそぎます。これなら薄く切れて
いるので速く熱が通ります)

 


6、金時人参も同様、使う分だけ皮をむいて、
削ぎ切りにします。広く、長くです。

 


7、鍋に出し汁の調味料、水を合わせます。
水(鰹出し)⇒酒⇒みりん⇒薄口醤油⇒出し素
の順に入れます。

お玉で計るなら、14杯⇒1杯⇒1杯⇒1杯と
計って入れます。火をつけます。

 


8、出し汁が沸騰したら、生姜と鶏肉だんごを入れます。
再度沸騰したら、中火にして2分ほど焚きます。

 


9、2分後、白才、赤カブ、人参、しめじを一度に入れます。

 


10、(9、)で入れた野菜が軟らかくなったらサラダ豆、せりを加えます。

 


11、1分ほど焚いたら、完成です!
(生姜は取り除いておいた方が食べやすいです)

『14(水(鰹出し)):酒1:みりん1:
薄口醤油1』を丸暗記して、

作ってみてください!

食材にこだわりはいりません。

胡瓜や大葉を刻んで入れるのもありです。

今から、冷蔵庫の残り物チェックして
みて下さい。

 

 

+2

ガッツリ!寒ぶりステーキ あっさり葱まみれポン酢

柚子香る!アジの 柚子みそタレ焼き

関連記事

  1. マヨネーズではないマヨネーズ

    今回は添加物の話をします...なので、「添加物なんか別に大丈夫だろ」と思っていたら今回の…

  2. 無添加がいいですか?それならこのマヨネーズ!

    佐藤です。今回は、おすすめの”無添加食品”を紹介します。「食品添加物は、何か体に悪い影響があるかも…

  3. 刻んだ野菜がまな板からポロポロ落ちない秘訣

    目からうろこ⁉佐藤です。今回は、まな板で食材を切る時のちょっとしたテク…

  4. ブリとかぶらの味噌煮

    佐藤です。今回は、『玉みそ』で作れる料理。「ブリを味噌で煮る! 魚のみそ…

  5. 豪快!さばの竜田揚げ丼

    香ばしさがたまらん天丼に負けない「丼」!佐藤です。今回は、「さばの豪快などんぶり!…

  6. すき焼き具材タップリ!おかず味噌汁

    肉の臭みを抑える2つの方法!みそ汁の好みは...「具材たっぷり派」と「具材少量派」…

  7. 脂分を抑える濃厚味噌の味! 鶏もも肉のネギ味噌焼き

    佐藤です。『玉みそ』で作れる料理、今回は、「脂分を抑えるには濃い味を意識する…

  8. 薄味でも「旨い!」と言わせる方法(その1)

    今回はかなり濃い内容なので読んだら1000円下さい(笑)「薄味でも美味しい料理に仕上がる秘訣」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

★季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年1月
« 12月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGE TOP