とぅるん食感!鶏むね肉 のゆず胡椒出し鍋

【鍋】鍋では、珍しい”鶏むね肉”を使い、オリーブ油でコクを出した創作鍋!むね肉のパサパサ食感を抑えるには、あの食材を付けるのが一番。ちょっとした調理の工夫で、「鍋」以外の料理にも使える方法です。

鶏むね肉を軟らか食感で食べる「鍋料理」

佐藤です。

今回は、

「鶏むね肉を軟らかく食べる鍋」

を伝授します。

「鶏のむね肉」、熱を通すと硬くなる
イメージを持っていると思います。

実際、長く焚くと硬くなって最悪の
食感です。どんなに味が良くても
噛んだ時に違和感があれば美味しさ
は半減します。

なので、あまり鍋料理で使うことが
無いです。

が、

鶏むね肉を少々焚きすぎても軟らかく
食べられる方法があります。

これを熟知していれば、鶏むね肉に
ビクビクする必要が無いです。

それは・・・『片栗粉をつける』です。

鶏むね肉に片栗粉をつけることで
熱が入ると表面が軟らか~くなります。

”つるん”じゃないです
”とぅるん”とした食感です。

少々焚きすぎて中が硬くなっても
表面の異常な軟らかさでカバー
出来ます。

この調理法、
笠原 将弘(かさはら まさひろ)さん
のアイデアを丸パクリしました。

あなたが、書店で立ち読みされるなら
一度は笠原さんのレシピ本を見たこと
があると思います。

恵比寿に「賛否両論」という店を構える
和食の職人さんです。

テレビにもよく出てますね。

簡単でかなりのアイデア料理を紹介
しているので、
「まだ見たことないで・・・」という
場合は是非!レシピ本を立ち読み
して下さい。

あなたのズボラ料理の参考になる
ヒントがたくさん散りばめられてます。

で、

鶏むね肉に片栗粉をまぶして焚く方法
で、おススメするのが、

「とぅるん食感!鶏むね肉のゆず胡椒
出し鍋」

何度もひつこく、繰り返しお伝えして
いる、

『12:1:1の割合』の鍋出しで、
作れます。

この鍋出しをベースに隠し味に
オリーブオイルをごく少量加えます。

これで、やんわり”コク”が出る。

鍋材料は、シンプル
白才、しめじ、厚揚げ、春菊、
それとメインのとぅるん鶏むね肉。

最後の仕上げに鍋出しに”ゆず胡椒”
を入れます。

あっさりでちょっとコクがあって、
ゆず胡椒でピリッと引き締まった
味です。

”隠し味”のオリーブオイル。

「いい油」だからと言って摂り過ぎる
と体脂肪になります。

オリーブオイルの主成分は、
オレイン酸(オメガ9)。

これ体内で生成できるので、不足する
ことはまずありえないです、
も○みちさんみたいにドバドバ料理に
かけて食ってると、

体に蓄積され肥満体になります・・・

体にいいものでも、摂り過ぎは
『毒』です。

気をつけて下さいね。

つるん食感・・・間違い!

”とぅるん”食感の鍋レシピは、
先を読み進めて下さい!
↓↓↓

 

【材料】(一人前)
鶏むね肉・・・120g
白才・・・大2枚(150g)
しめじ・・・1/6(30g)
厚揚げ・・・一丁(130g)
春菊・・・1株(20g)
片栗粉・・・25g(大さじ2杯弱)
ゆず胡椒・・・少量

【鍋出し汁】(12:1:1の割合の鍋出し)
(約30cc入るお玉で水12杯、
みりん1杯、薄口醤油1杯と計った分量です)

だし・・・360cc
(または、水360cc+だしの素2~3つまみ)
みりん・・・大さじ2杯(30cc)
薄口醤油・・・大さじ2杯(30cc)
オリーブオイル・・・5cc(小さじ1杯)

 


1、白才(大2枚)は、半分に切り重ねて、5~6切れに切ります。(茎は
小さく、
葉は大きく) 

 


2、春菊(1株)は、根元を切り落とし、流水で洗っておきます。(茎が、
硬い春菊の場合は葉だけちぎり取って下さい)

 


3、しめじ(1/6)は、根元を切り落とし、半分に裂きます。

 


4、厚揚げ(一丁)は、4等分に切った後、湯沸かし器の湯をかけ「油抜き」します。

 


5、鍋に【鍋出し】の(だし360cc、みりん30cc、淡口30cc)だし、調味料を
合わせます。オリーブ油(5cc)も加えます。

 


6、鍋出しが沸いてきたら、白才、厚揚げ、しめじを入れます。超弱火で
ゆっくり焚きます。

 


7、野菜、厚揚げを焚いている間に、鶏むね肉を切ります。皮を下にして
まな板におきます。

繊維に逆らうように7~8mm厚で、包丁を斜めにして平たく切ります。

(肉の表面を良く見ると繊維の方向が見えます。その方向に対しできるだけ
直角になるように切り込んでいきます)

 


8、ボウルに片栗粉を入れ、鶏肉1枚づつにまぶします。(手でも箸でも
いいです)(付けすぎたら他の鶏肉になすりつけます)

 


9、鍋を強火にして、(7、)を1枚づつ入れ、1~2分焚きます。

 


10、春菊を加えて、熱が通ったらゆず胡椒を加えて完成です!

 

鶏むね肉は、焚き過ぎると硬くなりま
すので、短時間の加熱でえ抑えて下さい。

薄切りなので、余熱で熱を通すくらいの
感覚でいいと思います。

むね肉を準備して、是非作ってみて下さい。

 

 

8+

冷凍洋風やさいの和風煮、 暖まるとろ~り!餡かけ

豚肉とじゃが芋とほうれん草の 胡麻みそ鍋

関連記事

  1. 豪快!炙り豚スペアリブの旨み濃厚キムチ鍋

    佐藤です。今週は、私のおススメ「”肉”の鍋」 を5回にわたって暴露し…

  2. 黄金比の鍋だし

    簡単に手作りできる!黄金比の鍋だしとは?佐藤です。秋、冬になると作ることが増えてく…

  3. 新じゃが芋とシャケの春満載鍋

    ”計り”を使わず美味しい春の鍋...佐藤です。今回は、「春野菜を使った簡単な鍋」を伝授します…

  4. 柚子こしょう風味のマロニーたっぷり鶏だし鍋

    これだけはマスターして下さい!佐藤です。今回は、”1つ”。これだけを習得してくだ…

  5. ニラまみれ!シャケの濃厚みそ鍋

    佐藤です。今回は、「『玉みそ』を使って作れる! みそ鍋」を伝授します。…

  6. 出し汁が旨すぎる! 鯨ベーコンのハリハリ鍋

    佐藤です。「専門店で堪能できるような本格出し汁が味わえる、誰でも料理可能な”鯨ハリハ…

  7. 卵で簡単!鶏むね肉のチーズピカタ

    鶏むね肉を最高の食感で食べる方法佐藤です。ご存知の方も多いと思いますが、今回の料理「…

  8. ガッツリ牛肉!温玉のせチョイ辛すき焼き鍋

    王道「鍋」をちょっとアレンジするだけでおかず「鍋」に!佐藤です。温かい岡山県でも、さすが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

おすすめ動画

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年10月
« 9月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
PAGE TOP