豚肉とじゃが芋とほうれん草の 胡麻みそ鍋

 

佐藤です。
 

昨日、更新できなかったので、
今日(23日)更新します。

今回は、・・・

「豚肉と相性抜群の
”胡麻みそ”の鍋出し」

を伝授します。

『牡丹鍋(ぼたんなべ)』

あなたも食ったことがある
もしくは、聞いたことがある、
かもしれません。

「牡丹鍋」は、簡単にいうと、

猪(いのしし)の肉を味噌味の出しで
食べる「鍋」ですよね。

牡丹鍋の名前の由来は
「煮込むと脂身の部分が縮れて
”ぼたんの花”のように見えるから」

「猪肉をお皿に円を描くように盛ると
脂身の白い部分が牡丹の花の
ようにみえるから」

という説があります。

ちなみに・・・

肉の色が、桜の花の色=馬肉、
もみじの赤く色づいた葉=鹿肉、
柏の色づいた葉=鶏肉です。

料理の世界でも、特に年配の
職人さんは、

鶏肉は”かしわ”、馬肉は”さくら”、
鹿肉は”もみじ”と言います
からね。

これは、聖徳太子さんの時代、
仏教が盛んで、

肉食が禁止されていたにも
かかわらず鶏、鹿、馬、猪を
花や葉っぱで例えて、

分からない様に肉を食い続けて
いたので、そのような花や葉の
名が付いたようです。

話を「牡丹鍋」に戻しまして、

私これ初めて食ったの
高校3年の卒業旅行の時です。

奈良県にある小汚い民宿。

晩飯に出てきたのが”牡丹鍋”で
した。

程よく甘い濃いめの味噌味の鍋出し
と脂身の多い猪肉がベストマッチ!
いのしし肉独特の臭みもほとんど
感じませんでした。

初めて体験した味。

美味しすぎて、ご飯を3杯か4杯
おかわりした記憶があります。

この時、

「豚肉系は味噌と合うんだな」と
なんとなく頭に残りました。
(まだ、ケツのあおいクソガキ
でしたが・・・)

牡丹鍋のように、
豚と味噌は相性いいんです。

あの美味しい「豚汁」も味噌味
ですよね。

相性は抜群です。

で、
私がおススメしたい鍋がこれ、

「豚肉とじゃが芋とほうれん草の
胡麻みそ鍋」

合わせ味噌のだしがベースですが、
ただの味噌の出汁ではありません。

”胡麻”を入れる。
「胡麻みそ鍋出し」

すりつぶした胡麻の濃厚な香りが
豚肉の臭みをぎりぎりまで抑えて
くれます。

香りで食う鍋。
 
豚肉は、バラ肉よりあっさり、
もも肉よりはちょいこってりの
”肩ロース肉”を使います。
 
あっさり過ぎず、こってり過ぎない
食べやすい豚肉。
 
野菜類も鍋にほぼ使用しない
じゃが芋とほうれん草。

でも、「胡麻みそ鍋出し」に良く
合います。
 
じゃが芋は、皮をむかず使用する
ので”一作業”、楽になります。

ほうれん草と豆腐をちゃちゃっと
切るだけ。じゃが芋を軟らかく
煮込む時間を入れても15分。

時短「鍋」です。

私この鍋、”まかない”でよく
作ります。
安い鶏肉バージョンで。

”まかない”にお金かけられません
からね。

でも、
胡麻みその鍋出しが旨いから
材料は何入れる入れても美味しく
なります。

「佐藤さん!この鍋なんすか?
めっちゃ旨いです!!」

アルバイトの学生を驚愕させ、
そして伝授した『胡麻みそ鍋出し』
のレシピを知りたい場合は、
すぐ読み進めてください!
↓↓↓
 

【材料】
豚肩ロース肉スライス・・・150g
(薄切り)
じゃが芋・・・200g(中2個)
ほうれん草・・・30g(小2カブ)
めん豆腐・・・100g(約1/3丁)

【胡麻みそ鍋出し】
水・・・360cc(1合(180cc)カップ2杯)
合わせ味噌(色濃いめ)・・・50g~60g
みりん・・・30cc(大さじ2杯)
薄口醤油・・・5cc(小さじ1杯)
かつお出しの素・・・2~3g
すり胡麻(白)・・・大さじ2杯
(すりつぶしてあるタイプ)
白胡麻(つぶ)・・・少々

※鰹削り節でとった鰹出し汁を使う場合は
水の分量が”鰹出し汁”になります。(360cc)
この場合「カツオ出しの素」は、もちろん、
入れません。

 


1、じゃが芋は、皮ごと使用します。皮を手でこすりながら、
流水で綺麗に洗い土を落とします。
(綺麗な”亀の子タワシ”
でゴシゴシこすり洗いしてもOK、金タワシは×)

所々にある、”芽”を包丁の刃元で繰り抜きます。
(ソラニン毒素を取り除く)
横長にまな板において、5~6mm厚の輪切りにします。
(両端は3mm厚で切り落とします)

 


2、ほうれん草は、根元を切り落とし流水で綺麗に洗います。
水気をきって、ザクザクと4cm幅に切ります。

 


3、もめん豆腐は、5~6等分に切ります。
(一口サイズの小さめです)

 


4、材料が切れたら【胡麻みそ鍋出し】を作ります。
一人鍋に水(湯)360ccを入れ強火にかけます。

温度が上がってきたら、合わせ味噌を「みそ溶き」で
溶き入れます。
みりん30cc、薄口醤油5cc、鰹出しの素2~3gも
加えます。

 

 


5、すり胡麻大さじ2杯も入れるます。

 


6、沸騰したところでじゃが芋を入れ、再沸騰してきたら
中火にして6~7分軟らかくなるまで焚きます。

 


7、じゃが芋に爪楊枝(串)を刺し、”スッ”と貫通したらOK。
(少~し固めで大丈夫です、軟らか過ぎるとポロポロ崩れます)

もめん豆腐を入れます、続けて豚肩ロース肉も入れていきます。
1枚づつ広げて熱が均等に通るようにできるだけ重ねないように入れます。

 


8、豚肉が赤から白っぽくなったら、ほうれん草を入れます。
菜箸で軽く押さえて、出しの中に押しこみます。

 

 
9、ほうれん草に軟らかくなり熱が通ったら、
火を止め、つぶ胡麻をかけて完成です!

作ってみてください!

これ、みりん、薄口醤油無しでちょい薄味に
すれば普通の「味噌汁」にも
応用できます。

やってみて下さいね!

 

 
 
0

とぅるん食感!鶏むね肉 のゆず胡椒出し鍋

いわし油漬けのトロトロねぎチーズ磯の香りのグリル

関連記事

  1. 豪快!炙り豚スペアリブの旨み濃厚キムチ鍋

    佐藤です。今週は、私のおススメ「”肉”の鍋」 を5回にわたって暴露し…

  2. 新玉ねぎとホウレン草と豚肉のジンジャー醤油炒め

    使ってこそ役立つレシピです...佐藤です。今回は、「春の食材を使った簡単炒め物」を伝授しま…

  3. 創作焼き魚!鮭の田楽焼き

    15分で作れます、美味しい田楽みそ!佐藤です。今回は「風味の豊かな田楽料理」を伝授し…

  4. 新じゃが芋とシャケの春満載鍋

    ”計り”を使わず美味しい春の鍋...佐藤です。今回は、「春野菜を使った簡単な鍋」を伝授します…

  5. ネバネバとろ~ん!タラとなめ茸とチンゲン菜の蓮根おろし鍋

    佐藤です。今回も、「みぞれ鍋」。もう一つ、簡単で旨い”みぞれ鍋” を伝授したいと…

  6. もずくガッツリ!湯どうふ

    佐藤です。私は、幼少の頃「湯豆腐」を食べた記憶がないです。冬に豆腐を食べる時はい…

  7. 豚ロース肉のカリッと天ぷら! からし醤油を付けて。

    佐藤です。前回までおすすめしていた、「手軽に作れる!居酒屋一品」。…

  8. 軟らかすぎる豚肉のステーキ! 極旨トンテキ

    軟らかすぎて、ビックリ!です・・・佐藤です。”トンテキ”とは、「厚切り豚肉のステ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年6月
« 5月    
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP