ガッツリ牛肉!温玉のせチョイ辛すき焼き鍋

【鍋・おかず】王道!すき焼き鍋をボリュームをつけてちょいピリ辛にアレンジ!タレの辛味が牛肉の臭みを抑えて旨味を引き立て、温玉は全体の味をまったりとさせてくれます。日本人好きの甘辛い味がご飯を進ませる肉の鍋料理です!

王道「鍋」をちょっとアレンジするだけでおかず「鍋」に!

佐藤です。

温かい岡山県でも、さすがに10月半ば
に近づくと肌寒い…

昨日、半袖Tシャツ1枚で出かけて失敗
しました。

「うわっ、鳥肌がたってるわ…」

こういうのが風邪をひく原因になるので
しょうね。

ま、私は免疫力を上げることに情熱を
燃やしているので、風邪などひかない
と思ってます。

現に今年はまだ一度もひいてません…

で、そんな肌寒くなると夕飯には、
やっぱり鍋がおすすめ。

そんな中でも「すき焼き」は、酒の肴に
なりますし、おかずになります。

そして、食べ応えもある。

鍋料理の王道といえば、このすき焼き
を真っ先に思い浮かべる方も少なく
ないと思います。

そこで、

今回は、このすき焼きをボリュームを
付けてさらにちょいピリ辛にアレンジ
して伝授したいと思います。

「牛肉ガッツリのチョイ辛!
”すき焼き”」

すき焼きほど、ご飯がすすむ鍋は
他にあるでしょうか?

日本人の好きな、”醤油”
日本人の大好きな”甘がらい味”

私は、白ご飯のおかずのためにあみ
出された”鍋料理”だと
勝手に思って
おります。

そのおすすめ「牛肉ガッツリの
チョイ辛!すき焼き」…

アレンジの特徴その1、

牛肉をたっぷり入れます、それも
薄切りでペラペラの牛肉スライス
では
なく焼肉用の厚切り牛ばら肉を
使用。

これでボリュームが凄まじくUP!

野菜は定番の白才、白ネギ、きのこ類
と豆腐は”焼き豆腐”

切り方なんかだいたいでOK。
白才なんか手でちぎって入れても

いいくらいです。煮込んだら形なんか
気にならない…

が、

そんなこと言っておきながら
コンニャクにだけは小細工します。

「ねじりコンニャク」
真ん中でねじれて、面白い形の
コンニャクが楽しめます。

見て楽しむのも料理の醍醐味。

糸こんにゃくに飽きたらおすすめです。

これ、あなたにも簡単にできる技。

今回マスターしてしまえば、
クックパッドに投稿するおばちゃんたち
勝てます。

「すごいね!そんなことできるんだ!」

かなり自慢できるので、あなたの
自己重要感は満タンに満たされます。

アレンジの特徴その2、

この”すき焼き”のこだわりは、たれ
「割り下」のことですね。

コチュジャンをほんのちょっと入れて、

中華風のピリ辛あじにアレンジ。

四川料理のように口から火が出るほど
辛いわけでは
ないので、安心して下さい。

ご飯のおかわりを誘う丁度いい辛さ
加減、
肉の臭みを抑え、
頭皮からいい感じの
汗がジワワリと
出てきます。

アレンジの特徴その3、

最後のこだわりが”卵”。

生卵につけながら食べるのが美味しい
食べ方
ですが、これも飽きますよね。

そこで仕上げに生卵ではなく”温玉”を
2個も加える

半熟の黄身と中途半端に固まった
白身が熱々のすき焼き食材をまったり
させてくれます。

甘辛さがやんわりになって食べやすく
なる。

 

分厚い牛肉を使う、タレをちょいピリ辛に、
温玉をたっぷり加える…

この3つが、私のおすすめすき焼き、
「牛肉ガッツリのチョイ辛!すき焼き」
です。

これ、お店のまかないでよく作ってました。

バイトの子達から、
「佐藤さん、おおかわりないんですか!」

といわれるほど満足させたすき焼き
でしたね。

自慢できるねじりコンニャクテクニック
詳しく説明した「すき焼きレシピ」
を見て下さい!
↓↓↓

 

【材料】
牛バラ肉(焼肉用)…150g
白才…中3枚(150g)
白ネギ…1/2本(30g)
白ネギ青い部分…1本分弱
しめじ…1/6P(50g)
玉ねぎ…1/4コ(50g)
春菊…1/6束
焼き豆腐…1/4丁
板コンニャク…中1/3

【すき焼きタレ(割り下)】
水、酒…各大さじ2杯と小さじ2杯(40cc)
濃口醤油…大さじ2杯と小さじ1杯(35cc)
みりん…大さじ6杯(90cc)
コチュジャン…小さじ1杯
お好みで、一味唐辛子を適量

 


1、結びコンニャク作ります。
板コンニャクを横向きに置いて端から、
5mm幅に3枚分切ります。

 


2、切ったコンニャクを平らに置き、
中央に縦1.5cm幅の切り込みを入れます。
(貫通させる、大きく切らない)

 


3、片側の端の部分を指でつまんで、
中央の切込みの穴から下から上に通します。

 


4、両端を持ちひっぱり、真っ直ぐにします。ねじれたらOK。
出来上がり。熱湯に浸けた後、熱いままザルに
あけて自然に冷まします。(石灰をぬく)

 


5、春菊(1/6束)は、葉をちぎり取り流水で綺麗に洗い、
土をよくおとし、根元を切りそろえておきます。

 


6、白才は、流水で洗って5~6等分に切ります。
(葉の方を大きく、茎を小さく切り、
熱の通りが均等になるようにします)

 


7、白ネギは、綺麗に洗った後、根元を切り落とし、1cm幅の
6cmの長さで斜めに切ります。(3枚)

 


8、青い部分は、細く斜めに刻みます。
(7~8枚)

 


9、玉ねぎは、皮をむき半分に。
半分を3枚~4枚、輪切り(半月切り)にします。

 


10、しめじは、手で6等分にばらして、根元を切り落としておきます。
(ばらしたしめじは、ラップなどでくるんで小分けにしておけば、
次に使う時に少し手間がはぶけて楽チン、便利です
根元も切り落とせばもっと楽になります)

 


11、焼き豆腐は、3~4等分に切ります。

 


12、一人鍋に、【すき焼きタレ】の水、酒(各大さじ2と小さじ2)、
濃口醤油(大さじ2と小さじ1)、みりん(90cc)を合わせます。
火にかけ弱火で、混ぜます。

(必ず弱火からスタートして下さい、強火で沸かすと鍋の内周りのたれが
焦げます、こげた味がタレに混ざると不味いです)

 


13、コチュジャン(小さじ1)も溶きます。
よく混ぜ溶けたらOKです。

 


14、沸騰前に白才の茎⇒葉⇒玉ねぎ⇒しめじ⇒白ねぎの青部分⇒白ネギ⇒
焼き豆腐⇒コンニャクの順で入れてふたをして蒸し煮にします。

 


15、再度沸騰してから3分ほど弱火で焚き、野菜が少し軟らかくなったら、
ふたをあけ上に牛バラ肉を広げて並べます。

再度ふたをして、1分30秒~2分蒸し煮にします。

 


16、牛バラ肉の表面がうっすら赤色が残っている状態で春菊を入れます。
(焚きすぎると肉が硬くなる)
もう1度ふたをして春菊に熱を通します。

 


17、春菊に熱が通ったら、温玉を2個
黄身が割れないように割り入れます。

お好みで一味をふって完成です!

焼肉用の牛肉を買い、温玉も買って、
是非作って下さいね!

調味料もあるか確認してみて下さい!

 

 

0

だしの効いた鶏肉と玉ねぎの和風カレースープ

洗わない!?挽き肉の金平ごぼう

関連記事

  1. 出し汁が旨すぎる! 鯨ベーコンのハリハリ鍋

    佐藤です。「専門店で堪能できるような本格出し汁が味わえる、誰でも料理可能な”鯨ハリハ…

  2. ふわふわ軟らか! 豆腐肉だんごのトマト鍋

    佐藤です。昨日は、睡眠不足で起きれず更新 できませんでした、失礼しま…

  3. 豚肉とかぶらのシンプルだし鍋

    応用が効きまくる「時短鍋」佐藤です。今回は、「レンゲで食べるひとり鍋」を伝授しま…

  4. アドレナリン噴出! マグロのガーリックたたき

    佐藤です。今回も手軽にできる居酒屋一品。「にんにくの”元気”効果…

  5. 磯香る!若布と鶏肉のふわトロ玉子とじ

    磯の香りが濃厚な”生”を使ってみて下さい。今回は「若布」をメインに簡単!玉子料理を伝授します…

  6. サワラのかぶらすりおろし みぞれ鍋

    佐藤です。今回は、鍋。「根菜などをすりおろして入れる、…

  7. マグロのピリッと辛い胡麻わさび和え

    忙しくても楽しみがありました...佐藤です。『練り胡麻を使いこなす料理を 習得して、…

  8. 野菜の香味!牛蒡まみれのあっさり豚出し鍋

    誰でも作れる手作り「鍋だし」とは...いつでも簡単に誰でも美味しく作れる「鍋出し汁の作り方」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP