ねばねばモロヘイヤの健康冷やっこ

「高栄養の冷奴」

佐藤です。

「驚異的!エジプト王族がひとり占めするモロヘイヤの栄養効果」

を暴露します。

古代エジプトでは、モロヘイヤの栄養効果ありすぎて、王族だけが スープなどにして食べていたそうです。

モロヘイヤは熱を通すとのネバネバ、ネバネバします。

このネバネバ成分が「ムチン」と「マンナン」で水溶性植物繊維です。

血糖値を抑え、さらには腸内環境を整えるすばらしい効果があります。

野菜の中でβカロテン含有量ベスト3に入るモロヘイヤは、人参の約1.2倍のβカロテンを含んでいます。

コレ、抗酸化作用があり、ガンを予防してくれます。

血液の凝固作用や骨粗しょう症予防の効能がある脂溶性のビタミンKもたっぷり含みトップクラス含有量です。

ビタミンACEも豊富に含み、細胞の 老化を防いだり免疫力を向上させます。

骨や歯を形成する効果のカルシウムも野菜内でトップクラスの含有量です。

「分かった、もういいわ・・・」

と思ったあなたにダメ押しの、ビタミンB群の効果もあることを伝授します。

ビタミンB群も豊富に含む、モロヘイヤには、

皮膚や神経を正常に保つ効果がある、ビタミンB2、ビタミンB6をタップリ含んでいます。

体力の消耗が激しい夏は、こういった栄養価の高い野菜を摂って元気を保つことが大事だと思います。

そんな体に良すぎる「モロヘイヤ」を使った冷奴のアレンジが今回のおすすめ!

モロヘイヤを茹でて叩いて、ねばねばのとろろにして合わせだしと混ぜ、冷たい豆腐ににかけるだけ

簡単にできる「健康冷やっこ」です。

合わせだしは、何度か伝授したことがある「出汁5:みりん1:濃口醤油1」の割合で作ります。

この合わせだしは、片栗粉でとろみを付ければ「べっ甲あん」にもなりますし、「親子丼のだし」などにも使えてかなり万能です。

それから、

飾りにつける薬味白髪ネギを超簡単にできる方法でレシピを公開しています。

名づけて、

「無駄無し簡単!白髪ネギもどき」です。

本来、白髪ネギを作る時は芯を抜いたり、1枚づつ薄皮を剥いたりなど手間がかかります。

が、

全く手間のかからない方法でお伝えしてますので、『万能旨出し汁』とあわせてレシピ、見て下さい!
↓↓

【材料】
モロヘイヤ・・・50g(1/2束)
絹ごし豆腐・・・150g(1P300g1/2)
白ネギ・・・30gくらい
削りかつお・・・少々


【万能旨出し汁】
水・・・大さじ5(75cc)
みりん・・・大さじ1(15cc)
濃口しょう油・・・大さじ1(15cc)
かつお出しの素・・・2つまみ

1、「万能旨出し汁」を作っておきます。
鍋に、【万能旨出し汁】の調味料を合わせて、火にかけます。

沸騰したら、火を止め涼しいところで冷まします。
(鍋ごと氷水で急冷してもいいです、早く冷くなります)

それと、「絹ごし豆腐」を半分切って、深さのある器に
盛って器ごと冷蔵庫で冷しておきます。
2、「白髪ネギもどき」を作ります。

白ネギを洗って、根元から包丁を45度斜めにして、出きるだけ細く刻みます。
(無駄無し簡単!白髪ネギもどき)
3、刻んだ白ネギをザルボウルに入れ、
2~3回すすいだ後、流水に5分さらします。

その後、水気をよくきっておきます。
(白髪ネギがこれだけでできます。)
4、鍋に500cc強の水(湯沸かし器の湯でもOK)を
入れ、強火で沸かします。
5、モロヘイヤは、水で綺麗に洗います。
水気をきり、茎から”葉”だけをちぎり取ります。
ボウルに氷水を準備しておきます。
6、湯が沸騰したら、モロヘイヤを入れ茹でます。

浮いている葉は、菜箸で湯の中に押し込み、青色に変色してさらに15秒ほど茹できます。

(通常菜っ葉類の葉の茹で加減は、色が変わる程度でいいのですが、
モロヘイヤは少し葉が硬いので若干長く茹でます)
7、ザルにあけ、素早く氷水に浸け、急冷します。
8、モロヘイヤを手でかたく搾り、水気を抜きます。
まな板で荒く叩き切ります。
9、切ったモロヘイヤをボウルに入れ、
「万能旨出し汁」を大さじ2杯(30cc)入れます。
削りかつおも加えて、スプーンでよく混ぜます。
10、冷蔵庫で冷しておいた「絹ごし豆腐」を
取り出し、豆腐から出た水分を捨てます。
(9、)のモロヘイヤを豆腐の上にかけます。

手前にたらすようにかけ、その上に白髪ネギをのせます。

器の横から「万能旨出し汁」を大さじ3杯ほど注ぎ入れて完成です!
(「万能旨出し汁」はお好みの量を入れて下さい)

モロヘイヤを加えるとヘルシーな豆腐が、「健康栄養とうふ」に変身します。

出し汁作るのが面倒な場合は ”そうめんつゆ”を代用して下さい。

是非!作ってみて下さいね!

かつお旨だし!ねばねばモロヘイヤの健康冷やっこ

健康的に大根を食べる方法

関連記事

  1. 甘長とうがらしと豚肉のごま味噌炒め

    唐辛子なのに辛くない!?炒め物おかず...佐藤です。今回は、「甘長とうがらしと豚肉…

  2. 本格味のさんまの山椒煮

    お手軽なのに本格味の「常備肴」とは?佐藤です。今回は、「冷蔵庫に常備できる”酒の肴”」を伝授し…

  3. びんちょうマグロのネギ味噌焼

    パサパサ食感防止のための食材選びとは?佐藤です。今回は、魚のネギ味噌焼で「びんちょ…

  4. 豚しゃぶのせ和風トマトソース冷しうどん▼

    「うどんを洋風アレンジで楽しむ!」そうめん、蕎麦、うどん、中華そば...この麺類の…

  5. 炙りの旨さ!炙りタコと焼き大豆の豆苗サラダ

    「『レシピ見てるだけ』の方におすすめの料理」佐藤 周生です。今回は「ある食材を炙っ…

  6. 彩り生野菜のそうめんサラダ

    「生野菜を食べる理由はこっちが大事」佐藤 周生です。「生野菜の摂取を怠れば、体のエ…

  7. 若芽と挽肉の炒り豆腐

    定番料理に季節の野菜や食材を加えて旬の料理に変化させる方法!佐藤です。今回は、「季…

  8. アスパラと若芽と豚肉の生春巻き 青じそドレッシング

    酒のアテになる冷製一品なら、これ!佐藤です。今回は、「夏らしいさっぱり食べやすい、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年11月
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930  
PAGE TOP