生姜の効いた具だくさん!けんちん豚汁

佐藤です。

今回は、
「冷えた体を温める汁物」
を伝授します。

強烈な暑さが続いていますが、
あなたの体調はどうですか?

ここまで暑いと、冷房、冷たい食べ物
が欠かせませんよね。

ですが、

アイスクリーム、そーめんなど冷たいもの
ばかりを食べたり、冷房にあたり続ける
と自分が思っている以上に体は冷えて
いるのです。

で、

筋肉というのは、食物から吸収した
エネルギーを燃やすことで熱が発生し、
体温維持ができたりします。

が、

脂肪は、分解された後、血液の中に入り、
分解された成分が筋肉によって燃焼されます。

よって、脂肪自体から熱を出すことは
できません。

で、男性に比べると女性は脂肪量が
多い体質です。
なので、女性は特に体が冷えやすい
わけですね。

で、冷房、冷たい食べ物オンリーな
生活をしていると体は冷え切って
しまいます。

体が冷えると、様々な影響がありますが
一番怖いのは、血流が悪くなること。
体に入ってきた菌やウイルスを撃退する
白血球もその血液の中にあるもの。

これが体中に周っていかないということは
ようするに免疫力が下る可能性も・・・

それで、すぐに風邪を引いたりすることも
あるのです。

こういったことを避けるためにも、

「冷たいものは食べない!」
「冷房にあたらない!」

ようにして下さい・・・

と言いたいところですがそういうわけに
もいかないので、食事面で気を付ける
のがいいと思います。

冷たいものばかりの献立では
なく温かい一品や体を温める効果の
ある食材を食べるようにする。

そういった料理を献立に一品でも
加えて頂きたい。

そこで、おすすめしたい料理が
今回の料理、

「しょうがの効いた!超具だくさん
けんちん豚汁」

です。

”豚汁”といっていますが味噌は
使いません。
塩、しょう油、みりんで味付けする
「けんちん汁」の味がベース。

けんちん汁とは豆腐が入った汁物の
ことです。

神奈川県の郷土料理で、昔、お坊さんが
落としてグチャグチャにしてしまった豆腐を
野菜と一緒に煮込んで作った「汁もの」
が始まりといわれてます。

「健長寺(けんちょうじ)」というのお寺の
お坊さんさんだったので「けんちょう」が
「けんちん」になったという説があります。

他にも諸説あるようですが・・・

話が飛び飛びですが、
「しょうがの効いた!超具だくさん
けんちん豚汁」

は、豚肉入りの野菜ガッツリ、
体を温める効果の高い「しょうが」も
入った汁物です。

しょうがは加熱することで体を温める
効果が高まりますから、
”冷え”防止料理にもって来い、です。

私、年中通してですが、味噌汁に飽きたら
この、
「しょうが入り、超具だくさんけんちん豚汁」
を作って食べます。

具だくさんで食べ応えがあり、あっさり味で
食べやすく、たまに作って食べるとほんと、
美味しいです。

これは、かなりおすすめです。
レシピ、メモって下さい!
↓↓↓

【材料】
大根・・・80g
人参・・・50g
ゴボウ・・・30g
こんにゃく・・・50g
(石灰な抜き済み)
なめこ・・・50g
いんげん豆・・・50g
もめん豆腐・・・100g
豚こま切れ肉・・・80g
おろし生姜・・・5g

【煮汁】(2~3人前)
水・・・1リットル
みりん・・・大さじ2杯(30cc)
淡口醤油・・・大さじ2杯(30cc)
カツオ出汁の素・・・2つまみ

 


1、大根、人参、ゴボウ、こんにゃくは、
1.5cm角くらいの乱切りにします。

 


2、いんげんは、1.5cm幅に切ります。

 


3、なめたけは、多きものは半分に切ります。

 


4、大根、人参、ゴボウ、こんにゃくと水を入れ強火にかけます。
沸騰したら、中火にして茹でます。

 


5、茹でている間に、豚肉を2cm角に切っておきます。

 


6、10分ほど茹でたら、大根の軟らかさを確認します。

 


7、大根が軟らかくなっていれば、
いんげん、なめたけを加えてさらに茹でます。

 


8、3分ほど茹でたら、カツオ出汁の素、
みりん、淡口醤油を加え中火にします。

煮汁をザックリ混ぜ、豚肉を入れます。
(豚肉を入れたらくっ付かないように菜箸などでほぐします)
アクをすくい取ります。

 


9、続けて豆腐も手でちぎりながらバサバサ入れます。
(一口大の大きさにちぎって下さい。「下品なのが嫌!」
という場合は、包丁で綺麗に切って下さい)

 


10、生姜を入れ混ぜ、再度強火にして沸騰前に火を止め出来上がり!
※煮汁の味に関してですが、豆腐から水分が出て味が薄まるので
若干、濃い味付けの煮汁にしてます。
(結構薄くなります)

もし、味見をして「濃いな・・・」と思ったら、
水を入れて味を調節して下さい。

逆に「薄い!」と感じたら塩を少々(2本指で1つまみ)
入れて味をみて下さい。
(茹で時間によって汁の減り具合も関係してきますので加減して下さい)

 


11、もしあれば、刻みネギ。粉山椒、一味や七味、
柚子胡椒など、アクセント加えても美味しいです。

なめたけが入っているので、微妙なとろみがついて
食感的にもいい感じになります。

是非!作ってみて下さい。

食べ応えがあり、体は温まって血流も
良くなり免疫力が下るのを抑えてくれます。

「しょうがの効いた!超具だくさん
けんちん豚汁」
の具材は、冷蔵庫の残りもんを入れても
いいです。

中途半端に余っているような野菜など・・・

冷蔵庫がスッキリしますよ。

0

チキンスープでコッテリ! 手羽先のガッツリ、にら玉みそ汁

たっぷり小松菜と手羽先の豆乳煮込み

関連記事

  1. 中華あじの手間なし切干大根

    佐藤です。師走の月、働く方が忙しいのはもちろん、月末に近づくほど主婦の方もいろんなこと…

  2. イワシのこってり煮付け

    今回は、「買ってきた魚の鮮度が悪かった場合の魚煮付け法」を伝授します。佐藤です。…

  3. ネバネバとろ~ん!タラとなめ茸とチンゲン菜の蓮根おろし鍋

    佐藤です。今回も、「みぞれ鍋」。もう一つ、簡単で旨い”みぞれ鍋” を伝授したいと…

  4. ミルフィーユ風呂吹き大根

    1時間を20分にできるズボラ調理法!佐藤です。「田楽みそ」で作れる料理シリーズ。…

  5. へたれ茄子の焼浸し

    佐藤です。今回は、「傷んでしまった茄子を美味しく食べる方法」を伝授します。…

  6. 豚肉とブロッコリーの胡麻みそ炒め

    佐藤です。普段料理を作っていて、「これ、栄養取れてるのかな?」となんとなく疑…

  7. 鶏もも肉と生芋コンニャクの 特製しょうが焼き

    佐藤です。今回は、「優れた食物せんい効力で脂肪吸収を抑える鶏…

  8. ニンニクたっぷりのニラ豚キムチ炒め温玉のせ!

    佐藤です。今回は、「体を活性化させる、栄養効果抜群の 豚キムチ炒め」を、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP