せんべい衣のジューシー和風豚カツ

【おかず】ごはんと相性抜群!煎餅を潰して衣にするサクサク&ジューシーに揚がる和風の豚カツです。

「せんべい衣のジューシー和風豚カツ」

佐藤です。

今回は、
「ごはんと好相性の”豚カツ”」
を伝授します。

”豚カツ”というと衣に「パン粉」を
付けるのが定番ですが、
こんな衣も有りなのです・・・・

パン粉は小麦系、私がおすすめする
のは米(こめ)系のもの。

ある海外の研究者の理論では、

「現代人は様々な種類の食べ物を
一度に消化できるような体に対応して
いない・・・」

といっています。

私も、ちょっと聞いただけなので
「ほんまかいな?」と半信半疑ですが・・・

現代のように、種類豊富に食物を
食べるようになってまだ数百年。

これ、想像ですが、猿だった頃の
人間は、肉だけとか、魚だけとか
果物だけとかで1種類だけ。

一度に何種類、何十種類も食べて
なかったですよね。

原始人が、

「今日は、刺し身のあとに豚カツ!、
リンゴとバナナが入ったチョコレート
パフェも食後に食べるぜ!」

という感じで食べてなかったはずです。

いろんなもの食べるようになって
たかが数百年なら、現代人の胃や腸は、
原始人とかそれより前の獣の体のまま。

いろんな食べ物に対応できる消化力
のある内臓にまだ進化してないって
いう理論です。

実は、消化にすごく負担をかけて
いる(膵臓に負担がかかる)から
病気になる・・・
なんてこともいっています。

消化器系の病気って多いですよね。

胃がん、大腸ガン、すい臓ガン・・・

特に証拠もないのでわかりません
が・・・

で、ちょっとだけ上記の話を信じて
いる私は、

ごはんを多く食べる日本人なら
パン粉を付ける豚カツも米系の衣を
付けたほうが
「相性いいのかな?」と思い、

考案したのが、
「せんべい”衣”の豚カツ」です。

パン粉の原料は小麦で、せんべいは米。

なので、米のごはんに合わせて
和菓子の「せんべい」を豚カツの衣に
するわけです・・・

ごはんと同じ米系の方が消化が
いいような気がしています。

で、私、
この「せんべい衣」で豚カツを作った
のですが、けっこう上手くいって
サクサクに揚がったのです。

色も薄いキツネ色でいい感じ。

和食では、米が原料の「あられ」を
衣にして揚げものを作ったりするので、
それと同じような感覚です。

で、おすすめのせんべいは、
「塩せんべいか「プレーン味のせんべい」。

「しょう油焼きせんべい」は、多分
揚げると焦げると思うのでお勧め
できません。

とにかく、サクサクに揚がって、
美味しかったので、おすすめしたい
料理です。

「せんべい衣のジューシー豚カツ」

は、少量の油で揚げるレシピなので、
あとの処理も簡単です。

騙されたと思って作ってみて下さい!
↓↓↓

【材料】(1人前)
豚ロース肉・・・一枚(120g)(1cm厚)
(できれば3枚買って余分に仕込んで
冷凍しておく)
塩、黒コショウ・・・少々
塩せんべい(中)・・・3~4枚(50g)
(しょう油せんべいは焦げるので駄目)
米粉(上新粉)・・・大さじ1杯
卵(S玉)・・・1個
オリーブ油・・・フライパンの1cm弱の
深さになる量。
つけ合せサラダ・・・適量
ドレッシング・・・適量

 


1、豚肉は冷蔵庫から出して常温に戻しておきます。
(目安は30分前、その時の気温等で変わる)
塩、黒コショウを軽くふります。

(筋が多い場合は「筋切り」して下さい
揚げてる間に曲がってしまうので)

 


2、「せんべい衣」を作ります。
塩せんべいは、少し湿らせたキッチンペーパーなどで表面に
付いている塩を払い落とします。

 


3、せんべいを破けにくいナイロン袋に入れ、
固いもので叩いて潰します。
(袋が破けないように・・・)
(写真は湯吞みで叩いてます)

細かくし過ぎると、サクサク食感が
半減するので3mm角の粒が残るくらい
を目安に潰して下さい。

潰れたら、豚肉が入るくらいのボウルに
移し換えておきます。

 


4、バットには米粉を入れ、ボウルには
玉子を割り入れて混ぜておきます。

豚肉に米粉をまんべんなくまぶします。
(余計な粉は払い落とします)

 


5、米粉をつけた豚肉を卵につけます。
全体に満遍なく付けます。
(あまりたっぷりつける過ぎると
「せんべい衣」が剥がれやすくなります)

 


6、(5、)を「せんべい衣」の中に入れます。
「せんべい衣」を豚肉に手で押し付けるのではなく、ボウルを
ゆすって豚肉全体にまぶすようにします。

 


7、衣が付いてない部分にだけ軽く押して付けます。
衣もまんべんなく付けておきます。

 


8、できるだけ小さい(一枚だけ揚げる場合)フライパンに
オリーブ油を1cm弱の深さになるように入れます。
強火で熱します。

 


9、1分ほど加熱したら、中火にして
豚肉をそろ~ッと入れます。

片面2分~2分半揚げます。
時々”揚げてる面”を見て、衣の色が
急激に濃い色になるようなら火力が
強いので弱火にして揚げます。

(揚げてる間にキッチンペーパーを
敷いたバットを準備しておきます)

 


10、2分~2分半後、裏返しさらに揚げます。
(分厚い豚肉の場合はもう少し長く揚げて下さい)

 


11、両面揚げたらキッチンペーパーにのせ、油分をきります。
(引きあげる少し前に高温にすれば、
衣がさらにサクッとなります)

(残り油が少ないので、キッチンペーパーに
吸わせてゴミ箱にポイ!で済みます、
「一回だけで勿体無い!」と言う方は濾して使って下さい)

 


12、油分がきれたらまな板にのせ、7~8等分に切ります。
(筋切りしてないので、ちょっと曲がりました・・・)

 


13、平らな大皿の奥側にサラダを盛り手前に切った「とんかつ」
を切った面が少し見えるように盛って完成です!

トンカツソース、大根おろしポン酢、
オーロラソースなどを付けながら
食べて下さい。

私は、塩を付けて食べました(旨い!)

せんべい、卵、米粉が余ってしまうので
豚肉3枚分仕込むと丁度使い切ると
思います。

冷凍ストックしておけば、”揚げる”だけ
で済みます。

是非!作ってみて下さい。

 

 

 

0

サワラと彩り野菜の味噌よごし

梅しらす和風チャーハン

関連記事

  1. キャベツと豚バラ肉のミルフィーユ蒸し

    酒で蒸すだけの斬新料理これほど相性のいい組み合わせはありません。佐藤です。今回は、…

  2. 豚ロース肉のカリッと天ぷら! からし醤油を付けて。

    佐藤です。前回までおすすめしていた、「手軽に作れる!居酒屋一品」。…

  3. 胡麻香る!チョイ辛!手羽先から揚げ

     佐藤です。最後にもう一つ”サイリウムを使った料理”を伝授しておきま…

  4. たっぷり水菜と豚バラ肉のハリハリ鍋

    「塩」VS「脂」佐藤です。今回は「脂分が多い食材に合う鍋出し汁」の作り方を伝授し…

  5. 豚しゃぶのせマロニーの韓国冷麺風

    コシがありすぎて味も辛過ぎるので苦手です...佐藤です。「マロニーちゃんで作る冷麺」…

  6. 和風出しのあっさり一人モツ鍋

    誰でもできる「割合鍋だし」で作るあっさりモツ鍋!佐藤です。あなたは、私が伝授した簡単にで…

  7. ほど良い食感!白才野菜炒め

    佐藤です。今回は、「野菜炒めを美味しく作るための真の方法」を伝授します。…

  8. ニンニクたっぷりのニラ豚キムチ炒め温玉のせ!

    佐藤です。今回は、「体を活性化させる、栄養効果抜群の 豚キムチ炒め」を、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年3月
« 2月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP