超ズボラ!ブリの照り焼き

企業秘密の【秘伝タレ】

佐藤です。

今回は、

「とにかく、これだけ覚えておけば多くの照り焼き(タレ)料理に対応できるという”秘伝のタレ”」

を伝授します。

魚の照り焼き、鶏の照り焼きなど「美味しいタレ」を知っていると便利ですよね。

市販のタレを使えば楽に料理できるかもしれませんが、イマイチ美味しいものが無かったり、添加物も気になると思います。

が、今回、伝授する【秘伝のタレ】は私が初めに修行したお店の「企業秘密のタレ」

添加物もなし、百数十年お客さんを「旨い!」と言わせてきた最高に旨い伝統のタレです。

これ、私が伝授されたままのレシピをあなたに伝えるとうんざりするくらい面倒な作業があります。

なので、家庭で作りやすいよう簡単にアレンジしました。

で、毎回、料理するたびにそのタレを作るとめんどくさいと思うので、”作り置きできる”方法でお伝えします。

多めに仕込んでおけば、「ブリの照り焼きを食べたい!」と思った時に、すぐに作ることができます。

ブリを焼いて使う分だけの”タレ”を出して入れただけ。

「ブリの照り焼き」が簡単になります。

「照り焼き」、「タレ焼き」と付く料理ならどんな料理にも使えるので、
とにかくこの【秘伝のタレ】だけ、覚えておけば便利です。

そのお店に侵入しなければ知ることができない、
【秘伝のタレ】レシピはこの先です。
↓↓

【材料】(1人前)
ブリ切り身…一枚(100g)
大根おろし…少し
粉山椒…少々
油…小さじ1/2杯
(オリーブ油、胡麻油などがおすすめ)

【秘伝のタレ】
濃口しょう油…81cc
みりん…108cc
清酒…108cc
砂糖…60g
(砂糖を使いたくない場合は、みりんを”228cc”に変えて下さい)

1、鍋に【秘伝のタレ】の調味料を合わせます。
2、中火にかけ、玉じゃくしでかるく混ぜ沸騰したら火を止めます

(これが”タレ”の原液になります。

完全に冷めたらペットボトルや容器に入れ替えて冷蔵保存して下さい、

1ヶ月くらい持ちます。)
3、フライパンを強火で熱し、油を入れ1分後ブリを入れ、弱火にして焼きます。

(盛り付けた時に皮が上になるほうが「表」なので、表から焼き始めます)

ブリの臭みを抑えたい場合は、薄く塩をふって20~30分置いて下さい、

余分な水分と共に臭みが抜け旨味も増します。

(その後、水で洗って水気を拭き取って焼く)
4、火加減は、弱火ですが一番弱火よりは少し強めです。

(フライパンの底に炎がギリギリ届いてないくらい)
5、弱火でジワジワ焼くと側面から見た時、熱が通った部分が白くなってくるのでこれ(焼きライン)を焼き加減の目安にします。

(フタはしないです。

フタをするとブリ全体に熱が加わって焼きラインがわからなくなるので)

フタをすれば早く焼けますが、焼き加減(焼く時間)が難しくなるのと、”ベタッ”とした仕上がりになるので、軟らかくジューシーに焼きたい場合は、フタをしない方法がおすすめです。
6、白くなった部分が身の半分くらいなったら(時間的には2分30秒~3分)フライ返しで裏返し反対面も同じように焼きます。

「焼きライン」が消えたら中まで熱が通ってますが、反対面は側面が見にくいので時間を見て焼いたほうがいいと思います。

(同じ2分30秒~3分焼くってことです)
7、もし皮がパリッと焼けてない場合は、もう一度裏返し、皮をフライパンの側面に軽く押し当て1分ほど焼いて下さい。
8、ブリが焼けたら、器に盛ります。
9、フライパンは洗わず、【秘伝のタレ】を大さじ3杯弱加えて中火で煮詰めます。

(原液【秘伝のタレ】にはアルコール分が残っているので、煮詰めている時に火が付いて少し炎が上がるもしれませんが、数十秒で消えるので慌てないください)
10、半分くらいまで煮詰めたら火を止めます。

(時間的には2分くらい)

「とろ~ん」となるくらいが目安です。

「どろっ」となるまで煮詰めると辛いです。

(薄味が好みなら、煮詰め加減を浅く、濃い方いい場合はさらに煮詰めてください)
11、煮詰めたタレをブリにかけます。
12、大根おろしを添えて、粉山椒をふって完成です。

タレと大根おろしを絡めながら食べて下さい。

(大根はたんぱく質を分解する酵素を含むので、肉、魚といっしょに食べると消化がよくなります、
生の大根でないと効果がないです)

とにかく、【秘伝のタレ】、これだけ覚えて下さい。

タレを使う料理にはほぼ全部使えますので。

濃口しょう油…81cc
みりん…108cc
清酒…108cc
砂糖…60g
(砂糖を使いたくない場合は、みりんを”228cc”に変えて下さい)

メモして目につくところに貼り付けて置くといいと思います。

【追伸】

「毎日の料理、ワンパターンになっていませんか?」

いつもの料理の味付けを簡単にアレンジでき、マンネリ化した食生活を改善できる、

『万能!たれ餡ソースの味付け便利帖』

これは、たれやソース、ドレッシングやあんかけの餡など70種類以上のレシピを網羅した調味レシピ集です。

これを活用して頂ければ、食べ飽きた料理でも今日から”いつもと違う味”で楽しめます!

今、この調味レシピ集を無料でプレゼントしています。

「同じ料理の繰り返しで、飽きた…」
という場合は、こちら↓から詳細を見て下さい。

”割合”でお手軽煮物、柔らかかぼちゃの旨煮

環境を変えてみる…

関連記事

  1. ブリの和風甘酢あん

    「リンゴ酢でサッパリ健康的!」佐藤です。今回は、「健康のために摂る調味料で作る、美…

  2. アスパラ豚肉巻きの醤油だれ

    思い込みで「美味しい!」を逃してませんか?佐藤です。「手間がかかりそうで、実はそう…

  3. 野菜たっぷり豚平焼き丼

    炒め野菜で早く熱を通すには「○○」を加える...佐藤です。今回は、「野菜が…

  4. 照り鮮やか!若鶏もも肉のロース焼

    「レパートリーを増やす大事な考え方」手軽に作れる!居酒屋一品その4佐藤です。…

  5. ガリバタ牛サイコロステーキの豆苗サラダ

    「脂肪を溜め込まない肉の食べ方」佐藤 周生です。あなたは牛肉、好きですか?…

  6. ホタテと彩り野菜の塩麹バター炒め

    2つのコク旨調味料で1ランクUP佐藤です。今回は、「旨味とコクの強い海鮮野菜炒め」…

  7. ぶりの照り焼き

    『究極のシンプル照り焼きタレ!』佐藤 周生です。今回は、「甘過ぎず、しょう油辛くな…

  8. 厚切り豚バラ肉と玉ねぎの和風ステーキ

    老舗の激ウマ和風ステーキソース佐藤です。私は、高校2年の夏、地元で繁盛店のステーキ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP