柚子こしょう風味のマロニーガッツリ!鶏もも肉出ししゃぶ極旨!一人鍋

無限の「簡単!鍋出し」

佐藤です。

今回は、”1つ”。

これだけを習得してください。

「オールラウンド”鍋出し”、”12:1:1”の鍋出し汁」を伝授します。

あなたがもし今、「鍋」と聞いて、この”12:1:1の出し汁”が瞬間的に頭にパッと浮んで、
「佐藤がいつも言ってるアレだろ?オレは、マスターしたからどんな鍋でも簡単に作れるぜ!」
と、思えるならこの先は読まずにすっ飛ばしてもいいです。

が、もし、
「何、それ?」
と思ったのならこのまま読み進め、”12:1:1の鍋出し汁”を完全にマスターしてください。

そうすれば、あなたはこれからの鍋シーズン、「何の鍋作ろうか?」と頭を抱えることがなくなります。

体に猛毒としかいえない食品添加物が、ウジャウジャの「レトルトパック鍋出し汁」を買う必要もなくなり殺されなくて済みます。

”12:1:1の出し汁”は、オールラウンド”出し汁”です。

あらゆる「鍋出し」に変貌します。

よせ鍋出し、
もつ鍋出し、
ピリ辛鍋出し、
洋風鍋出し、
うどんすき鍋出し、
大根orかぶらおろし鍋出し、
中華風鍋出し、
カレー、
トマト、
みそ鍋出し、
生姜鍋出し湯豆腐出しetc…

他の香りの出る野菜、香辛料などを使用すれば”無限にできる”と言っても過言ではありません。

なので、あなたオリジナルの「鍋出し」も作成可能です。

出し汁が「無限」なら、材料をちょっと変化するだけで「鍋」の種類も無限に作れます。

その”出し”は、目を瞑っても出来るくらい簡単です。

みりん、淡口しょう油の調味料があれば一瞬で作れます。

しかも、何百回作っても同じ味にできます。

味がぶれません。

その、”12:1:1の出し汁”とは…

割合で作る「鍋出し汁」です。

例えば、30ccくらい入るおたまを使って、鍋に水を12杯量って入れ、みりんを1杯、淡口しょう油1杯を加えます。

後は、粉かつお節小さじ1~1杯半を入れる。

コレだけで、旨い「鍋出し」が作れます。

30ccのお玉なら約1人前、420ccの量の鍋出しができ上がります。

「出し汁12:みりん1:淡口しょう油1」

12:1:1の「割合」です。

お玉のサイズが異なっても、割合で作る出しなので”味”が安定します。

この鍋出しをマスターし調味料さえあれば、自分で「鍋の出し汁」が作れるので、市販の殺される「鍋出し」をわざわざ買わなくていいのです。

「出し汁12:みりん1:淡口しょう油1」に、ニンニクをぶち込めば、「もつ鍋出し」一味、豆板醤など香辛料を加えればピリ辛鍋出し。

粉かつお節をコンソメ、ブイヨンにチェンジすれば洋風鍋出しにできます。

これらは、ほんの一部です。

オールラウンド”鍋出し”は、「無限」です。

あなたにも出来ます。

「出し汁12:みりん1:淡口しょう油1」

”12:1:1”、まずはこれだけマスターしてください、基本となります。

今回のレシピは、
「柚子こしょう風味のマロニーガッツリ!鶏もも肉出ししゃぶ極旨!一人鍋」

もちろん出し汁は、「出し汁12:みりん1:淡口しょう油1」の鍋出し汁。

柚子コショウをちょこっと加えてほんのり柚子の香りがする、鶏もも肉メインのちょいピリ辛の風味のいい極旨「鍋」です。

レシピをすぐ、ご覧下さい。
↓↓↓

【材料】 (1人前)
鶏もも肉…150g
マロニー…30g
絹ごし豆腐…80g(1/4丁)
キャベツ…50g
小松菜…20g

【柚子こしょう鍋出し汁】
(出し汁12:みりん1:淡口しょう油1の割合)
水…360cc
みりん…30cc
淡口しょう油…30cc
粉かつお節…小さじ1杯(2g)
柚子こしょう…微量

1、マロニーは、ボウルに入れ、熱湯で戻します。

軟らかくなったら、流水で洗って水に浸けておきます。
(乾燥すると硬くなるので)
2、キャベツは4cm角に切ります。
3、小松菜は、根元を切り落とし、ボウルに入れた水でよく洗います。

水気をきって、5cm幅に切ります。
4、豆腐1/4丁は、3等分に切ります。
5、鶏もも肉を削ぎ切りにします。

包丁を寝かせて切り始め、5mm厚くらいで薄く広く切ります。
(6~8枚)
6、一人鍋に【柚子こしょう鍋出し汁】の水、調味料、柚子こしょうを「12:1:1」で合わせ強火にかけます。

沸騰してきたらキャベツ、豆腐を加えます。
7、マロニーも水気をきって入れます。
8、出し汁が沸騰しキャベツが軟らかくなったら、切った鶏もも肉を投入。

鶏肉を菜箸で出し汁に浸かるように軽く押し込みます。
9、鶏肉に熱が通ったら、小松菜を入れます。
10、1分ほど焚いて小松菜に熱が通ったら、火を止め、完成です!

オールラウンド”鍋出し”は、「無限」に鍋が作れます。

「出し汁12:みりん1:淡口しょう油1」

”12:1:1”、マスターしてください。

秋、冬は、これを基本にあらゆる「鍋料理」を伝授していきますので。

胡麻タレのマグロ丼

名残りゴーヤーの豚キムチ炒め

関連記事

  1. 極旨!甘味無し!?の一人鍋

    佐藤です。「毎日の料理で実際に使える包丁テクニック!」は、一度お休みしまして…今回…

  2. 新じゃが芋とシャケの春満載鍋

    ”計り”を使わず美味しい春の鍋...佐藤です。今回は、「春野菜を使った簡単な鍋」を伝授します…

  3. 鶏肉とマロニーのみそ汁

    食べてみないと分からないものです...佐藤です。私が初めに料理の修業をした店は、高…

  4. 出し汁が旨すぎる! 鯨ベーコンのハリハリ鍋

    佐藤です。「専門店で堪能できるような本格出し汁が味わえる、誰でも料理可能な”鯨ハリハ…

  5. 豆腐とちりめんジャコとチップスのカリカリサラダ

    「サラダを最後まで美味しく食べる簡単なひと工夫」佐藤 周生です。今回もサラダレシピ…

  6. 黄金比の極旨鍋だし

    手作り鍋を美味しく作るならこれ!佐藤です。今回は、「簡単にできる、でも手作りの”鍋…

  7. ランチめし献立6:「タラと春雨の三ッ葉香る旨だし一人鍋」「セロリ…

    ランチめし献立6 セロリの皮を剥かない?佐藤です。ランチめしの献立、しつこく6つ目…

  8. ほかほか暖まる酒!あなごと焼豆腐の旨だし鍋

    「頭が鍋になる!?・・・」佐藤です。今回は、「濃い口しょう油の”鍋”」を伝授します…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2021年9月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP