簡単夏の煮物!冬瓜と焼き油揚げの含め煮

【副菜・酒の肴】冬瓜を焼いた油揚げと共に15分焚くだけ!冬瓜のやわらかい食感と透明感のある見た目が夏らしさを感じさせてくれます。

「シンプルに「煮る」のが一番!」

今回は、「冬瓜の簡単煮物」を伝授します!

佐藤 周生です。

突然ですけど、行きつけのスーパーに「冬瓜(とうがん)」はありますか?

こんなやつですが…

もしあれば、1/4とか1/8にカットして売っていると思います。

でも、なぜ、「冬瓜」という名で夏に売っているのか?

そもそも、旬は夏。胡瓜や青瓜、西瓜なんかと同じ。

とうがんは、「丸のまま、涼しいところで保存すれば冬まで使える」ということで、

「冬瓜」と名が付いたようです。

はじめは「とうが」と読んでいたとか…

で、夏になると和食ではこの冬瓜を必ず使います。

そのまま食べると香りも少なく果肉に味も無いのですが、これが料理にとっては好都合。

濃い味から薄味まで幅広い味付けや調理法が可能なわけです。

例えば、

私がホテルに勤めていた時は、「冬瓜を茹でて、白味噌のだしに漬けたり」とか「白湯鶏ガラスープの煮汁で焚いたり」とか、

「粉を付けて揚げて、揚げ出し豆腐みたいにしたり」など、いろいろやってました。

でも、シンプルに「煮る」のが、一番のおすすめ。

そこで、おすすめの冬瓜の煮物が、

「冬瓜と焼き油揚げの含め煮」

冬瓜をササっと茹でて、油揚げを直火で焼き、「出汁12:みりん1:淡口醤油1」の煮汁で焚くだけ。

やわらかくした方が食べやすいため、下茹で作業がありますが、冬瓜を小さめに切るので5分ほど茹でればOK。

あとは焼いた油揚げと共にあっさり煮汁で15分煮る…

油揚げの脂分のコクと焼いた香ばしさが、あっさり煮汁といっしょに味気ない冬瓜にしみ込んで美味しい!

冬瓜は、加熱すると果肉の部分が半透明っぽくなるので、その透明感から涼しさも感じて頂けると思います。

冬瓜のそぼろ餡かけなど、手を加える料理も美味しいですが、

シンプルに薄味の煮汁で焚くだけでも冬瓜を楽しめます。

作り置きできるレシピ、みて下さい。
↓↓

【材料】(2~3人前)(作り置き)
冬瓜…大1/8コ(400g)(※皮が全体的に濃い青色(緑)が良い)
油揚げ(正方形)…大1枚

塩…小さじ1杯

【煮汁】
水…360cc
みりん…大さじ2杯(30cc)
淡口醤油… 大さじ2杯(30cc)
粉カツオ節…小さじ2杯

1,冬瓜は、切って下茹でします。

皮をスプーンで削ります。外側の濃い青色の硬い皮だけを削り取って下さい。

※削り過ぎると青い部分が無くなってしまい、見た目が悪くなる。
2,内側のタネの部分を切り取ります。

※切るところは、種の部分と果肉の境目。よく見ればわかります。
3,縦2等分に切って、5mm幅で切ります。

※端の部分は細くなっているので、大きめに切る。
4,鍋に水と冬瓜と塩(小さじ1杯くらい)を入れ、強火にかけます。

沸騰してきたら中火にして、やわらかくなるまで茹でます。
5,油揚げは、油抜きします。

両面に熱湯(湯沸し器の湯でもOK)をかけ、手で挟んで水分をしっかり切ります。
6,直火(網)の弱火で、焦がさないように焼きます。

両面、少し焦げ目が付くまで焼きます。

※すぐ焦げるので、よく見ながら焼く。
※網が無い場合は、トースターやグリル、フライパンで焼いてもOK。
7,焼けたら、半分に切って7mm幅で切ります。
8,冬瓜は、5分ほど茹でたら、やわらかくなっているか確認します。

串(爪楊枝)を刺して、あまり力を入れずに貫通すればOK。
9,すぐに水にさらして冷まします。(水の勢いを抑えめに)
10,焚きます。

鍋に冬瓜を入れ、水(360cc)、みりん・淡口醤油(各大2)も加えます。

11,粉カツオ節(小2)も加え、切った油揚げも入れ、強火にかけます。
12,沸騰してきたら、中火の弱にしてアクを取り、15分焚きます。

※アクは3~4回取ればOK。キリが無く出てくる。
13,15分焚いたら出来上がり!火を止めます。

※できれば、このまま5時間~一晩寝かします。(冷蔵庫へ)
味が中まで滲み込んで美味しいです。
14、味が滲みたら、器に盛ります。(1人前:冬瓜5カン・油揚げ6カンくらい)
(立てかけるようにして盛ると綺麗)

※すぐに食べることもできますが、味のしみ込みが弱い…
15,煮汁をたっぷりかけて完成です。

それほど手間をかけずに作ることができる「冬瓜の煮物」です。

味が滲み込むとめちゃ美味しい。

温めてもいいですが、この時期は冷たいほうが美味しく食べて頂けます。

旬を感じる夏野菜の「冬瓜」…

是非、煮物で楽しんでみて下さい。

シャキシャキ!レンコンと豚肉の味噌炒め

甘み感じる!もろこしチヂミ

関連記事

  1. こっくり手羽元の 味噌照り煮、ゆで卵添え

    「中火と弱火の境界線とは?」佐藤 周生です。今回は、「中火~弱火の加減」を伝授しま…

  2. 長芋のあっさり煮「餡」仕立て

    超ズボラな調理師が教える・・・佐藤 周生です。今回は、「煮物を簡単に餡かけ料理に変…

  3. しろ菜と豚肉のあっさり炒め煮

    作り置きの時は...佐藤 周生です。今回は、「作り置き副菜におすすめの野菜…

  4. アスパラと若芽と豚肉の生春巻き 青じそドレッシング

    酒のアテになる冷製一品なら、これ!佐藤です。今回は、「夏らしいさっぱり食べやすい、…

  5. 日持ち料理!鮭の南蛮漬け

    「やっぱり南蛮酢は、この比率が1番です!」佐藤です。今回は、「2週間日持ちする定番…

  6. 牛肉とゴボウとこんにゃくの 甘辛しょう油煮

    この驚異的ごはんのおともレシピは本日限り?!これ、ごはんにそのままかけても美味しいかも..…

  7. 元気回復!豚しゃぶとゴーヤのサラダ

    「疲労回復には、こんなサラダがおすすめ!」佐藤です。今回は、「豚しゃぶとゴーヤの元…

  8. 砂糖なし!みりんで作る体に易しい高野豆腐の柚子煮

    砂糖なしの体に易しい煮物佐藤です。今回は、「砂糖なしで美味しくできる、高野豆腐の煮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年6月
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
PAGE TOP