濃厚!味噌煮込みうどん

【麺】”田楽みそ”を使って簡単にできる「味噌煮込みうどん」!濃厚な味噌の香りがうどんとベストマッチ!根菜たちの甘味も美味しさを引き立てます!

濃厚なのにほど良い味加減…

佐藤です。

”田楽みそ”で作れる料理、第3弾!

今回は、「味噌煮込みうどん」を
を伝授します。

「田楽みそ」を仕込んでおけば、
味噌煮込みうどんでさえも簡単に
作れます!

根菜など食材をだしで焚いて、
田楽みそを加えて「味噌だし」を作る。

あとは、うどんを入れて少し煮込むだけ。

短時間でできると思います。

今回は、大根、人参、ごぼう、きのこ
と豚肉を使いましたが、具材は何でも
OK。

合う・合わないでいうと根菜類が合う。
芋類は食感的にあまりおすすめしません。
(食べ合わせも悪いですし…)

鍋に入れる具材ならだいたい合うと
思います。

前回の「鶏の土手焼き」をトッピングで
加えるというアレンジもできますね。

とにかく「田楽みそ」が美味しいので、
食材が変っても美味しくなるわけです。

作り方のポイントが2つあります。

1つ目、うどんを入れたら混ぜながら
煮込む…

味噌だしは、味噌が濃いので鍋底に
焦げ付きやすい。うどんも一緒に焦げ
付くことがあります。

焦げると最悪の味になりますからね。

なので、”混ぜながら煮込む”。

高速で混ぜる必要はありません。
うどんがちぎれない程度。
軽く混ぜながら…でOKです。

2つ目のポイントは「だし」。

出来れば、カツオ節・昆布でだしを
取って、それを使って頂きたい。

昆布が入ると旨味を出すのに時間が
かかるので、”カツオ節だけ”でもいい
です。

カツオのだしは、田楽みそと合わると
、風味が強くなってさらに美味しく
感じます。

田楽みそは赤味噌を使ってますが、
カツオ節と赤味噌の香りの相性は
抜群!

もっといえば、カツオ旨味も赤味噌と
すごく合う…

だから、味噌汁でも「赤出汁」には、
煮干しなどのダシよりカツオ節の
ダシの方が合うんです。

ついでにいうと、白味噌や麦味噌は、
”煮干だし”が合います。

詳しくは忘れてしまったのですが、
旨味成分の違いによるものです。

ということで、出来ればカツオ節で
だしを取ってそれを煮込みうどんに
使って下さい。

これが「味噌煮込みうどん」の作り方
、2つのポイントです。

「味噌煮込みうどん」の煮汁
(味噌だし)は、味噌汁の汁の感覚と
は全く違います。

甘味も多いですし、味噌も多め、
濃厚です。

かといって味噌辛いわけではない…
うどんに合う濃厚さ。

私も久しぶりに作って食べましたが、
味噌だしを一滴残らず最後まで飲み
干したくなる、そんな味です。

想像しながらレシピみて下さい。
↓↓↓

【材料】(1人前)
うどん…1玉(冷凍でもOK)
豚肉(バラスライス)…50g
大根…中太の輪切り2cm分(40g)
人参…中太の輪切り1cm分(20g)
ごぼう…細い部分1/4本(20g)
しめじ…1/6P(30g)
春菊…小1株

【煮汁(味噌だし)】
だし…400cc
田楽みそ…140~150g


1、大根は4等分して、5mm幅で切ります(いちょう切り)

 


2、人参も同じように切ります。(若干小さいほうが大根と熱の通りを均一
にできます)

 


3、鍋(ひとり土鍋)に大根・人参とだし400ccを入れて強火にかけます。
(大根・人参は軟らかくなるまで時間がかかるので、他の材料を切る前に茹でます)

沸騰したら、中火にして茹でます。

 


4、大根・人参を茹でている間にゴボウをささがきにします。
ゴボウを少しづつ回しながら、ピーラーで削ぎ落として下さい。

 


5、ササっと流水で洗ってアク抜きします(栄養を重視するなら、洗わない
ほうがいいです。アクは”ポリフェノール”。味がエグくなりますが…)

 


6、ごぼうも加えて、5~6分茹でます。

 


7、しめじは、根元部分を切り落とし、大きい場合は2~3等分に裂いて下さい。

 


8、春菊は根元を切り落として流水で洗い、水気をきっておきます。

 


9、豚肉スライスは、2~3等分に切り分けます。

 


10、大根・人参を食べてみて軟らかくなっていれば、しめじ、豚肉を入れます。

 


11、だしが蒸発しているので足します。(100ccくらい)

大根人参を茹で始める時、だしの水位が鍋のどの位置あるかを見ておいて、
その位置までだしを足せばOKです

 


12、弱火にして、田楽みそを加えます(溶きます)。

 


13、うどんを入れ、再度強火にします。
(冷凍うどんは、解かしておくほうが早くできます)

 


14、沸騰したら、中火にして1分ほど煮込みます。
必ずうどんを混ぜながら煮込んで下さい(鍋底の焦げ付き防止)

 


15、最後に春菊を加え、軟らかくなったら出来上がり!

お好みで一味、粉山椒を加えて食べて下さい。

野菜、肉をだしで茹でて「田楽みそ」
を加えて、うどんと煮込む…

これだけで濃厚な美味しい味噌うどん
が楽しめます。

「田楽みそ」、何ですかそれ?と思ったら
こちら↓をみて下さい。

「田楽みそ」を作っておくだけで
何十種類もの味噌料理が作れますよ!

 

 

 

 

4+

鶏もも肉の土手焼き風

ミルフィーユ風呂吹き大根

関連記事

  1. 豚肉のジャンボたれ焼き

    こだわりの「照焼き事件」佐藤です。今回は、豚のこま切れ肉を使った簡単!酒のアテ!…

  2. あさりと小松菜の酒蒸し

    タウリン効果のカンタンあさり料理「”あさり”の栄養を全て摂取する効果的な食べ方」を伝授します…

  3. 創作焼き魚!鮭の田楽焼き

    15分で作れます、美味しい田楽みそ!佐藤です。今回は「風味の豊かな田楽料理」を伝授し…

  4. 新玉ねぎとホウレン草と豚肉のジンジャー醤油炒め

    使ってこそ役立つレシピです...佐藤です。今回は、「春の食材を使った簡単炒め物」を伝授しま…

  5. 最高に美味しい!「ゆで枝豆」の作り方

    先輩に怒られました...佐藤です。少し弾力のあるコリコリっとした食感。食べだすと…

  6. 豚肉とじゃが芋とほうれん草の 胡麻みそ鍋

    佐藤です。 昨日、更新できなかったので、今日(23日)更…

  7. 名残り”ゴーヤ”の豚キムチ炒め

    佐藤です。あなたも聞いたことがあると思いますが・・・食材の愉楽の方法として、和食には…

  8. さわらと若布のあっさり煮付け

    本来の魚の煮付けとは?佐藤です。”魚の煮付け”を、「味をしみ込ませて食べる料理」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP