手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その2)

【おかず・酒のアテ】手作り「おでん」を気楽に作る方法!その2。下準備が出来ればあとは「割合の煮汁」で焚くだけ!手羽先の旨いがでた濃厚だしのおでんが味わえます!

出しっぱなしでも腐らない方法

佐藤です。

「おでん」の煮汁は”割合の煮汁”で
簡単に美味しくできます…

”手作りおでんを作る”2日目です。

1日目で、大根を軟らかく
茹でました。

ゆで卵も作りました。

コンニャクも下茹でしました。

「定番おでんダネ」は下準備
バッチリです。

で、

後は、何をするのか・・・

特別なことは何もしません。

”焚く”

だけです。

大きめの鍋に「煮汁」を合わせて
厚揚げ、平天、ちくわ、はんぺん
もち巾着など、

あなたの食べたい”練り物”を加えて
焚くだけです。

食べにくそうな大きな練り物は、
切って入れて下さい。

私は今回、がんも、ごぼう天、平天
ちくわなどの定番のおでんダネは
避け、変わりダネを入れました。

レンコン挟み天、手握りイカ平天、
ウインナー巻き、薄揚げを入れて
みました。

厚揚げだけは好きなので絶対に
外せません。

多めに入れました。

それから、美味しい「おでん」にする
ための旨味を出す”手羽先”も忘れずに
入れます。

切込みを入れ、湯通しして臭みを
取ってから加えます。

「大きな鍋に煮汁を合わせて…」と
「煮汁」を簡単に表現しましたが、

実際「煮汁」は簡単です。

おでんの煮汁も”割合の出し汁”で
作れます。

おでん煮汁の割合は「12:1:1」が
ベスト。

『出し汁12(もしくは水12+カツオ
出しの素):みりん1:淡口醤油1』

です。

あなたが薄味が好みなら、

「出し汁”14”:みりん1:淡口醤油1」

で合わせて下さい。

この煮汁に、おでんダネを入れて
弱火でじ~っくり1時間焚きます。

途中、煮汁が煮詰まったら「出汁」を
少し加えます。
(ない場合は水でOK)

忘れないようにタイマーをセットして
後は、ほぼほったらかし。

手羽先の旨味とおでんダネの味が
とろ~っと煮汁に解け出て濃厚な
旨出し汁に変化します。

1時間後、強火にして一度完沸騰させ
火を止めます。

このままおいて寝かせます。

一度”完全に沸騰”させておくと
出しっぱなしでも腐りません。
(夏場でも傷みにくいです)

できるだけ高温多湿の場所は避けて
置く方が良いですね。

1日寝かせることで、食べるまでに
味がしっかりしみ込みます。

次の日、夕飯が楽しみになります。

あくる日仕事から帰ってきたら、
おでんの鍋を火にかけ、沸騰寸前まで
温めて完成です。

すぐに食べられるので、取り皿と箸を
準備するだけ。

焚きたてと1日寝かせたおでんの味の
滲み込み具合を食べ比べるのも面白い
かもしれませんね。

私も忙しい時は「二日かけるおでん」
のやり方で作ります。

一度に全部準備すると気持ち的にも
料理のやる気が失せますから…

「二日かけて作るおでん」その1は
こちら↓

それでは2日目の作業を説明します。

↓↓↓

【材料】(2人前)
れんこん挟み天・・・2個
厚揚げ・・・3個
薄揚げ・・・2個
ウインナー巻き・・・2個
イカ平天・・・2本
茹で卵・・・2個
茹で大根・・・2個
コンニャク・・・2個
出し昆布・・・少量(4cm角1枚くらい)

【煮汁】
だし…780cc
(または水+カツオだしの素大さじ1杯)
みりん…大さじ1+小さじ1(65cc)
淡口醤油…大さじ1+小さじ1(65cc)

 

 

 

 

 

 

 

1、材料を揃えます。
うす上げは、6~8等分に切ります。

 

 

 

 

 

 

 

2、ボウルに熱湯を入れ、その中に天ぷら類を入れます。
(油分をぬきます)

 

 

 

 

 

 

 

3、手羽先に切り込みを入れます。
太い部分の中心に包丁を”ブスッ”と
突き刺します。

 

包丁をそのまま固定し、
手羽先を手前に持ち上げます。
スッと貫通すれば骨と骨の間に入っています。

 

 

 

 

 

 

 

4、熱湯に入れ、湯通しします。
表面が白くなったら冷水で冷まします。
水気を切ります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、鍋におたま(60~70cc)で水1杯,2杯,3杯・・・
12杯と量り、みりん1杯、淡口しょうゆ1杯も入れます。
強火にかけます。

かつお出しの素3gと出し昆布1枚も入れ、
沸騰したら、材料を全部入れます。
大根、コンニャク、ゆで卵、手羽先を下の方に入れると
味がよくしみ込みます。

再度沸騰したら、超弱火で1時間焚いて下さい。
タイマーを30分でセットします。
”ピピッ”とタイマーが鳴ったら煮詰まっているので
「だし」を足してさらに30分焚きます。
(弱火のままでいいです)

もう一度30分でタイマーをセットします。
1時間後、強火にして完全に沸騰させます。
火を止め、アクをすくい取ります。
これで完成です!

鍋を冷えやすい場所に移動させておきます。

出しっぱなしでもOKでう。

隙間を空けてふたをします。
(熱を早く逃がすため)
ふたが無い時はキッチンペーパーを
かぶせてもいいです。

後は、次の日までたのしみに待つだけです。

今回は私の好みのおでんダネを使い
ましたので、あなたのお好きな
おでんダネを入れて下さいね。

是非!作ってみて下さい。

作業1日目はこちら↓

 

0

手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その1)

海老とせりの旨出し玉子とじ

関連記事

  1. 手作り!まぐろのオイル漬け

    あなたは、1週間毎日飽きずに食べられる、「1週間日持ちの作り置きレシピ!」が存在すれば信…

  2. チキンスープでコッテリ! 手羽先のガッツリ、にら玉みそ汁

    これが、一番簡単かも・・・・佐藤です。今回は、「汁物系”にら玉”」を伝授します。…

  3. 手羽元の和風トマト煮込み

    美味しい!煮込み料理はトマトとかつお節だけでいいのです...佐藤です。今回は、ト…

  4. ミルフィーユ風呂吹き大根

    1時間を20分にできるズボラ調理法!佐藤です。「田楽みそ」で作れる料理シリーズ。…

  5. 生姜の効いた具だくさん!けんちん豚汁

    佐藤です。今回は、「冷えた体を温める汁物」を伝授します。強烈な暑さが続いてい…

  6. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと をお伝えします。佐藤です。練り胡麻を料理に使う…

  7. 大根と平天のあっさり煮

    ”時短下茹で法”佐藤です。今回は、「大根の下茹で時短法」を伝授します。「…

  8. 柚子ポンで食べる!鶏すき焼き鍋

    私が隠し持つ究極の料理佐藤です。今回は、「隠し通すつもりだった 驚愕の”すき…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2020年7月
« 6月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031  
PAGE TOP