ちくわとキノコの玉子とじにゅうめん

【めん料理】そうめんをホットで食べる『にゅうめん』は、あっさりだしがよく合う!ちくわとキノコの玉子とじをのせればボリュームも出て最高に旨い!

「あ~うまかったぁ~」のにゅうめん

佐藤です。

お家の乾物などのストック箱を開ける
と「まだ残ってた!」とひょこっと
出てくる食材ってありますよね。

その1つでありえそうなのが
「そうめん」ではないでしょうか。

そうめん=冷たい料理=夏!

というイメージがあると思いますが
温かくして食べても美味しいのですね。

かけうどんのような感じ。

そう考えると「そうめん」は季節に
関係なく年中使えるのですね。

麺料理として使うだけでなく、
会席料理では、短く砕いて揚げ物の
衣に使うこともあります。

例えば、栗を魚のすり身で丸ごと
包んで、その周りにそうめんを貼り
付け、低温で揚げます。

すると、そうめんがいい感じの
ブラウン色になって「いがぐり」
ようになるんです。

これを少し裂いて、盛り付けると
中が見えて、まさに取れたての「栗」

そうめんを「衣」として使う方法です。

他にも海老に衣として付けて揚げると
天ぷらの海老とはまた違った、
カリカリッとした食感で楽しめます。

「いがぐり」のように旬の食材の形に
美しく見立て、
「見て楽しむ」ことができるのも
和食の醍醐味だと思います。

これを家庭でやると超めんどくさい
ので、今回はもっと簡単な料理で
おすすめしたいと思います。

それが温かい『そうめん』。

温かいそうめんは『にゅうめん』と
といいます。

漢字で『煮麺』と書くので”にめん”
がなまって「にゅうめん」になった
ようです。

にゅうめんは、かけうどんより
あっさりの「だし汁」で作ります。

通常は寒い季節に食べる料理なので
寒い時は、薄味の方が美味しく感じる
からです。

で、かけうどんのように具材の少ない
シンプルなにゅうめんですと食べ応え
がないので、

きのことちくわを加えた玉子とじを
にゅうめんの上にのせます。

これだけでボリュームのある豪快な
めん料理になります。

この料理、そうめんを湯がく作業
以外は簡単です。

そうめんは、生で食べられないので、
湯がくしかないので…

といっても湯がく時間は1~2分。
すぐにできますよ。

インスタントラーメンを作ってると
思えば、それほど苦にならないと
思います。

和食のお店で、にゅうめんは
冬の定番料理の1つです。

私が修行したお店では、
最後の締めに食べるお客さんが
たくさんいました。

酒の後に食べるので、すっきり
するのか、

「あ~うまかったわぁ~」といい
ながら帰るお客さんもいらっしゃ
いましたね。

そんな、さっぱりで食べられる
「ちくわときのこの玉子とじ、
にゅうめん」

作り方、説明します!
↓↓↓

【材料】(一人前)
そうめん・・・2束
ちくわ・・・1本(50g)
しめじ・・・1/10P(30g)
卵(M玉)・・・2個
刻みネギ・・・適量

【にゅうめん出し汁】
だし・・・500cc
(もしくは水500cc+カツオだしの素小さじ1/2杯)
みりん、淡口醤油・・・各大さじ1と小さじ2(25cc)
塩・・・2つまみ(2g)

 


1、しめじは、根元を切り落とし、
ばらします。

 


2、ちくわは、斜め切りの10等分
に切ります。

 


3、そうめん、茹でます。
大きめの鍋に6分目まで、水(湯)を入れ
沸騰させます。
ボウルなどに水を300ccくらい、
入れておきます。
沸騰したら、そうめんをばらしながら
入れます。

 


4、くっ付かないようにすぐに箸で
混ぜます。

 


5、強火のまま、再度沸騰して吹き
こぼれる寸前に水を100ccほど入れます。
沸騰がおさまります。
再度、吹きこぼれる前に、また
水を入れます。
これを、3~4回繰り返します。
(この茹で方をすれば、そーめんの芯が
残りにくくなります。)

 


6、最後、沸騰したらザルに空けます。

 


7、すぐに冷水にさらします。
冷めたら水気を切っておきます。

 


8、”出し汁”つくります。
別鍋に、だし(500cc)、みりん・
淡口醤油(各大さじ1と小さじ2)
を入れて合わせます。
火を付け、かるく混ぜ、少し
温まったらすぐ火を止めます。

 


9、卵をボウルに割り入れよく混ぜて
おきます。

 


10、別鍋に【にゅうめん出し汁】を
200cc取り出して入れます。
沸騰させ、ちくわ、しめじを入れ、
焚きます。

 


11、しめじが軟らかくなったら
「溶き卵」を回し入れます。
すぐに火を止めます。
(あとで温め直し熱を通します)

 


12、【にゅうめん出し汁】を沸騰
させます。
完全に沸騰したら、湯がいた
そーめんを入れます。
(沸騰したところに入れると、
そーめんがのびにくくなります)

 


13、再度沸騰したらどんぶり鉢入れます。

 


14、(10、)をもう一度温めて
卵が半分ほど固まったら、そーめんの
上にのせます。
刻みネギをのせて完成です!

ぽかぽか温まる、あっさり味の
あったかいそうめん料理。

玉子のとろとろ感もたまらないです。

是非!作って下さい。

 

追伸:

「うどん」や「和そば」でもいけます
が、少しみりんと淡口醤油を足して、
だしを若干濃くした方が美味しいと
思います。

 

0

和風出しのあっさり一人モツ鍋

手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その1)

関連記事

  1. 鶏つけ出しのガッツリ!浸けそうめん

    佐藤です。今回は、”冷たいそうめん”は、まだ早い!という時に食べる、…

  2. 具だくさん! そうめんチャンポン

    佐藤です。和の職人なら必ず熟知している、「極上そうめんの湯がき方」を、伝授し…

  3. 卵で簡単!鶏むね肉のチーズピカタ

    鶏むね肉を最高の食感で食べる方法佐藤です。ご存知の方も多いと思いますが、今回の料理「…

  4. 手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その2)

    出しっぱなしでも腐らない方法佐藤です。「おでん」の煮汁は”割合の煮汁”で簡単に美味し…

  5. アナゴと焼豆腐の旨だし鍋

    濃口醤油だしで簡単「変り鍋」佐藤です。「応用が利きまくる!濃口しょうゆの鍋出し」…

  6. 手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その1)

    気楽に作れる味のしみ込んだ「おでん」2日かけましょう...このほうが美味しいですし、調理時間…

  7. 焼き過ぎ!?ぶりとキノコのバターしょう油ステーキ

    ”失敗”料理なんです・・・今回は、「焼き過ぎた魚を野菜でカバーする方法」…

  8. タラとしめじの蓮根かぶせ蒸し! 春菊餡かけ【動画あり】【リンクあ…

    佐藤です。今回の料理は、「心が”ホッ”と休まる、蒸しもの餡かけ料理」を伝授します…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP