簡単なのに高級な味! 鯛のかぶらおろし鍋

【鍋】タイ切身とかぶらおろしの相性抜群「鍋」!あっさりの”だし”に鯛とかぶらの風味が加わると何ともいえない上品な味になります!

家庭でも簡単に作れる上品な味!鯛とかぶらの純和風鍋

「基本の鍋出汁」を、

ちょっと応用するだけで、
簡単に高級な”鍋だし”に
変貌させる方法を暴露します。

佐藤です。

「基本の鍋出汁」とは、
出し汁(水とかつお出しの素)と
みりん、淡口醤油を、

『12:1:1』

の”割合”で合わせた出し汁です。

この「割合」で合わせると
どんな鍋でも美味しく作れる
魔法の『出し汁』です。

寄せ鍋、うどんすき鍋、カニすき鍋、
もつ鍋、つみれ鍋、出し湯豆腐etc….

これらの「鍋」全部に適用できます。

何度かお伝えしていますが、
あなたは習得できましたか?

”出し汁12:みりん1:淡口醤油1”

です。

で、今回は、この鍋出汁を
応用して”高級な味の鍋出し汁”
にする方法です。

応用と言っても簡単です。

淡口醤油を減らして、
『塩』を加えます。

淡口醤油”1”

淡口醤油(0.3)+塩(0.7)

にします。

これだけで高級感が出ます。

淡口醤油で減らした分の塩気を
塩を加えて塩気を補うイメージです。

塩が入ると上品な味になります。

例えば、「お吸い物」。
ほぼ塩味ですが、上品な味です。

あなたも1度は飲んだことが
あるはず。

下品な味ではなかったと思います。

ただ塩を加えるだけで、お吸い物の
ような上品な味わいの「鍋」が食べ
られる。

家にいながら”料亭”のような味が
楽しめます。

この『塩』が入った「基本の鍋出し」
を最も活かせる、
「鯛のかぶらおろし鍋」で作り方を
伝授します。

鯛とかぶらは相性抜群。

関西では、基本の煮物に
「鯛かぶら」という料理が
あるくらいです。

私が、20代の頃、
業者に10万円で買わされた
「日本料理新技術全書」にも
載ってます。

日本料理の専門書は、高額な本
ばかりです。
勉強にはなりますけど・・・

 

久しぶりに親父と食事をする時間が
あったので、この鍋を食べさせたら、
無言で黙々と食べてました。

私は、先に食事を済ませあくる日、
冷蔵庫を見たら、いつもなら捨てて
しまう出し汁を鍋ごと残してありました。

親父は、出し汁で雑炊を作るつもり
だったのでしょう。

多分、雑炊を食う前に腹が一杯に
なったんだと思います。

そりゃまぁ、
「これでもか!」ってほど野菜を
たっぷり入れてやりましたからね・・・

美味しすぎて無言で食べてしまう、
「鯛のかぶらおろし鍋」の作り方
伝授します!
↓↓↓

 

【材料】
鯛の切り身・・・100g(6~7切れ)

切り身になっている鯛を買って
来て下さい。

骨付きでもOKですが、
うろこは取ってある鯛切り身が
いいです。

ちなみに私は、298円の安い
鯛の切り身を買いました。

7切れで骨なし、うろこ無しでした。

白才・・・100g(中2枚)
しめじ・・・30g
白ネギ・・・20g(2切れ)
春菊・・・15g
もめん豆腐・・・100g(約1/3丁)
かぶら・・・100g
(小さいものなら1個、
デカイかぶらなら1/4個)

【鍋出し汁】
水・・・420cc
みりん・・・35cc
淡口醤油・・・10cc
塩・・・2g
かつお出しの素・・・2g

 


1、白才は、流水で洗って4cm角
くらいに切ります。

茎は小さく、葉は大きく切ります。
(熱の通りを均等にするためです)

・しめじは、根元を切り落とします。
・白ネギは、6cmの長さで斜め切り、2切れ。
・豆腐1/3は、3~4等分に切ります。
・春菊は根元を切り落とし、流水で
綺麗に洗って土を落します。

 


2、かぶらは、皮剥きで皮を
剥きます。

おろし器でかぶらを回しながら
すりおろします。
(回しながらおろすと繊維が
残らず細かくなります)

 


3、ザルに入れ、水分を切ります。
軽く手で押さえて水分をしぼって
下さい。

 


4、「基本の鍋出し」の水、
調味料を一人鍋に合わせます。
強火で加熱します。

 


5、沸騰したら、白才、しめじ、
白ネギ、豆腐を入れます。

白才は、茎の部分を底の方に、
葉の部分はその上に入れて下さい。
再度沸騰したら中火にします。

 


6、野菜類が少し煮えてたら「鯛の
切り身」を入れさらに焚きます。
1分くらい焚けばOKです。
(焚きすぎるとパサパサになり、食感
が悪くなります。)

 


7、最後にかぶらおろしを加えて、
春菊を入れ、1分ほど焚いたら
できあがりです!

 


8、冷めないうちに食べて下さい。

明日、作って食べてください!

あなたが”塩分”を気になさる場合は
塩の量を少し減らしてください。

 

 

0

アナゴと焼豆腐の旨だし鍋

軟らかジューシー! 若鶏モモ肉から揚げ

関連記事

  1. ジャコ柚子かぶら の 塩こうじ和え【動画あり】

    佐藤です。今回の料理は、「ジャコ柚子かぶら の塩こうじ和え」を伝授します。…

  2. あっさりだし!鶏だんごのちょい辛キムチ鍋

    食欲増進!「ちょい辛鍋」私は、仕込みに余裕のある時は配達の業者さんと雑談します。30…

  3. とぅるん食感!鶏むね肉 のゆず胡椒出し鍋

    佐藤です。今回は、「鶏むね肉を軟らかく食べる鍋」を伝授し…

  4. 鶏もも肉とキャベツのくたくた 味噌煮(モツ鍋風)

    佐藤です。今回は、「にんにくたっぷりの煮込み料理」を伝授します。「ニ…

  5. もずくガッツリ!湯どうふ

    佐藤です。私は、幼少の頃「湯豆腐」を食べた記憶がないです。冬に豆腐を食べる時はい…

  6. たっぷり水菜と豚バラ肉のハリハリ鍋

    「塩」VS「脂」佐藤です。今回は「脂分が多い食材に合う鍋出し汁」の作り方を伝授し…

  7. ネバネバとろ~ん!タラとなめ茸とチンゲン菜の蓮根おろし鍋

    佐藤です。今回も、「みぞれ鍋」。もう一つ、簡単で旨い”みぞれ鍋” を伝授したいと…

  8. すぐできる!鯛の子と三つ葉の玉子とじ

    佐藤です。今回は、「残った”魚の子の生姜煮”を使い切りちょこ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP