野菜の香味!牛蒡まみれのあっさり豚出し鍋

【鍋・おかず】牛蒡香るあっさり味の豚鍋!牛蒡の風味を生かした自然の味が楽しめる簡単な鍋料理です!

誰でも作れる手作り「鍋だし」とは…

いつでも簡単に誰でも美味しく
作れる「鍋出し汁の作り方」を
伝授します…

佐藤です。

この鍋だしの作り方を1つ習得して
おけば、もう市販の「鍋出し素」を
買う必要はありません。

あなたが自分で「鍋出し汁」を
作ることができる…

その方法は、ある一定の「割合」で
”調味料”と”出し汁”を合わせます。
(ここでいう出し汁とは水とかつお
出しの素を混ぜたものを指します)

その割合とは、

『出し汁12:みりん1:淡口醤油1』

例えば、30ccくらい入る玉じゃくし
を使って、出し汁を12杯、みりんを
1杯、淡口醤油も1杯と量って入れる。

これだけ。

できれば、カツオと昆布で取った、
”出し汁”を使って頂きたいですが、

短時間で料理を作らなければならない
と思いますので、カツオだしの素を
使ってもOKです。

あまり安価な「だしの素」は塩分が
多いので、食塩無添加を選んで頂きたい。

で、もし薄味が好みなら鍋だしの割合
を「だし14:みりん1:淡口醤油1」
にして下さい。

出し汁の割合を増やすことで薄味に
できます。

反対に濃い味が好みなら、出し汁の
割合を「10」にして下さい。

この「割合の鍋だし」さえ習得して
しまえば、

・魚の鍋でも、
・肉の鍋でも、
・どんな野菜の鍋でも、

美味しく作れます。

”割合さえ崩さなければ”いつでも
同じ味に作ることができます。

例えば、一人前の土鍋が家にあると
します。

あなたの一人鍋のサイズと私の一人鍋
のサイズは違う…

となれば、

入る出しの量が変わってきます。

私が今回レシピで使用した鍋は500cc
くらいの鍋出しの量で丁度いいのですね。
(鍋の半分くらいの量になっていれば
ベスト)

具材が入る分、量が増すので半分くらい
で十分。

実際の分量で言えば、出し汁は480cc、
みりんと淡口醤油は各40ccの分量で
合わせる560ccとなり、

ちょっと多いですが、500ccに近い量
で丁度いい感じになります。

40cc入る玉じゃくしがあれば、出汁を
12杯、みりんと淡口醤油を1杯づつ
鍋で合わせればいいだけです。

「そんな玉じゃくしない」という場合
は、計量カップ、計量スプーンで
量って下さい。

出汁を計量カップで480cc量って入れ
みりんと淡口醤油を15ccの計量
スプーンで2杯と2/3杯(40cc)入れ
れば同じになります。

鍋だしの基本の割合は、
「だし12:みりん1:淡口1」です。

例え、全体量が変わっても「割合」が
同じなら”味も同じ”にできるのです。

もし、あなたの鍋が小さいなら、
出し汁360cc:みりん30cc:淡口醤油
30ccに減らして作ればいいだけです。

「だし12:みりん1:淡口1」になって
ますよね。

出汁は計量カップで360cc。
みりんと淡口醤油は15ccの計量スプーン
で2杯づつ量って合わせるだけ。

簡単です。

「12対1対1」です、覚えましたか?

で、今回のおすすめ鍋は、その割合で
合わせた、

『牛蒡まみれのあっさり豚出し鍋』

食物繊維がタップリ摂れる牛蒡を
「これでもか!」ってほど入れてます。

なので、

牛蒡の香りが出し汁に染み出て何とも
言えない風味を楽しめます。

豚肉はロース肉を使用し、
脂っこくなくあっさりした鍋に。

仕上げにある”隠し味”を入れるので
さらに美味しくなります。

あなたがこの「鍋」を作って食べてみて、

「こんなもん食えん!まずい!」

と言うなら、私は頭を丸める覚悟です。

 

そのくらい”旨い!”と自信もって伝授
できる「鍋だし」です。

もし、あなたが、
「ちょっとみりん増やしたら旨いんじゃね」
と勝手に割合を変えたら「旨い!」の
保証は、できませんが…

”隠し味”の正体を知りたい場合は、
詳しい作り方をみてください!
↓↓↓

 

【材料】(一人前)
豚ロース肉・・・100g
(しょうが焼き用スライス)
牛蒡・・・50g(1/2本(細))
白才・・・80g(大1枚)
白ネギ・・・20g(1/5本)
春菊・・・10g(1/5束)
厚揚げ・・・1/2個
人参・・・少量

【鍋出し汁】(一人前)
水・・・480cc
(かつお出しの素3つまみ)
みりん・・40cc
淡口醤油・・・40cc
柚子胡椒・・・少量
(好みで加減)

 


1、牛蒡は流水で綺麗に洗います。
皮の表面に包丁の先で切り込みを
入れます。

縦に5,6本切り込みを入れて
下さい。
(皮は剥く必要ありません!
牛蒡は、皮に”旨み”があります。)

 


2、ピーラー(皮むき)を使用して
牛蒡の表面を削り、”ささがき牛蒡に
します。

 


3、ピーラーで削りにくくなった
芯の部分は包丁で刻みます。

 


4、ザルに入れ、水で3回すすいだ
後、5分ほど水道水を出しながら
さらします。

(必ず2,3回すすいでから
水にさらして下さい。そのままさらすと
いつまで経ってもアクが抜けません)

 


5、白才は、4cm角に切ります。
厚揚げ1/2は、3等分に。

白ネギは、5cmの長さの斜め切りを
三枚。豚ロース肉は、半分にきって
おきます。
人参は薄い輪切りで、三枚切っておきます。

 


6、鍋に鍋出し汁を合わせ、
沸騰したらささがき牛蒡と人参を
ぶち込みます。
中火で3分焚きます。

 


7、人参が軟らかくなったら、
白才、白ネギ、厚揚げを加えて
焚きます。

 


8、豚肉も入れて、色が変わったら
春菊を入れすぐ火を止め、
出来上がりです。

 


9、”隠し味”を入れます。

おたまに出し汁を少量入れ、その中で
ほんの少し、「柚子胡椒」を溶きます。
鍋だしに混ぜ込んだら完成です!

 


明日、必ず作ってみてください!

言葉を失うほど”旨い出し汁”が
楽しめます!

鍋のだし汁、
「12(だし):1(みりん):1(淡口醤油)」
(だしは水+出汁の素でもOK)
をマスターしましょう!

 

 

0

簡単な酒のアテ!ごぼう天のゴマ油焼

アナゴと焼豆腐の旨だし鍋

関連記事

  1. 豚ロース肉の梅みそ焼き

    調理時間わずか”10分”の豚肉料理佐藤です。私は、家庭の事情で中学の時、私と弟、父親…

  2. ふわふわ軟らか! 豆腐肉だんごのトマト鍋

    佐藤です。昨日は、睡眠不足で起きれず更新 できませんでした、失礼しま…

  3. オリーブ焼き茄子と豚ロース肉の トマトマリネ

    佐藤です。「すりおろしたトマトを使う 茄子と豚肉のマリネ料理」を伝授します。…

  4. 鶏ぶつ切り肉の旨塩だし鍋

    自分のお店でぼったくるつもりでした...梅雨が終わったら”夏”。暑くなる前、上半期最後の…

  5. 名残り”ゴーヤ”の豚キムチ炒め

    佐藤です。あなたも聞いたことがあると思いますが・・・食材の愉楽の方法として、和食には…

  6. 鶏もも肉とキャベツのくたくた 味噌煮(モツ鍋風)

    佐藤です。今回は、「にんにくたっぷりの煮込み料理」を伝授します。「ニ…

  7. シャケときのこのあっさり鍋

    何度も伝授した必殺の「鍋だし」佐藤です。私のようにブログを書いている人にとって関心が…

  8. 豚肉とかぶらのシンプルだし鍋

    応用が効きまくる「時短鍋」佐藤です。今回は、「レンゲで食べるひとり鍋」を伝授しま…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP