巨大鶏つくねの照り焼き

【おかず】強大な鶏ひき肉の固まりをフライパンで焼いて秘伝のタレで絡める!濃厚でまったりと味わえる食べ応え抜群の鶏つくね!

レパーリーを増やせば楽になる

豪快な「鶏肉の料理」を伝授します。

佐藤です。

もし、あなたが1つの食材に対し、
1つの料理しか知らなければ、
それしか作ることができません。

例えば、

鶏のもも肉を使った料理で「唐揚げ」
しか知らないとなれば「唐揚げ」しか
作れないです。

冷蔵庫の鶏肉を見て「唐揚げ」しか
思いつかなかったら、

「”唐揚げ”この間、食べた
ばっかりだな・・・」

「あ~、何作ろう・・・・」

となり、考えても考えても
思いつきません。

”迷い”のスパイラルに陥り、気分は
落ち込み、料理することすら嫌に
なります。

ですが、

あなたが1つの食材で何種類もの
料理を覚えておくと、

「今日は、何を作ろうか?」

と迷ったとしても、食材1つ見て
ちょっと頭を回転させるだけで、

「そうだ!あれ作ろ!」

すぐに料理を思いつくようになります。

レパートリーが多ければ多いほど
料理が思いつきやすくなる。

あなたが、あまり気が進まない料理
でも一度作ってみることが、
レパートリーを増やす”カギ”です。

以外にその料理からあなたの好みの
料理に応用できたりします。

「レパートリー増やさないと
駄目なんだ・・・」

と考え過ぎるとプレッシャーになって
だんだん作るのが嫌になって
きますから、

私がお伝えしている料理で
「これ作ったことないな。」って
思う料理があったら、

「これでも作ってみるか。」

と軽い気持ちでやってみてほしいです。

”作ってみる”対”作らない”

は、”100”対”1”の差があります。

気の進まない料理でもちょっとづつで
いいので挑戦してみて下さい。

で、今回は鶏肉の料理で
「ガッツリ!鶏つくねの照り焼き」
です。

鶏のひき肉をボウルで調味料とこねる。

日ごろのうっぷんをはらすように
力一杯こねます。

そのひき肉を割り箸にくっ付ける。

フライパンでこんがり焼いて、
後は、佐藤が伝授する【秘伝のタレ】
をからめるだけです。

で、何が”ガッツリ”かというと
”つくね”がデカイ。

長さ15cm、幅4cmくらいです。

1つだけでも食べごたえがあるのに
それが『2本』。

どこの焼き鳥屋にも無い「巨大つくね」。

軟らかく食べごたえがあり、濃厚な
”タレ”がたっぷり絡んでいるので
しっかり味を感じるおかずになります。

卵の黄身をつけながら食べれば
酒のアテにもなるので「旨い!」です。

が、1つデメリットが…

ひき肉をこねる作業がちょっと面倒。

しかし、こねこねする時間は3~4分。

この3~4分の「壁」を越えれば最高に
旨い「ガッツリつくね」が食べらます!

作り方をみて下さい!
↓↓↓

【材料】
鶏ひき肉・・・ムネとモモ各100g
卵・・・(L玉)1個
しその葉・・・2枚
サラダ油・・・小さじ2杯(10cc)
塩・・・2つまみ
濃口しょうゆ・・・小さじ1杯(5cc)
酒・・・小さじ1杯(5cc)
片栗粉・・・大さじ3杯(約30g)
おろし生姜・・・小さじ1
卵・・・1個
【秘伝のタレ】
濃口しょう油、酒
・・・各大さじ1と小さじ1(20cc)
みりん・・・大さじ3と小さじ1(50cc)

 

 

 

 

 

 

 

 

1、卵(1コ)をボウルに割り入れ、黄身だけを小皿に取り出します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2、ボウルに鶏モモのひき肉(100g)、ムネのひき肉(100g)、
塩(2つまみ)も入れ、ボウルにこすり付けるように混ぜます。(練る)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3、ひき肉に粘りがでたら、濃口しょう油、酒、おろし生姜を
各小さじ1、(1、)の白身、片栗粉大さじ3杯(約30g)
も加えて、よくこねます。全体に混ざったらOK

 

 

 

 

 

 

 

 

 

4、(3、)を2等分します。
割り箸を割って箸と箸の間を少し空け、
(3、)をくっ付けていきます。

上手く付かないようならお皿などにおいて形良く付けけて下さい。
(手に油を塗ると手にくっ付きにくくなります。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5、フライパンを強火にかけ、30秒熱し、油を入れ
全体に広げたら弱火にします。

(4、)を入れて焼きます。
(形が崩れたら整える)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

6、3分焼いて写真のように焼色が付いたら裏返します。
反対面も同じように3分焼きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

7、【秘伝のタレ】を入れ、つくねに絡めながら煮詰めます。
タレが”とろ~”となったら出来上がり!
火を止めます。
(つくね全体にたれを絡めて下さい)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

8、平皿の器にしその葉を敷いて
つくね2本を盛り、タレも全部かけます。
卵の黄身を添えて完成です。

粉山椒があれば少々とふって下さい、
美味しくなります。
つくねそのままの味と黄身を付けた味を
比べながら食べて下さい!

おかずになるガッツリ肉料理です。

是非、作ってみて下さい!

1+

豚肉と赤玉ねぎのカツオ風味甘酢炒め

軟らかすぎる豚肉のステーキ! 極旨トンテキ

関連記事

  1. アドレナリン噴出! マグロのガーリックたたき

    佐藤です。今回も手軽にできる居酒屋一品。「にんにくの”元気”効果…

  2. 秋しゃけのキノコまみれ柚子おろしポン酢

    「シャケ」と「サケ」の違いをご存知ですか?佐藤です。「秋感じる、ボリューム創作焼き魚…

  3. 濃厚ガーリックソースのスペアリブ豚テキ

    どんな肉にも使える極旨濃厚ソースとは?佐藤です。今回は、 「どんな”肉”でも美味しく…

  4. 熱々!豆腐のピリ辛肉そぼろ掛け

    だし殻を”万能そぼろ”に!佐藤です。今回は、「肉そぼろをかけるだけの簡単豆腐料理」を伝授し…

  5. 名残り”ゴーヤ”の豚キムチ炒め

    佐藤です。あなたも聞いたことがあると思いますが・・・食材の愉楽の方法として、和食には…

  6. 臭みの少ない鰹のタタキ

    これはタタキでなくステーキです...佐藤です。「カツオの生臭みがどうも苦手・・・」…

  7. 簡単な酒のアテ!ごぼう天のゴマ油焼

    おでんに入れない、酒のアテ”ごぼう天”。おでんに入れるものと思い込んでいませんか?…

  8. ぶりのチャップ照焼き

    ぶりの照焼きの超!簡単アレンジ法とは?佐藤です。最初にちょっとお知らせです。最近…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP