ガッツリ!あさりと ささがき牛蒡の赤出汁

 

佐藤です。

今回は、

「あさりで栄養しっかり摂取する、
汁物」

を伝授します。

私は、居酒屋で働いた期間も10年
以上と長いのですが、「あさり」の料理
ってのはよく売れるんですね。

で、

特に「汁物」のあさり料理をお客さんに
出すと片付けの時に気づくのですが、
決まって”汁”を残しています。

「あさり」の身だけ食べて、汁を残すの
ですね。

で、私はいつも思ってました、

「肝心なところ残してるやん・・・」

と。

あなたもご存知のかもしれませんが、
「あさり」に限らず汁物に使う食材の
栄養分は、”汁”に流れ出ます。

お客さんはその汁を残して、
”栄養の抜け殻”を食って、

「栄養取れてるぜ!」

と満足しているのです。
(抜け殻の栄養はゼロではない
ですが・・・)

栄養の溶け出た”汁”を飲まないと
意味ないです。

なぜなら・・・

「あさり」に含む栄養素は種類も量も
かなり豊富。これ、逃しちゃいけません。

まず、ミネラルがたっぷり。

カルシウム、マグネシウム、カリウム、
亜鉛、鉄、
特に鉄分は、多くの食材の中でもトップ
クラス。
ミネラルは、滋養強壮や動脈硬化、高血圧
などの生活習慣病の予防に効果的です。

ビタミンも豊富、ビタミン12の含有量も
トップクラスで、
貧血、めまい、神経痛、慢性疲労の防止
になります。

タウリンは、だれもが知ってるスーパー
栄養成分。

アルコールの代謝、アルコール障害の改善
などから肝臓機能を正常にし、
眼精疲労の改善効果や交感神経の抑制効果
もあります。

コレステロール値の抑制や血圧抑制作用
などから血液サラサラ効果に繋がります

「あさり」の旨味成分は”タウリン”です。

だから旨い!

もう1つ旨味成分があって「コハク酸」と
いいます。これ、他の貝にも含まれる成分
ですが、「あさり」は他の貝に比べ10倍
以上含んでいます。

「コハク酸」 は、疲労回復効果もあり
糖の代謝にも関わるなかなか凄い成分
です。

こういったすばらしい効果をしっかり
得るためにも加熱で溶け出た栄養を
含んだ「あさり」の汁は、絶対に残し
ちゃ駄目ですね。

で、

私がおすすめしたいあさり料理は、

「ガッツリ!あさりとささがき牛蒡の
赤出汁」。

栄養効果を濃くするためガッツリの
あさりを使い、牛蒡も加えて普段の
食事で不足気味の「食物せんい」が
摂れる、赤出汁です。

「あさり」の濃厚な風味が堪能できる
汁物一品。

酒蒸しにも応用できる、「あさり」の
基本調理過程が分かるレシピは、
この先です!
↓↓↓

【材料】
あさり・・・400g
ごぼう・・・100g
油揚げ・・・1/4枚
刻みネギ・・・適量
粉山椒・・・少々
赤味噌・・・30~35g
水・・・500cc
カツオ出汁の素・・・2~3g

 


1、アサリを砂抜きします。
ボウルなどに1リットルの水、30g程度の塩を入れ塩水を
作ります(あさりが完全に浸かる量に加減)。ここに「あさり」を
入れ、お皿などでフタをして暗くしておきます。

約1時間おけば砂をはきます。
この後、真水で3、4回すすぎ洗いします。(真水で洗うと鮮度が
落ちるのでそのまま放置せず洗ったらすぐに調理をしてください)

(砂抜きが短時間でできる方法もあります。熱めの湯(45~50度)
に15~20分程度を浸ける(フタする)とすぐに「あさり」が顔を出し、
砂を吐き出します。後は上記と同じ。
この方法、温度を保たないと効果が薄いです)

 


2、牛蒡は、ささがきにします。

ピーラーを使い、鉛筆を削る感じで牛蒡を回しながら
ガシガシ削ります。
(牛蒡が太い場合は皮回りに縦に切り込みを入れれば、
細い「ささがき」にできます)

 


3、最後、牛蒡が細くなり、ピーラーで削りにくくなったら、
包丁で細長く刻みます。

できたら、すかさずザルボウルに入れ、流水で3~4回
すすぎ洗いし、水気をきっておきます。
(濁った水にならなくなればOk、水にさらす必要ないです)

 


4、油揚げは、1cm角になるように切ります。
ザルに入れ、湯沸かし器の湯をかけて「油抜き」します。

 


5、鍋に「あさり」と水を入れ、強火にかけます。
あくだ出てくるので、すくい取ります。

 


6、沸騰してきたら中火(吹き零れない程度に火を弱める)にします。
殻が開いた「あさり」から、ボウルなどに素早く取り出します。

 


7、「あさり」を全部取り出したら再度アクをすくい取り、
”ささがき牛蒡”を焚きます。
(いつまで経っても、開かない「あさり」は無理やり開けて下さい)

 


8、ささがき牛蒡が軟らかくなったところで、水を足します。
焚いているうちに水分がかなり蒸発しているので、
その分の水分を足します。ボウルの”あさり汁”と
100ccくらいの”水”を足します。

 


9、赤味噌を溶きます。カツオ出汁の素も加えます。

 


10、「あさり」を戻します。

 


11、油揚げを入れます。
再度、強火にして沸騰前に止め出来上がり!

 


12、お椀に「あさり」を盛り、赤出汁を横から注ぎ、
刻みネギをのせ、粉山椒をふって完成です!

 

是非!作ってみてください!

 

 

0

豚ロース肉のカリッと天ぷら! からし醤油を付けて。

アマ二油ドレッシングで、 まぐろとひじきのカルパッチョ風サラダ

関連記事

  1. 洗わない!?挽き肉の金平ごぼう

    ズボラ調理で栄養がしっかり摂れる方法佐藤です。「手間をはぶいて、栄養がしっかり摂れる…

  2. さばの船場汁(みそ汁)

    大阪商人発祥の旨い『船場汁』とは?大阪(関西)では、”捨てる”ことを『ほかす』っていいます。…

  3. 冬瓜と鶏肉だんごの合わせ味噌汁

    佐藤です。今回は、 『手軽にできる”冬瓜料理”』 を伝授します。冬瓜の旬は7…

  4. だしの効いた鶏肉と玉ねぎの和風カレースープ

    カレースープは、カレーの原点!?佐藤です。「手作りらしい、うま味と甘みとスパイス感が…

  5. 牛肉とゴボウのおかず味噌汁 

    こんな奇抜な味噌汁はいかがですか?佐藤です。今回は、「おかずになる味噌汁」を伝授します。…

  6. 鶏肉と茄子の炒め味噌汁

    ”炒める”味噌汁、知ってますか?佐藤です。やっぱり味噌汁を作ることって多いですよね?…

  7. ガッツリ具だくさん!残りもの野菜と鶏だんごの簡単汁

    佐藤です。『手間無し!簡単!くせになる 旨い!料理レシピ』、…

  8. 渡りガニの風味が濃厚な味噌汁

    独特の風味を楽しめる15分の潮汁とは?佐藤です。今回は、「風味が濃い!魚系みそ汁…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年7月
« 6月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP