手早く簡単!胡瓜と牛肉のにんにくバター醤油炒め

【おかず】生で食べる胡瓜を炒め物に!牛肉と合わせて炒め、バター醤油でちょっとコッテリ味に仕上げたおかずにピッタリの料理です。

「胡瓜をそんな料理に!?…」

佐藤 周生です。

「生で食べる定番の夏野菜を”炒め物”に使ってしまう方法」

を伝授します。

野菜は、生で食べる事で、酵素や、ビタミン、その他の栄養がしっかり摂取できます。

また、体を冷やす効果のある夏野菜も多いのでクソ暑い夏には最適といえます。

例えば、レタス、トマト、なす、オクラ、きゅうり、ゴーヤ、など・・・

菜っ葉類にも冷却効果があります。

ですが、

そういった野菜が生で食べることが出来るのは鮮度が良い状態のとき・・・

少しでも傷みがあると、「なんだか生では食べにくいな」と感じることもあると思います。

時には捨てることになったり・・・

もったいないですよね。

そこで、おすすめの料理!

「胡瓜と牛肉のにんにくバターしょう油炒め」

生で食べれる野菜は熱を通して食べられないわけがありません。

胡瓜もその夏野菜の1つ。

サラダなど生で食べるイメージが強いと思いますが、炒めても旨いのです。

ゴーヤーを使うときと同じイメージを持てばいいかと思います。

他のレシピサイトでも探せば「胡瓜炒め」はけっこうたくさん出てきます。

「胡瓜と牛肉のにんにくバターしょう油炒め」

は、胡瓜を太めに刻んで、牛肉とにんにく、胡麻油で炒めて、バターしょう油のタレで絡めるだけ。

切る作業は、ニンニクと胡瓜のみ。

牛肉は細切れ肉を使うので、切る必要なし、

かなり手早く作れます。

胡麻油、バターと脂分を使っているので、こってりの味を想像するかもしれませんが、胡瓜から出る水分によってさほどこってりには感じません。

「おかず」にピッタリの一品。

私、これ朝飯に作って食べましたが、胃が重くなるようなこともなく、ごはんと味噌汁にピッタリな「おかず」になりましたね。

油が気になる方は、次の日は油控えめの食事にして下さい。

…と偉そうなこといっている私ですが、若い時は特に脂っこいものが大好きで、毎日そういったものばかり食べていたので、消化に負担があったのだと思いますが、

胃痛に悩まされて、20代で3回も胃カメラ検査をする羽目に…

2回目と3回目は出血してました…

恥ずかしい話です。(大食いなので、それも良くなかったと思います)

スーパーのお総菜やコンビニの弁当類、また近年の外食料理は思っている以上に油分が多いですから、気にかけておいたほうがいいかと思います。

説得力ありませんが…

ちなみに「バター」と「胡麻油」はマーガリンなどと違って、摂り過ぎなければ良質の油類に入ります。

頻度押さえて使うならいいかと…

それでは、

胡瓜を生でなく”炒めて”食べる、というちょっと変わった料理のレシピを見て下さい!
↓↓

【材料】
牛肉(小間切れ)・・・150g
胡瓜・・・中1本(100g)
にんにく・・・中2片
胡麻油・・・小さじ2杯(10cc)
白ごま・・・少々

【バターしょう油タレ】
酒(清酒)・・・小さじ2杯(10cc)
みりん・・・小さじ2杯(10cc)
濃口しょう油・・・大さじ1杯と小さじ1杯(20cc)
バター・・・5g

1、胡瓜は両端を切り落とし、3等分します。
それを縦3~4等分に切って3~4mm幅で刻みます。
2、にんにくは天地を切り落とし、皮を剥いて2mm幅でスライスします。
3、【バターしょう油タレ】を作ります。
バター以外の調味料をボウルに合わせます。
4、フライパン(大)に強火にかけます。
胡麻油を入れ、すぐに「にんにく」も入れて炒めます。
5、にんにくが少ししんなり軟らかくなったら、牛肉を入れ
にんにくを絡めるように炒めます。
6、牛肉が赤いところが少し残っているくらいで
胡瓜を加えてさらに炒めます。
7、胡瓜が少し軟らかくなったら【バターしょう油タレ】をかけます。
素早く絡めて・・・
7、バターを投入!、素早くバターを絡めるように
20秒ほど炒めたら出来上がり!
8、平皿に盛り付け、白ごまをかけて完成です。

胡瓜と牛肉を買って作ってみて下さい。

胡瓜は炒めても美味しく食べられます!

手早く出来る!胡瓜と牛肉のにんにくバターしょう油炒め

毎日食べるべき”ある食品”とは?

関連記事

  1. カツオ出し煮の冷やしトマト

    リコピンを無駄なく摂りたいなら...佐藤です。これまでお伝えしたビールにピッタリの…

  2. 旨味の効いた!冷やし茶漬け

    化学調味料完全無添加の「冷やし茶漬け」佐藤です。今回は、「炎天下の暑い日にササっと…

  3. ホタテと彩り野菜の塩麹バター炒め

    2つのコク旨調味料で1ランクUP佐藤です。今回は、「旨味とコクの強い海鮮野菜炒め」…

  4. ゆでタコのバジル和え

    ”和える”だけ!のビールのアテ佐藤です。今回は、「ゆでタコを使った簡単酒の…

  5. 日持ち料理!鮭の南蛮漬け

    「やっぱり南蛮酢は、この比率が1番です!」佐藤です。今回は、「2週間日持ちする定番…

  6. 舞茸とピーマンの味噌炒め

    こっそり完食された野菜炒め...佐藤です。「きのこ類を使った秋らしい野菜炒め」を伝授…

  7. エビの塩焼 生姜酢

    フライパンで焼くだけ!佐藤です。今回のビールのアテになる一品は、「エビの塩…

  8. ズボラ!胡瓜の甘味噌和え

    野菜の和え物に「塩もみ」は不要!?例えば、「胡瓜とわかめの酢の物」...和え物にす…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2022年5月
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031  
PAGE TOP