大根と厚揚げの煮干だし田舎煮

更新遅くなりました。

佐藤です。

今回は、

「”下茹で”、実は面倒ではない」

という話をします。

何か野菜の煮物を作る時、

『下茹で』という和食の基本は

できるだけやって頂きたいと

思うのです。

『下茹で』することで・・・

・煮汁が滲み込みやすくなる
(味が滲み込みやすい)
・「硬い!」を防げ、軟らかくできる
・食材によっては甘味が増す
・アク抜きができる
・ヌメリが取れる
・野菜の色が綺麗に出る、透明感が出る
・煮物以外の料理にもアレンジできる

こういったたくさんのメリットが
あります。

しかし、『下茹で』しないと・・・・

・硬く仕上がることがある
・アクが残っているのでエグミ、苦味
を感じる
・野菜の種類によっては本来の
甘味を引き出せない。
・野菜の色が汚くなる

要するに真逆の結果になるわけです。

下茹でせずに煮汁で直接焚く、
『直焚き』という調理法もあるのですが
上記の悪い結果になりやすいです。

「失敗煮物」になる。

「佐藤さん”下茹で”が大事なことは
分かるんですけど、時間がかかるし
めんどうです・・・」

という意見もあるかもしれません。

確かに時間がかかる。

「茹でる」わけですからそれなりの
時間を要します。

これはどうすることもできないです。

が、

この「茹でている時間」を有効に
使うことで”めんどくさい”を払拭
できるのです。

「茹でている」間に他の作業を行なう。

これなら、少し”めんどくさい”が和らぐ
と思います。

私がよく行なう面倒に感じない
「下茹で中」にやることは・・・

「ごはんを焚く」です。

例えば・・・

今日の晩御飯はごはんとみそ汁と
”大根の煮物”それと何かおかずを
作るとします。

この場合、通常なら時間のかかる
ご飯を一番に炊く準備にはいると
思います。

ですが!

先に「大根を茹で始める」

大根は切り方によれば軟らかくする
のに20~30分かかることもあります。

が、

食べやすい小さめのサイズに
切った煮物用の大根なら、

10~15分で軟らかくなります。

なので、大根を切って鍋に水と共に
入れて火にかけ”茹で始めてから”
ごはんを炊く準備に入る。

お米を量って、研いで(洗って)
水を計量して、炊飯器にセットして
ボタン押して・・・

とやっているうちに10分くらいは
経ってますよね?

ごはんを炊く準備をしている間に、
大根の「下茹で」はほぼ出来上がって
いるわけです。

で、ごはん炊き始めたら
「大根の煮物」の煮汁を作って
すぐに焚き始めることができます。

さらに言えば・・・

大根焚いている間(15~20分間)
にみそ汁とおかずを作れば、
全く時間の無駄がなく、

それらが出来きる頃にごはんも
炊けますよね。

このように、茹でている時間を他の
作業にあてることで気が楽になります。

また、

「下茹で」は他の料理の炒めるなどと
同じで調理過程のほんの一部と考え
れば”めんどう”という気持ちは和らぎ
少し楽に感じれると思います。

で、そんな『下茹で』を行なえば最高に
美味しくできるおすすめ煮物が、

今回の、

「大根と厚揚げの煮干し入り田舎煮」

です。

メイン食材は大根と厚揚げの2つ。
2つなので、切る手間が少なく楽チン。

厚揚げの脂分が煮汁のコクとなり
大根に滲みこみます。

大根の香りも厚揚げに滲み込み
相乗効果で美味しくなります。

また、「煮干し」を旨味にしてますので
出汁の素やカツオ節で引いた出汁を
使う必要がありません。

煮干しの魚臭さも濃厚な旨味と共に
大根、厚揚げと調和されます。

とにかく「美味しい」の一言。

私、出来立てを食べたのですが、
煮干しの香りが大根に滲みて
旨かったです。

すぐにレシピを確認しておいて
下さい。
↓↓↓

【材料】
大根・・・中1/3本(300g)
厚揚げ(四角)・・・二枚(100g×2)
煮干し・・・20~30g

《田舎煮汁》
水・・・600cc
みりん・・・180cc
濃口しょう油・・・60cc
酒(清酒)・・・60cc
※基本的に田舎煮は、
「出汁10~12:みりん1:濃口しょうゆ1
+砂糖」の割合です。
今回は、煮干しの臭みを抑えるため
「酒1」を加えてます。
それと、砂糖は使ってないので、
みりんが「3」になってます。
もし、たまり醤油があれば、濃口しょう油と
半々で入れることで、しっかり濃い色の付いた
美味しそうな田舎煮に仕上がります。

 


1、だいこんは、4cm大の乱切りにします。
大根を1/4回転するごとに斜めに切り込めば
だいたい同じサイズに切れます。

(大根が太くなるほど包丁を右方向の角度にすれば
同じサイズをキープできます)

 


2、「下茹で」します。
大根を鍋にいれたっぷり(大根が被るくらい)の水を注いで
強火にかけます。吹き零れない程度で、できるだけ強火で
茹でます。(10~15分)

 


3、大根をゆでている間に厚揚げを「油抜き」します。
厚揚げに熱湯をかけ脂分を洗い流してください。

(この作業は省いてもいいですが、多くの場合あまりいい油で
揚げてないので流した方がいいと思います)
水気を切っておきます。

 


4、油抜きした厚揚げは、半分に切った後斜めに4等分します。

 


5、10~15分後、大根に爪楊枝(串)を刺し、
スッと貫通すればOK。
(抵抗感を感じる場合はもう少し茹でます)

 


6、軟らかくなったのを確認したら、水にさらして手で触れる
くらいまで冷まします。
その後、水気をきる

 


7、鍋に《田舎煮汁》の水と調味料、”煮干しを裂いて”入れます。
(煮干は裂くことで旨味が早く濃く出ます)

 


8、煮汁が沸騰したら大根、厚揚げを入れます。

9、再度沸騰してきたら、吹き零れない程度に火を弱め(中火)ます

このまま10~15分焚きます。

 


10、煮汁が1/3煮詰まるくらいまで焚いたら出来上がり!
(このまま寝かせる時間が長いほど「味」が浸み込んで旨いです)

 


11、器(深鉢)に小高く盛って煮汁もかけて完成です!

 

3~4日日持ちするので、作り置きもOKです。

是非!作ってみて下さい。

 

0

もずくガッツリ!湯どうふ

厚切 りベーコンと茄子のマヨネーズ焼

関連記事

  1. 時短技で作る!手羽元の鶏肉じゃが

    ズボラ肉じゃがの4つの楽チンポイント佐藤です。あなたは、肉じゃが好きですか? そうで…

  2. 生姜の効いた具だくさん!けんちん豚汁

    佐藤です。今回は、「冷えた体を温める汁物」を伝授します。強烈な暑さが続いてい…

  3. 砂糖なし!みりんで作る 体に易しい高野豆腐の柚子煮

    佐藤です。今回は、「砂糖なしで美味しくできる、高野豆腐の煮物」を伝授しま…

  4. 簡単!大根、人参、コンニャクの胡麻煮

    佐藤です。今回の野菜煮物は、「濃厚!根菜の胡麻煮」の伝授です。『胡麻…

  5. 日本酒”ふらんべ”で美味しい! ぶりのソテー、舞茸おろし餡かけ

    佐藤です。今回は、「肉や魚の臭みを抑える、”日本酒ふらんべ”」を伝授しま…

  6. 手羽先入り!濃厚旨だしのおでん(その1)

    気楽に作れる味のしみ込んだ「おでん」2日かけましょう...このほうが美味しいですし、調理時間…

  7. 胡麻マヨネーズの彩色スティックサラダ

    練り胡麻を使う時に最も大事なこと をお伝えします。佐藤です。練り胡麻を料理に使う…

  8. 失敗しない!魚煮付けの必殺技

    いつも”美味しい”魚の煮付けの作り方佐藤です。今回は、Youtubeで11万回再生された…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年1月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP