魚そぼろと玉子そぼろのガッツリ二色丼

佐藤です。

今回のこれ!どんぶり!

「魚のそぼろ丼」

”そぼろ”と聞くと肉をイメージ
すると思います。

カボチャのそぼろ煮、
豆腐のそぼろあんかけなど

そぼろ料理のほとんどは肉を
使うので、

【そぼろ=肉】

のイメージが強いと思います。

が、実は・・・

そぼろは、「魚」でもできるのです。

「魚のそぼろ」

さば、サンマ、アジ、タラ、タイなど
ほとんどの魚で作れる・・・

私が最後にお世話になったお店で
寿しのテイクアウトがメインの出店
がありました。

その店のメニューは握りすし、巻すし
だけだと他店との差がないので、
他では食べられない”ウリ”となる
チラシ寿しも作ることになりました。

考案といってもある店で出していた
”チラシ寿し”をほぼ丸パクリ。

味だけ変えて出すことに・・・

四角い形をしたその”チラシ寿し”は
シャリ、そぼろ、シャリ、そぼろと4層
になっためずらしいお寿し。

この寿しで使うメインとなる
”そぼろ”の味付けを私が担当する
ことになりました。

材料は”さば”。

肉ではなく”魚のそぼろ”です。

味のイメージはできていたので
さほど苦労することなく作って
社長に試食してもらい、
あっさりと確定。

この「サバそぼろ」が工場で大量に
生産されウリの”チラシ寿し”に
たくさん使われました。

で、

これが売れまくってリピートして
くれるお客さんもいるほど・・・

「魚のそぼろ」は肉のそぼろに
負けずおいしいのですね。

で、今回おすすめしたいのは
タラのそぼろ。

サバだと骨が多く、取る作業がかなり
めんどくさいです。

が、

生のタラの切り身なら、骨が付いて
いても2~3本。
その部分を切り落としてしまえば
1本づつ抜く手間もはぶけます。

めんどくさがりのあなたにピッタリ
です。

もちろん、味付けは
「パクリチラシ寿し」で使っていた
私が作った”サバそぼろ”と同じ。

あなたが食べやすく、作りやすい
ようにちょっとだけアレンジしました。

タラの切り身を酒で炒って、みりん
濃口しょう油、生姜を加えた煮汁で
煮詰めるだけ。

後は”そぼろ”っぽくなるように
叩きながらほぐす。

結構、手軽に作れます。

生姜の効果で魚臭さもほぼ感じず、
ごはんに合う甘辛い味付けに
なってますね。

で、

タラのそぼろだけで丼にすると
ちょっと寂しいですし、色合いも
暗い。

なので、玉子のそぼろも添え、

「魚そぼろと玉子そぼろのガッツリ

二色丼」

に仕上げてます。

「そぼろ=肉」のイメージを覆す、

美味しい「魚のそぼろ」レシピを

マスターしたい場合はこの先を

みて下さい!
↓↓↓

【材料】
生タラ切り身・・・120g
(できれば皮無しの切り身)
卵(L玉)・・・2個
おろし生姜・・・10g
大葉・・・一枚
刻みのり・・・少々
酒・・・大さじ2杯(30cc)
(タラを炒るときに使う)

《タラそぼろ煮汁》
酒・・・大さじ2杯(30cc)
みりん・・・大さじ3杯(45cc)
濃口しょう油・・・大さじ1杯(15cc)

 


1、タラは、皮が付いていれば
切り取り1cm角のぶつ切りにします。

 


2、鍋に酒大さじ2杯を入れ中火で沸騰させ、切ったタラを
加えて木ヘラで混ぜながら熱を通していきます。

 


3、熱が通った(白くなった)タラから順に、木ヘラの先で
叩いて潰していきます。
(鍋の内周りが焦げつくようなら、さらに弱火にして下さい)

 

 


4、水分が無くなったら、火を止めタラの身をさらに叩いて
細かくします。(少し粒が残る程度になればOK)

 


5、(4、)に《タラそぼろ煮汁》の調味料と”おろし生姜”を加えます。

 


6、再度火をつけ中火にして木ヘラで混ぜながら煮詰めていきます。
(ここでも鍋内周りが焦げつくようなら”弱火”にして煮詰めて下さい)

 


7、ほぼ水分が無くなり、少ししっとり感が残っている
くらいが丁度いいです。

「タラそぼろ」をボウルなどに移しかえ、鍋は湯に浸けてしばらくおきます
(このあと鍋で玉子そぼろを作るので。)
(湯に浸けておけば汚れが取れやすくなります)

 

 


8、鍋を湯に浸けている間に卵を溶きます。ボウルに卵を
割り入れ、菜箸で白身が見えなくなる程度にほぐします。

 

 


9、鍋を綺麗に洗ってから拭きしたのち、卵を入れ中火にかけます。

 


10、木ヘラで鍋底を削るようにして混ぜながら熱を通していきます。
(玉子が細かい固まりになるように混ぜ続けます)

 


11、完全に熱が通ったら火を止め、木ヘラの先で玉子を
叩いてさらに細かいそぼろにします。

 

 


12、丼にお好みの量のごはんを入れます。(平らに盛る)

 

 


13、タラそぼろ、玉子そぼろを
ごはんを埋め尽くすように半々に盛ります。
中央に刻みネギをのせ大葉をちぎって散らしたら完成です!

タラかタイの切り身を買って、
「魚そぼろ」を作ってみて下さい。

丼でなく、「ふりかけ」の感覚、
ごはんのお供として食べて頂くのも
おすすめです。

サバ、アジ、サンマでも作り方は同じ。

上記の青魚ですと骨を取る作業が
面倒なだけです。

是非!作ってみて下さい!

 

0

柚子茶で作る!鶏ぶつ切り肉 の葱ガッツリ鍋

ゴーヤーとちりめんジャコのシンプルお浸し

関連記事

  1. 出し玉子と葉野菜とロースハムの 和風ホットサンド

    佐藤です。今回は、「ゆったり出来る朝に作る!和風ホットサンド」を伝授…

  2. 牛すじのたっぷり玉子柳川丼

    栄養と味、どっち優先?佐藤です。牛すじ肉を使ってできる創作料理。5品目を伝授します。今回は…

  3. ガッツリでかい!和風あんかけ 軟らかハンバーグ

    佐藤です。今回は、「定期的に料理を楽して作る方法」を伝授します。毎日、手の込…

  4. 和風あんのふわトロかに玉天津うどん

    切らないレシピ!?佐藤です。今回は、「小腹が空いたら食べる! おやつ代わりの…

  5. エビ野菜ソースの創作オムレツ

    ジュースが簡単なソースになります...佐藤です。今回は、「”野菜ジュース”をソースに…

  6. 焼たらのたっぷり冬野菜あんかけ

    餡かけ料理も「割合のだし」で簡単にできる!佐藤です。私がお伝えする「鍋料理」の鍋だしは…

  7. 和そばのニラ玉あんかけ

    冷たすぎず、熱すぎない斬新な蕎麦料理とは...佐藤です。今回は、熱すぎず、冷たすぎ…

  8. ガッツリ牛肉!温玉のせチョイ辛すき焼き鍋

    王道「鍋」をちょっとアレンジするだけでおかず「鍋」に!佐藤です。温かい岡山県でも、さすが…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

季節のおすすめレシピ

写真

夏レシピ一覧⇒

ひんやり冷たい料理、さっぱりする酢っぱい系料理、ピリッ!と辛い料理など、暑さをしのぐ夏のレシピをまとめました!

最新記事

カテゴリー一覧

厳選レシピ&健康情報

2019年8月
« 7月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

おすすめ動画レシピ

PAGE TOP